本文へジャンプ

スタッフブログ:阿寒湖

シリコマベツ湾でPV湖岸清掃を行いました!

活動報告 / 2018.08.26


[ガラス片がたくさんありました]

こんにちは!
8月26日(日)阿寒湖パークボランティアの湖岸清掃活動が
シリコマベツ湾で行われました。
前日の台風19号と20号の影響で開催が危ぶまれましたが、
無事実施出来ました!PVメンバーの運の強さが発揮されましたね。

阿寒湖西側は毎年漂着ゴミが流れつき、湖岸園地から徐々に
シリコマベツ湾へ向けて清掃活動を行っていますが、ここ最近は
いつもシリコマベツ手前で秋を迎え、終了となっていました。
今回は数年ぶりにシリコマベツ湾一帯の清掃を行うことに
なり、スタッフはじめメンバー皆さん楽しんで活動を行いました。


[奥に見えるフップシ岳]

なぜ、シリコマベツ湾の清掃を行うかというと、以前は
この湾にも球状マリモが生育していたからです。
もう一度、この場所にマリモが戻れる環境になれるよう
阿寒湖パークボランティアの会では、平成17年から清掃
活動を行い今年で13年になります。

長年の清掃で、ずいぶんゴミ回収量も少なくなりました。
それでもなくなることはないのがゴミの厄介な問題です。


[シリコマベツ湾から雄阿寒を望む(ヒグマが泳いで渡ります(笑))]

ベテランゴミバスターズの皆さんは、かつてマリモが生育
していた環境に戻ることを願いつつ、清掃活動はとっても
賑やかで楽しく明るいです。阿寒湖あるあるや森の話、
山の話からキノコと話題は尽きず。
朝から手弁当を持ち、ザバザバと湖に入ってゴミ拾い。
あれやこれやとおしゃべりしながら、手は黙々とゴミを回収。
だからこそ長く続けていけるのだと思います。
皆さん、お疲れさまでした!また来年もお願いいたします。
                  (担当:畠山)