本文へジャンプ

四季の見どころカレンダー

若葉萌える新緑の春、花々が咲き乱れる夏、華やかに野山を彩る紅葉の秋、全てが雪に覆われる冬。
繰り返される自然のうつろいをカレンダーにまとめました。

2月の見どころ

北海道東北関東中部中国・四国九州

北海道

  • [知床] 流氷オホーツク海の北から流氷がやってくる(1月下旬~2月下旬)
  • [知床] 暦の上では早春でも知床は最厳冬期
  • [知床] オーロラファンタジーオーロラファンタジー、レーザー光線の幻想的な輝き。2月上旬から3月下旬まで
  • [知床] 銀世界の知床五湖が散策できる(2月上旬~3月下旬)
  • [知床] 木に鈴なりのオジロワシ・オオワシ車道沿いの木に鈴なりのオジロワシ・オオワシが見られることがある(2月上旬~4月上旬)
  • [川湯] 大寒の声を聞くと共にダイヤモンドダストの現象が本格化します(1月下旬~2月下旬)
  • [川湯] ダイヤモンドダストが降り注ぐ極寒のシーズン
  • [川湯] ハクチョウが集う(屈斜路の池の湯、砂湯、仁伏、和琴)
  • [阿寒湖] 氷上のワカサギ釣り(1月上旬~3月下旬)
  • [阿寒湖] シラカバの冬芽に色がつき始める
  • [阿寒湖] 歩くスキーやスノーシューを使った行事歩くスキーやスノーシューを使った行事を行う
  • [阿寒湖] 阿寒湖湖上フェスティバル(2月上旬~3月下旬)
  • [支笏湖] 湖の周りにしぶき氷ができ、美しい氷の造形を見せてくれる(2月まで)
  • [支笏湖] 根雪となる(3月下旬まで)
  • [支笏湖] 千歳川や湖にてカワアイサの姿が時折、見られるようになる(2月まで)
  • [支笏湖] シカ千歳川の斜面と支笏湖温泉からポロピナイにかけての斜面にシカが現れ、多い時には、100頭を超える。(3月まで)
  • [支笏湖] 氷濤まつり始まる(2月中旬まで)
  • [支笏湖] 湖の水位が一年の中でもっとも下がる
  • [登別] 小雪ちらつく地獄谷 ハギマシコの小さな群れ 谷間に飛び交う
  • [登別] 毎年2月3日・4日は登別温泉の「湯まつり」 熱気あふれる「湯かけ合戦」
  • [登別] イソツツジのつぼみ 雪の中から 春待ち顔
  • [昭和新山] 洞爺湖温泉冬まつり
  • [大沼] 白鳥飛来 徐々に数が増えてゆく(11月上旬~3月下旬)
  • [大沼] 白鳥台セバットにオオハクチョウ白鳥台セバットにオオハクチョウ、キンクロハジロ、オナガガモが群れる(11月中旬~3月下旬)
  • [大沼] 雪と氷の祭典★2月第1土・日曜日 雪と氷の祭典
  • [知床] ドライスーツを着て流氷の海をダイビングするツアーが人気。初心者だけでなく水中撮影など本格的なものも
  • [知床] オホーツク海2月中旬、流氷が最も多く押し寄せる。オホーツク海は真っ白な雪原に変身
  • [川湯] EMC裏のアカエゾマツの森にはエゾシカの寝所が目立ちます
  • [川湯] 摩周湖結氷摩周湖結氷
  • [阿寒湖] 冷え込みが激しくなり最低気温?20℃を越す
  • [支笏湖] 雪の上に落ちたモモンガの痕跡が見つけやすくなる
  • [登別] 厳寒の幌別川 オオハクチョウ、キンクロハジロ、ホオジロガモなどが集う
  • [登別] 地獄谷入口のバードテーブル シジュウカラ、ミヤマカケス、餌をついばむ
  • [川湯] 屈斜路湖のおみ渡り → ★観察会を開催します
  • [川湯] 霧氷川湯郵便局前の足湯付近では、毎朝のように霧氷が見られます
  • [阿寒湖] 氷上に風紋晴天で風の強い日が続くと阿寒湖の氷上に風紋が見られる
  • [阿寒湖] ボッケ周辺の噴気孔で暖をとるエゾシカを見かける
  • [阿寒湖] 氷上で楽しいワカサギ釣り阿寒湖氷上で楽しいワカサギ釣り
  • [支笏湖] 日中の気温がプラスとなる日が多くなる
  • [支笏湖] 固雪となる
  • [登別] 雪の中 キタキツネ ひょっこり出てきて 愛らしい
  • [登別] ウダイカンバ 枝先の芽ふくらんで 春近し
  • [昭和新山] 昭和新山国際雪合戦開催

東北

  • [十和田] 十和田湖の留鳥と渡り鳥が見られるようになる
  • [十和田] 冬花火十和田湖冬物語開始。約1ヶ月のロングイベント、冬花火が夜空に映えて美しい(2月上旬~中旬)
  • [十和田] 蓮の葉氷蓮の葉氷、流氷が現れる(2月上旬~3月上旬)
  • [十和田] 奥入瀬の氷瀑奥入瀬の氷瀑が青みを増し美しい(2月上旬~3月中旬)
  • [浄土平] 浄土平はまだ冬の真っ盛り
  • [十和田] ビジターセンターで十和田湖の四季写真展開催
  • [十和田] オオハクチョウ300羽オオハクチョウ300羽ほどになり、氷上で休息する
  • [十和田] ホオノキ、キタコブシ、シナノキ、ブナ等の花芽がふくらむ
  • [十和田] 十和田湖冬物語終了
  • [十和田] ウソがソメイヨシノの芽をついばむ

