本文へジャンプ

四季の見どころカレンダー

阿寒湖の花、風景、四季の見どころ

若葉萌える新緑の春、花々が咲き乱れる夏、華やかに野山を彩る紅葉の秋、全てが雪に覆われる冬。
繰り返される自然のうつろいをカレンダーにまとめました。

年により暦との間に微妙なズレが生じますが、どうしても見たい花などがある場合には、お出かけ前にぜひ財団支部までお問い合わせください。
また、支部のページでは、現地のスタッフが日々の活動や自然の様子をご紹介しています。ぜひご覧ください。

4月 上旬
中旬
  • フクジュソウやミズバショウの蕾が顔を出し始める
  • 阿寒湖砕氷船体験観光が運行
  • ミズバショウミズバショウがセンター裏の湿地で開き始める。まもなく一面にミズバショウの白色が広がる(4月中旬~5月下旬)
下旬
  • ★湖水開きが行われ、チュウルイ島のマリモ観察センターまで遊覧船が運航
  • エゾエンゴサク(4月下旬~5月下旬)
5月 上旬
  • 釣りシーズン★ヒメマス、ニジマス、アメマスの釣りシーズン始まる(10月までが適期)
  • フッキソウ、キタコブシ(5月上旬~5月下旬)
  • ヒメイチゲ(5月上旬~6月下旬)
中旬
  • エゾエンゴサクフクジュソウやエゾエンゴサク、ヒメイチゲなど遊歩道で初春の花が咲き揃う
  • 林内に居ついたエゾシカの親子を何度も見かける
  • 遊歩道でニリンソウ、コミヤマカタバミが一面に花を咲かせる(5月中旬~6月下旬)
  • エゾオオサクラソウ(5月中旬~6月下旬)
  • オオバナノエンレイソウ(5月中旬~6月下旬)
  • クシロワチガイソウ、クリンソウ(5月中旬~6月下旬)
  • ツバメオモト、マイヅルソウ(5月中旬~6月下旬)
下旬
6月 上旬
  • ★阿寒湖畔キャンプ場開き
  • 雌阿寒岳夏山開き雌阿寒岳夏山開き(6月第1土曜日)
  • アオダイショウなどヘビをよく見かけるようになる
  • コンロンソウ、ゴゼンタチバナ(6月上旬~6月下旬)
  • クルマバソウ、ヘビイチゴ、ミヤマハンショウヅル(6月上旬~7月中旬)
  • エゾノレイジンソウ、シウリザクラ(6月上旬~7月下旬)
中旬
  • エゾハルゼミ林内で大合唱
  • 林内で、不気味な植物コウライテンナンショウが見ごろ
  • エゾノバッコヤナギの綿毛が空じゅうに舞い飛ぶ
  • ツマトリソウ、ヤマブキショウマ、シャク、ツルアジサイ(6月中旬~7月下旬)
下旬
  • ★雄阿寒岳山開き(6月第3日曜日)。毎年100名ほどが初登山に参加する
  • コウライテンナンショウ
  • ハクサンシャクナゲが滝口周辺で咲き始める
  • センター裏のミズバショウセンター裏のミズバショウ、どんどん成長した葉は木道の高さより高くなる
  • バイケイソウ、ズダヤクシュ(6月下旬~8月上旬)
  • セイヨウノコギリソウ(6月下旬~8月上旬)
7月 上旬
  • フタリシズカ遊歩道でひっそりとフタリシズカが群れ咲く
  • 湖の小道湖岸沿いの遊歩道「湖の小道」は夏風が心地よく感じる
  • チシマアザミ、エゾノサワアザミ(7月上旬~8月上旬)
中旬
  • ギンリョウソウ全身白色に透き通るギンリョウソウが顔を出す
  • コエゾゼミの鳴声が聞こえはじめる
下旬
  • イヌエンジュイヌエンジュの花が満開をむかえる
  • 背丈1m以上にもなるオオウバユリ、花が満開(7月下旬~8月中旬)
  • ホザキシモツケ(7月下旬~8月中旬)
  • キツリフネ(7月下旬~9月上旬)
8月 上旬
  • ノリウツギやシナノキの花が開花し始める
  • ★国立公園クリーンデー(8月第1日曜日)
  • 地面に落ちているオニグルミの実が目立ってきた
  • クルマバナ(8月上旬~9月上旬)
  • エゾトリカブト(8月上旬~9月中旬)
  • ハンゴンソウ (8月上旬~9月中旬)
中旬
  • 湿地でミズバショウの大きな葉が倒れ始める
  • サラシナショウマ(8月中旬~9月下旬)
下旬
9月 上旬
  • コウライテンナンショウの実が赤く色づく
  • ボッケ遊歩道沿いにエゾシカの群れを見かける機会が多くなる
中旬
下旬
  • アメマスが産卵遡上のために阿寒湖の流入河川の河口に集まり始めた
  • クルミの実を集めるエゾリスの姿を見かける
  • カツラ、オニグルミ、シナノキなどが黄色く色づく。紅葉の始まり(9月下旬~10月中旬)
10月 上旬
  • 阿寒湖周辺で紅葉がピークをむかえる
  • まりも祭り(10月8、9、10日)
  • 阿寒湖でワカサギ漁の季節
中旬
  • 枯れ角になったエゾシカのオスを見かける
  • カモ類の羽の色がすっかり変わった
下旬
  • 湖岸沿いでオオハクチョウの鳴声が聞こえるようになる
11月 上旬
  • 10cmほどもある霜柱を見かける
  • ミヤマカケスがドングリを集めている
中旬
下旬
  • 湿地に張った氷の下で翌年に育つミズバショウの芽が出ている
  • 湖岸ぶちの枝葉にかかったしぶきが凍りつく“しぶき氷”が見られる
  • 阿寒湖畔街は根雪になる
12月 上旬
  • 日本一早く結氷する湖沼「ひょうたん沼」が結氷する
  • 遊歩道に雪が積もり、歩くスキーやスノーシューでの散策を楽しめるようになる
  • エゾモモンガが越冬巣に集まっているのを見かける
中旬
下旬
  • 阿寒湖岸から徐々に結氷し始め、日中砕けた氷同士がぶつかって神秘的な音を奏でる
  • 阿寒湖が結氷。雪が積もる前の氷上は鏡のようになり、雄阿寒岳の姿を映し出す
  • 阿寒湖氷上でアイスランドオープン
1月 上旬
  • 阿寒湖氷上阿寒湖氷上でスキーやスノーシューでの散策ができる
  • ボッケ周辺にてダイヤモンドダストや霧氷現象が見られる
  • 氷上のワカサギ釣り(1月上旬~3月下旬)
中旬
下旬
2月 上旬
中旬
  • 冷え込みが激しくなり最低気温?20℃を越す
下旬
3月 上旬
  • ボッケ周辺の地熱帯でエサをついばむ小鳥の群れが見られる
  • 阿寒湖の表面が溶け出し、場所により水が上がっている
中旬
  • 阿寒湖周辺で衰弱死したシカを見かける
下旬
  • 森の中でエゾシカによる樹皮食害跡が目立つ
  • ボッケ周辺で野鳥が多数集まる
  • 森の中、カラ類など小鳥の活動が活発。枝先や雪面で盛んに食料を探している