本文へジャンプ
  • TOP
  • 四季の見どころカレンダー

四季の見どころカレンダー

若葉萌える新緑の春、花々が咲き乱れる夏、華やかに野山を彩る紅葉の秋、全てが雪に覆われる冬。
繰り返される自然のうつろいをカレンダーにまとめました。

8月の見どころ

北海道東北関東中部中国・四国九州

北海道

  • [知床] ネムロコウホネネムロコウホネ・・・丸い葉の隙間から小さな黄色い花が顔をだす(7月中旬~8月上旬)
  • [知床] コエゾゼミコエゾゼミのコーラス(7月下旬~9月上旬)
  • [知床] 交通渋滞この時期、ほとんど毎日交通渋滞。お盆がピーク
  • [知床] ハンゴンソウ・・・真夏の五湖草原台地に、キオンやヨツバヒヨドリと一緒に咲く(8月上旬~9月下旬)
  • [川湯] 摩周湖に霧が流れ込むシーズンに入ります(7月中旬~8月中旬)
  • [川湯] オオウバユリの花穂が林の中に林立します(7月中旬~8月中旬)
  • [川湯] ノリウツギが花を開きます(7月下旬~9月中旬)
  • [川湯] イワギキョウ摩周岳登山道にイワギキョウが青い花を咲かせます
  • [川湯] 藻琴山ではチシマギキョウが咲きます
  • [川湯] 和琴半島ではミンミンゼミが鳴き始めます
  • [川湯] アブが数を増します。ハイキングの時には要注意です
  • [阿寒湖] バイケイソウ、ズダヤクシュ(6月下旬~8月上旬)
  • [阿寒湖] セイヨウノコギリソウ(6月下旬~8月上旬)
  • [阿寒湖] チシマアザミ、エゾノサワアザミ(7月上旬~8月上旬)
  • [阿寒湖] 背丈1m以上にもなるオオウバユリ、花が満開(7月下旬~8月中旬)
  • [阿寒湖] ホザキシモツケ(7月下旬~8月中旬)
  • [阿寒湖] キツリフネ(7月下旬~9月上旬)
  • [阿寒湖] ノリウツギやシナノキの花が開花し始める
  • [阿寒湖] ★国立公園クリーンデー(8月第1日曜日)
  • [阿寒湖] 地面に落ちているオニグルミの実が目立ってきた
  • [阿寒湖] クルマバナ(8月上旬~9月上旬)
  • [阿寒湖] エゾトリカブト(8月上旬~9月中旬)
  • [阿寒湖] ハンゴンソウ (8月上旬~9月中旬)
  • [支笏湖] 千歳川にてオシドリ飛来(9月下旬まで)
  • [支笏湖] ウグイスの声が聞かれるようになる(9月下旬まで)
  • [支笏湖] オオルリ、キビタキなどの夏鳥飛来(9月下旬まで)
  • [支笏湖] アオバズク鳴き始める(9月下旬まで)
  • [支笏湖] 浅瀬にウグイ、アメマス、ヌマチチブが見られるようになる(10月まで)
  • [支笏湖] イワブクロ樽前山 イワブクロ開花(8月まで)
  • [支笏湖] コエゾゼミ鳴く(9月上旬まで)
  • [支笏湖] 岸辺の色がエメラルドグリーン色となる(10月まで)
  • [支笏湖] オオウバユリ開花(8月上旬まで)
  • [支笏湖] 樽前山 イワギキョウ開花(8月下旬まで)
  • [支笏湖] 千歳川の水草が青々として美しい(10月まで)
  • [支笏湖] 樽前山 シラタマノキの実が熟し白い実が彩りを添える(10月まで)
  • [支笏湖] 野鳥の森 ヤマジノホトトギス開花(中旬まで)
  • [支笏湖] アキアカネ、ノシメトンボ飛び回る(9月まで)
  • [登別] ノリウツギの白い花 風に揺れ あちこちに(7月上旬~8月上旬)
  • [登別] 地獄谷から大湯沼へ 沿道に植栽されたアジサイ 見事に咲きそろう(7月上旬~8月上旬)
  • [登別] 日和山野草園 二番手はクサレダマ 黄色い花が一面に群がり咲く(7月中旬~8月上旬)
  • [登別] 日和山野草園 三番手はタチギボウシ 青紫色の可憐な花を立ち上げる(7月下旬~8月中旬)
  • [登別] コシアブラ 黄緑色の花で 地獄谷一帯を飾る
  • [登別] ミンミンゼミ 熱いよ 熱いよ と盛夏を鳴きあかす
