本文へジャンプ

スタッフブログ:阿寒湖

連日の寒さに負けないミズバショウの冬芽

自然紹介 / 2017.12.03


[EMC裏の木道沿いのミズバショウ冬芽]

こんにちは!
阿寒湖は連日、最低気温-15℃前後となり、この時期にしては
寒すぎると話すほどの冷え込みになっています。

そんな寒さにも負けずエコミュージアム裏手の木道沿いの
湿地では凍った水面にミズバショウの冬芽が力強く冬芽を
出しています。
四月下旬ごろに見頃を迎えるミズバショウ
間もなく雪の下に隠れてしまいますがしっかり養分を蓄え
見事な群落をまた見せてくれることでしょう。


[活発に動き回るエゾリス]

今日は久々に日中は2℃になったので
エゾリスやミヤマカケスなどがよく見られました。
明日からまた雪が降り始める予報が出ているので
阿寒湖の冬が段々と本格的になってきます。

束の間の温かさを味わいながら写真を撮っていましたが
やっぱり寒さはじわじわっとくるので、阿寒湖へは温かい服装で
来ていただいてボッケ遊歩道散策を味わってください。
今ならまだエゾリスに出会うチャンスは高めですよ。
                    (担当:畠山)