関東

  • [草津] <冬の森ウォッチング(観察会)を開始する>(1月中旬~3月下旬)
  • [草津] オオカメノキの冬芽が少しずつ大きくなる
  • [草津] やすらぎの森でホオノキの冬芽を観察
  • [草津] 自然学校開催(3月下旬まで)
  • [箱根] 箱根の本格的な雪のシーズンが始まる
  • [箱根] 森にキツツキのドラミングが響く
  • [箱根] 白百合台園地のヤドリギにヒレンジャク
  • [草津] レクの森でカモシカのため糞発見。だが姿は見えず
  • [草津] レクの森にリスの足跡が増える
  • [草津] 湿った雪が降り、歩いているとびしょ濡れとなる
  • [草津] 山の上から降りてくるスキーヤー増える
  • [草津] 日なたと日陰で雪質の違いが出始める
  • [草津] アズマシャクナゲのつぼみがかなりふくらむ
  • [草津] 谷沢川の氷のオブジェ最大規模に
  • [箱根] ヤマアカガエルが産卵
  • [箱根] ミソサザイ初音

中部

  • [上高地] 2月、3月はまだ冬の季節

中国・四国

  • [大山] 大山雪あかり祭
  • [大山] 6合目避難小屋、頂上小屋が雪で埋まる(積雪3~4m)
  • [鳥取] 松葉蟹漁解禁(~3月下旬)。砂丘で冷えた身体には、温泉と、松葉蟹と地酒がよくしみる
  • [鳥取] 立春の声を聞いた頃が一番寒くて、一番雪が多い
  • [鳥取] 起伏が雪におおわれ砂丘のなだらかな起伏が雪におおわれ、さらにやさしさを増す
  • [鳥取] 砂丘植物の中では一番早く、コウボウシバがオアシス周辺に新芽を出す
  • [大山] 天気が安定する時期、頂上からは四国の石槌山まで見えることも
  • [鳥取] 松葉蟹の最盛期
  • [鳥取] 砂柱毎秒15m以上の強風に長時間さらされると、砂柱が現れる
  • [大山] 巨大ツララが姿を現す
  • [鳥取] 黄砂や春霞が砂丘を包む

九州

  • [雲仙] 白雲の池・絹笠山付近でサザンカ咲き始める (9月下旬~2月中旬、冬中咲いている)
  • [雲仙] 霧氷観察会・空が澄んで阿蘇山までくっきりと見える
  • [雲仙] 登山道は凍っていてアイゼンが必要
  • [雲仙] ネジキの赤い枝が光っている
  • [阿蘇] 銀世界の草千里に雪だるまがたくさん並ぶ
  • [阿蘇] 登山道路沿いの木々は綿帽子をかぶる
  • [えびの] えびの高原スケート場オープン(11月下旬~3月上旬)
  • [えびの] 池めぐりコースの3湖が氷結する。もっとも寒冷の時
  • [えびの] 白鳥温泉周辺に梅の花開く。里には春のきざし
  • [高千穂河原] 中岳中腹のススキ刈払い作業開始(12月上旬~3月上旬)
  • [高千穂河原] ミヤマキリシマの害虫駆除のためススキの刈払いボランティア作業(12月上旬~3月上旬)
  • [高千穂河原] ★2月3日 霧島神宮 節分祭
  • [高千穂河原] ヤマガラやシジュウカラの声が複雑になってくる
  • [高千穂河原] ツルキジムシロツルキジムシロの黄色い花が中岳中腹で咲き始める
  • [高千穂河原] ヤブツバキ林内にヤブツバキが咲いている(1月下旬~4月上旬)
  • [雲仙] 地獄付近のサザンカは終わりに近い
  • [雲仙] 絹笠山の登山道には霜柱が並ぶ 7cmのものもある 
  • [雲仙] 諏訪の池でウメが開花
  • [雲仙] 地獄のシロドウダンの葉芽が赤くなった
  • [阿蘇] 気温上昇の気配、芽吹きの雨が降る
  • [阿蘇] 寒の戻りがきて、阿蘇山上一帯は樹氷が満開
  • [阿蘇] 野焼き阿蘇大草原の野焼きが始まる(2月中旬~3月下旬)
  • [えびの] 短い結氷期が過ぎて、白紫池の水面が波立つ
  • [えびの] 駐車場周辺のミヤマキリシマの花芽が気になる。無理矢理見つける春の気配
  • [高千穂河原] 野鳥観察舎の池でヒキガエルの大合戦 後には無数の卵が残る
  • [高千穂河原] アオゲラのドラミングが響き渡る
  • [雲仙] ときおり、降雪がある
  • [阿蘇] 俵山中腹にある10基の発電用風車、青空に回る
  • [阿蘇] ★阿蘇の火祭りが始まる
  • [阿蘇] ★阿蘇神社の火入れ式、往生岳の大火文字焼き
  • [えびの] 晴天の朝霧にブロッケン現象が見られることがある
  • [えびの] コシジロヤマドリ高原の路上でコシジロヤマドリが活発に動きまわる
  • [えびの] 寒冷期は去ったが、まだ、降雪に見舞われることがある
  • [高千穂河原] コシジロヤマドリの夫婦が仲むつまじく歩いてゆく
  • [高千穂河原] 三寒四温の暖かい日の心地よさ
  • [高千穂河原] シキミの黄色い花が咲き始める