  • [登別] ふと見ると ススキの穂が伸び上がって エッもう秋かい
  • [登別] ナナカマドの葉 早くも紅葉のきざし 暦は立秋だ
  • [昭和新山] 洞爺湖ロングラン花火始まる(10月下旬まで毎日開催)
  • [昭和新山] 園地4回目の芝刈り
  • [昭和新山] ナナカマドの実が色づき始める
  • [昭和新山] リンゴの赤色が目立ち始める
  • [大沼] 丸い葉っぱのエゾノヒツジグサ、矢じり型の葉のネムロコウホネ丸い葉っぱのエゾノヒツジグサ、矢じり型の葉のネムロコウホネ 美しい花を水面に開く(6月下旬~8月中旬)
  • [大沼] ノリウツギ、ツルアジサイの白い花(7月下旬~8月中旬)
  • [大沼] エゾカンゾウのオレンジ色の花
  • [大沼] ツリフネソウが風に揺れる(8月上旬~下旬)
  • [大沼] クルマユリの風車が林の中に並ぶ(8月上旬~下旬)
  • [知床] 様々なキノコ知床五湖周辺で様々なキノコが見られる
  • [知床] サワギキョウサワギキョウ・・・水辺の岩陰にひそむように咲く(8月中旬~9月中旬)
  • [川湯] ★EMCでは、夏休みクラフト教室を開きます
  • [川湯] カツラの木が、秋が近づいたことを飴の香りで知らせてくれます
  • [川湯] ススキの穂が立ち始めます
  • [川湯] お盆が過ぎると秋風が吹く季節に入ります
  • [阿寒湖] 湿地でミズバショウの大きな葉が倒れ始める
  • [阿寒湖] サラシナショウマ(8月中旬~9月下旬)
  • [支笏湖] 湖の水温が20℃に達し、岸辺で泳ぐ人の姿見られる
  • [登別] 見上げると 赤トンボ 青空に群れ飛ぶ やっぱり秋が近いぞ
  • [登別] ホツツジ 白い泡のような小粒の花穂を立てる(8月中旬~9月上旬)
  • [登別] 日和山野草園の五番手 濃い青紫色のエゾリンドウの咲きはじめ(8月中旬~9月中旬)
  • [登別] 日和山野草園のオオトリは エゾリンドウ大群落 一斉開花は圧巻(8月中旬~9月中旬)
  • [昭和新山] ナナカマドの実がオレンジ色になる
  • [昭和新山] 早くもドロノキが落葉を始める
  • [昭和新山] 緑一色の景色も近づくと枝先の紅葉もあり、初秋の気配
  • [大沼] タチギボウシの紫の花
  • [大沼] オニユリのオレンジ色の花咲き誇る
  • [知床] カラフトマスの大群カラフトマスの大群が産卵床をめざして押し寄せる(8月下旬~9月下旬)
  • [川湯] ゴゼンタチバナの実が真っ赤に色づきます
  • [川湯] オオバボダイジュ、シナノキの独特な形の種子が落ちてきます
  • [川湯] ハンゴンソウが花を開きます(8月下旬~9月上旬)
  • [川湯] エゾトリカブトの紫色の花が咲きます(8月下旬~9月中旬)
  • [阿寒湖] エゾトリカブトエゾトリカブトやハンゴンソウ、サラシナショウマなど、夏の最後の花が咲き揃う
  • [阿寒湖] コオロギなどの鳴き声コオロギなどの鳴き声が地熱帯以外の場所でも良く聞こえるようになる
  • [阿寒湖] ルイヨウボタンの実ルイヨウボタンの実が藍色に色づく
  • [阿寒湖] ミズヒキ、カワミドリ (8月下旬~10月初旬)
  • [支笏湖] オニグルミ、キタコブシなどが結実始める
  • [登別] 8月最終土、日は「地獄まつり」 山車や踊りの大イベント 迫力満点の二日間
  • [登別] 大正地獄の間欠泉 四季折々七色に変化する 今日は何色かな?
  • [登別] 秋の味覚キノコが顔を出す シイタケ、クリタケがひっそりと
  • [登別] 日和山野草園 トリを務めるアキノキリンソウ 黄色い花が秋風に揺れ(8月下旬~9月下旬)
  • [昭和新山] ドロノキの落葉が目立つ
  • [昭和新山] ツツジ・サクラの葉が色づき始める
  • [大沼] サワギキョウサワギキョウの紫の高貴な花

東北

  • [十和田] ニッコウキスゲ南八甲田のニッコウキスゲ見ごろとなる(7月上旬~8月上旬)
  • [十和田] オオウバユリ、ソバナ、シナノキ、クサギなど開花(7月中旬~8月上旬)
  • [十和田] オオイタドリ、ノコンギク、オクトリカブトが咲き、少しずつ夏の終わりを告げる(7月下旬~9月中旬)
  • [十和田] 夏空にタラノキ、ハリギリ、リョウブ、ヌルデ咲く
  • [十和田] 外輪山、夏山トレッキングに最適。田代平のコオニユリが美しい
  • [十和田] ミソハギの紫色が鮮やかに目立つ
  • [十和田] キツリフネツリフネソウや、キツリフネが奥入瀬の道沿いで咲く(8月上旬~下旬)
  • [浄土平] ハクサンチドリ ツンツンと尖った作りが愛らしい(7月中旬~8月上旬)
  • [浄土平] ミヤマアキノキリンソウミヤマアキノキリンソウ まだ夏に入ったばかりなのに、なぜか秋のイメージ(7月中旬~9月中旬)
  • [浄土平] ヤマハハコ エーデルワイスの仲間(7月中旬~9月下旬)
  • [浄土平] 天文台の星空観察会は夏休み期間中、水・金・土・日曜日に行なわれます(7月下旬~8月下旬)
  • [浄土平] ヒメシャジン 吾妻小富士に密生(8月上旬~中旬)
  • [浄土平] コバギボウシコバギボウシ 夏の鳥子平を群落が彩る(8月上旬~下旬)
  • [浄土平] ウメバチソウ 湿原にウメの花に似た白い花(8月上旬~9月初旬)
  • [浄土平] エゾリンドウ 秋の花の最盛期それが立秋の頃(8月上旬~9月下旬)
  • [十和田] 野生のホップのカラハナソウやチトセバイカモ咲く
  • [十和田] オトコエシとオミナエシ咲く
  • [十和田] ヨブスマソウ、モミジガサ咲く
  • [十和田] ウメバチソウウメバチソウが秋を告げるように咲く(8月中旬~9月下旬)
  • [浄土平] チングルマの風車(果実)姥ヶ原にチングルマの風車(果実)が並ぶ
  • [浄土平] 夏のお花畑最盛期
  • [浄土平] エゾオヤマリンドウ 吾妻山の秋を代表する濃紫色の花(8月上旬~9月下旬)
  • [十和田] ツルニンジン咲く
  • [十和田] ハッカ発荷峠の由来の花、ハッカ咲く、しかし今は峠では見かけない
  • [十和田] オオアキノキリンソウ湖畔に秋の訪れを告げる(8月下旬~9月下旬)
  • [十和田] サラシナショウマがゆらゆらと長い花穂をゆらして招いているよう(8月下旬~10月上旬)

関東

  • [草津] コマクサ 本白根山で開花間近(花期:6月上旬~8月下旬)
  • [草津] 白根山でコマクサ満開白根山でコマクサ満開(花期:6月上旬~8月下旬)
  • [草津] 白根全体でノリウツギ開花(7月上旬~8月中旬)
  • [草津] ツルリンドウ 本白根で開花
  • [草津] ツリガネニンジン 草津~白根間で開花
  • [草津] <お盆休暇で白根山は大いににぎわい>
  • [箱根] 芦ノ湖夏祭りウイーク始まる(7月31日から8月7日まで)
  • [箱根] ライトトラップ観察会が開催される
  • [箱根] ツクツクボウシが鳴き始める
  • [箱根] タマアジサイがあちこちの水辺で咲き始める
  • [草津] 本白根でタケシマラン・ゴゼンタチバナの実がたくさん実る
  • [草津] 気温が大分下がり、秋の陽気。朝は12~3度
  • [草津] 逢の峰でリンドウが見頃逢の峰でリンドウが見頃(8月中旬~9月上旬)
  • [箱根] 箱根大文字焼き
  • [箱根] 森のウインナー、ツチアケビの実がなる
  • [草津] 白根山でゴマナが見頃白根山でゴマナが見頃
  • [草津] コマクサ 本白根山は最盛期を過ぎる
  • [草津] ハンゴンソウ 芳ヶ平で満開
  • [草津] ヤマトリカブト 芳ヶ平で見頃
  • [草津] 白根山周辺のリンドウのピークが過ぎる
  • [草津] 白根山周辺でナナカマドの紅葉始まる(8月下旬~10月中旬)
  • [箱根] 仙石原草原ススキ開花

中部

  • [上高地] ヨツバヒヨドリの長い開花期が始まる(7月上旬~9月上旬)
  • [上高地] ウツボグサ濃い青紫色のウツボグサ、青空色のソバナ(7月中旬~8月上旬)
  • [上高地] オオウバユリ林内にオオウバユリの大きな花が立つ(7月中旬~8月初旬)
  • [上高地] タマガワホトトギス黄色い花のタマガワホトトギス(7月下旬~8月上旬)
  • [上高地] ゴマナ花期の長いゴマナの白花が咲き始める(7月下旬~8月上旬)
  • [上高地] コウゾリナの黄色、白いヤマハハコ(7月下旬~9月下旬)
  • [上高地] 朝の冷え込みが気になる。昼との温度差が大きくなる
  • [上高地] ハンゴンソウハンゴンソウの黄色(8月上旬~9月上旬)
  • [上高地] アキノキリンソウの黄色(8月上旬~9月下旬)
  • [上高地] ツバメオモトツバメオモトの青い実が林内に輝く(8月上旬~9月下旬)
  • [上高地] ノコンギクノコンギク(秋の野菊)が鮮やかな紫色を見せる(8月上旬~10月上旬)
  • [上高地] サラシナショウマサラシナショウマの白色が細い茎の上で揺れる(8月中旬~9月上旬)
  • [上高地] 乗鞍高原のソバ畑が満開となってニホンミツバチが群舞する
  • [上高地] ミヤマニワトコの赤い実と濃い葉っぱの緑のコントラスト(8月下旬~9月上旬)

中国・四国

  • [大山] 大山キャンプ場営業開始(夏休み期間中)
  • [大山] シシウドが大きな白い花を咲かせる
  • [大山] ダイモンジソウ、ジャコウソウ、ヨツバヒヨドリ開花
  • [鳥取] ハマニガナハマニガナが開花し、砂丘が彩りはじめる(花期 ~7月末、9月初~10月末)
  • [鳥取] オオハサミムシ『砂丘のサソリ』ことオオハサミムシが歩き回る。ただし無毒(時期 ~10月末)
  • [鳥取] 多鯰ヶ池にスイレンの花が咲く(6月中旬~9月中旬)
  • [鳥取] ハマゴウが、夏の炎天下に青紫色の花をつける(花期 ~8月末)
  • [鳥取] ネコノシタ猫の舌のようなざらついた葉を持つネコノシタの黄色い花が、海岸を彩る(花期 ~9月末)
  • [鳥取] キンモウアナバチキンモウアナバチがキリギリスの仲間をとらえて毒針で麻痺させ、巣穴まで1?以上も空輸して子育てをする(期間 ~9月末)
  • [鳥取] ★『砂丘ボランティア除草』始まる(期間 ~8月末)
  • [鳥取] カワラハンミョウ砂丘の忍者カワラハンミョウが、長い足で熱砂の上を滑るように走る(期間 ~9月末)
  • [鳥取] ナシ狩りが始まる。(~10月下旬)
  • [大山] サラシナショウマ山頂にサラシナショウマが咲き乱れる
  • [大山] 黄色や紫のツリフネソウが風に揺られる
  • [大山] ミズヒキ、キンミズヒキ、ママコナ、クサギ、マルバハギ、クズ開花
  • [鳥取] 夜の馬の背は、昼の熱気が消え失せ、肌寒く感じる(砂漠の気候)
  • [鳥取] 秋雲が流れはじめ、空を見上げて想いを楽しむ
  • [大山] ススキの穂が秋風になびく
  • [大山] ワレモコウゴマシジミがワレモコウの花穂の周りを舞う
  • [大山] ドングリが実る(ハイイヌガヤ、チャボガヤ、ブナ、コナラ)
  • [大山] オミナエシ、ツルニンジン開花
  • [大山] お盆の大献灯(8月中旬)
  • [大山] 大山からす天狗市
  • [大山] 大山キャンプ場営業終了
  • [鳥取] ケカモノハシ夕陽に照らされ、ケカモノハシの一株ひとかぶがそれぞれに長い影を落とす
  • [鳥取] かすかに甘い香りを発して、ウンランがクリーム色の花をつける(花期 ~10月中)

九州

  • [雲仙] コバギボウシ原生沼では、コバギボウシが咲き始める(7月中旬~8月上旬)
  • [雲仙] コバギボウシ 原生沼で満開 コオニユリも所々に目立つ
  • [雲仙] シュロソウ 高岩山、普賢岳で満開
  • [雲仙] ソバナ、シギンカラマツあざみ谷ではソバナ、シギンカラマツが咲く(8月上旬~下旬)
  • [阿蘇] 高原にススキの穂出始める
  • [阿蘇] 橙色のキツネノカミソリとフシグロセンノウが咲く ヤツシロソウ、イヌゴマも咲く
  • [阿蘇] 紫色のサイヨウシャジン咲く  イタドリ咲き始める
  • [阿蘇] アソノコギリソウ白いアソノコギリソウが満開
  • [えびの] 粟粒のような花穂を立ち上げてコバノクロヅル開花(7月上旬~8月上旬)
  • [えびの] ノリウツギの花満開ノリウツギの花満開。木々の花ではこれが最後。つまり秋近しの気配(7月下旬~8月中旬)
  • [えびの] えびの高原一帯にツクシテンナンショウの実が目立つ。まだ、まだ緑色だ
  • [えびの] 池めぐりコースにヤマシグレの赤い実。木々は花から果実の季節に入る
  • [えびの] 池めぐりコースにヒヨドリバナ開花。アサキマダラが蜜を吸いに来る
  • [えびの] 避暑で高原暮らししていたアカトンボが寄り集って下界に帰る準備を開始
  • [高千穂河原] 毎年8月第1日曜日は登山道の一斉清掃ボランティア行事
  • [高千穂河原] 繁殖を終えたツバメが群れになって南帰行の飛行練習を行う季節
  • [高千穂河原] ヒグラシの鳴き声に代わってアブラゼミの鳴き声が響き始める
  • [高千穂河原] コバギボウシコバギボウシの薄紫の花が高千穂河原周辺で見られる(8月上旬~9月下旬)
  • [高千穂河原] コバギボウシの花が中岳中腹に咲きそろう(8月上旬~9月下旬)
  • [雲仙] ソバナメタカラコウ、オオバショウマ あざみ谷に大群落 ソバナは見ごろ
  • [雲仙] クサアジサイ 絹笠山で見頃を迎える
  • [雲仙] ゲンノショウコ池の原ではゲンノショウコ、カワラナデシコ、カセンソウが咲く(8月中旬~9月下旬)
  • [雲仙] ゲンノショウコゲンノショウコが雲仙の全域で見頃(花期:8月中旬~9月下旬)
  • [阿蘇] 杵島岳に仔イノシシ(ウリボウ)が姿を見せる
  • [阿蘇] ピンク色のヤマハギ咲く
  • [阿蘇] ★阿蘇山麓で稲刈り始まる
  • [阿蘇] ナンバンギセルがススキの根元に点々と(8月中旬~10月中旬)
  • [えびの] イソノキの赤い実えびの高原一帯にイソノキの赤い実が輝く。熟れた黒実とのコントラストが美しい
  • [えびの] ツバメが渡りの準備でえびの高原に多数集結
  • [高千穂河原] アキアカネの大群・避暑地を求めてうろついている
  • [高千穂河原] ヤマジノホトトギスヤマジノホトトギスが大浪池や中岳の登山道で見られる
  • [高千穂河原] ツクシコウモリの白い花が中岳のもみじコースに咲く
  • [高千穂河原] メイゲツソウの赤い花が高千穂峰登山道に咲く
  • [雲仙] クサフジ 池ノ原で咲く
  • [雲仙] ガンクビソウが咲き始める
  • [阿蘇] ススキの白穂出揃う
  • [阿蘇] ★草千里に放牧の牛、里に下る
  • [阿蘇] ヤクシソウの黄色花群れる
  • [えびの] アザミ満開。おそまきの赤花。夏を惜しむかのよう
  • [えびの] トダシバ実が実る
  • [えびの] ススキの波が強風にゆれて、斜めの光線に煌めく
  • [えびの] ススキの穂えびの高原にススキの穂が出揃う。季節は秋色に変わって行く(8月下旬~10月上旬)
  • [高千穂河原] 中岳の裾野でススキの出穂が始まる
  • [高千穂河原] アブラゼミの声絶えて、ツクツクボウシだけになる
  • [高千穂河原] イタドリの黄色みを帯びた白い花が咲き始める
  • [高千穂河原] セミの声が絶えて、林内が静かになった
  • [高千穂河原] トンボの群れを追ってツバメの群れが飛び交う