本文へジャンプ

四季の見どころカレンダー

霧島・えびの高原の花、風景、四季の見どころ

若葉萌える新緑の春、花々が咲き乱れる夏、華やかに野山を彩る紅葉の秋、全てが雪に覆われる冬。
繰り返される自然のうつろいをカレンダーにまとめました。

年により暦との間に微妙なズレが生じますが、どうしても見たい花などがある場合には、お出かけ前にぜひ財団支部までお問い合わせください。
また、支部のページでは、現地のスタッフが日々の活動や自然の様子をご紹介しています。ぜひご覧ください。

4月 上旬
中旬
  • キリシマミズキの黄色の房春の香りをまき散らしてキリシマミズキの黄色の房が無数に垂れ下がる
  • ヤマザクラが開花。黄色からピンク色の競演に代わる
  • 池めぐりコースにオオカメノキの花開く。純白の清潔な白花
  • すっかり定着してしまったソウシチョウの鳴き声が高原に流れる
下旬
  • 天然記念物ノカイドウ。この地だけに麗しく花開く。白とピンクの微妙な配色
  • <春の遠足シーズン> 子供達の晴れやかな声が高原に満ちる
  • 林の中からハルゼミの声がわき上がる
  • ノカイドウ、末期になると赤みが薄れて白くなる
5月 上旬
  • 池めぐりコースに繊細なおしべが美しいハイノキ開花。粉雪が舞ったかのようだ
  • 御池野鳥の森にヤイロチョウのさえずりが聞こえる。夏鳥の到来だ
  • ミヤマキリシマ硫黄山にミヤマキリシマ開花。時は立夏。春から夏への移行が目に見える
中旬
  • 池めぐりコースにオトコヨウゾメの花が垂れる
  • ミヤマキリシマ大群生地つつじヶ丘のミヤマキリシマ大群生地が次々に花開く
  • 夏が来たぞとカッコウの声。おおらかな高原の雰囲気がいや増す
  • 池めぐりコースにコツクバネウツギの黄白色の花が開く
下旬
  • ホトトギスが鳴き渡る。夜に鳴くこともある
  • つつじヶ丘のミヤマキリシマ満開。一面のピンク色。それに付けても多様な濃淡色変化
  • 宮崎地方は一足早く入梅となる
  • 大木にからみついて登るツルアジサイの白花が満開
  • オオヤマレンゲ梅雨のしとしと雨とともにオオヤマレンゲが花開く(5月下旬~6月下旬)
6月 上旬
  • 韓国岳頂上にミヤマキリシマ開花。「花はキリシマ…」の最終段階となる
  • つつじヶ丘のミヤマキリシマはチラホラ程度になる
  • オオヤマレンゲ硫黄山見頃。雨に咲く花
中旬
下旬
  • 池めぐりのニシキウツギ終わる
  • 韓国岳のミヤマキリシマ終わる
  • えびの高原キャンプ場開く。季節は初夏から真夏に移行する
  • ナツツバキの清爽な花がえびの高原キャンプ場周辺に咲く(6月下旬~7月下旬)
7月 上旬
  • 夏の夕暮れを演出するヒグラシの声、繁くなる
  • 一足先に、宮崎地方梅雨明け宣言
  • 白い穂が葉の上に並んで、リョウブの花開く(7月上旬~下旬)
  • 粟粒のような花穂を立ち上げてコバノクロヅル開花(7月上旬~8月上旬)
中旬
下旬
  • モウセンゴケ満開 アカマツ千本原の足下を飾る
  • ナツツバキ終わる
  • つつじヶ丘にギボシ開花。秋は草々の花に飾られる季節
  • ヤマジノホトトギスつつじヶ丘にヤマジノホトトギス開花。鳥のホトトギスの胸模様から付いた名前
  • ノリウツギの花満開ノリウツギの花満開。木々の花ではこれが最後。つまり秋近しの気配(7月下旬~8月中旬)
8月 上旬
  • えびの高原一帯にツクシテンナンショウの実が目立つ。まだ、まだ緑色だ
  • 池めぐりコースにヤマシグレの赤い実。木々は花から果実の季節に入る
  • 池めぐりコースにヒヨドリバナ開花。アサキマダラが蜜を吸いに来る
  • 避暑で高原暮らししていたアカトンボが寄り集って下界に帰る準備を開始
中旬
  • イソノキの赤い実えびの高原一帯にイソノキの赤い実が輝く。熟れた黒実とのコントラストが美しい
  • ツバメが渡りの準備でえびの高原に多数集結
下旬
  • アザミ満開。おそまきの赤花。夏を惜しむかのよう
  • トダシバ実が実る
  • ススキの波が強風にゆれて、斜めの光線に煌めく
  • ススキの穂えびの高原にススキの穂が出揃う。季節は秋色に変わって行く(8月下旬~10月上旬)
9月 上旬
  • オオカメノキの赤い実オオカメノキの赤い実が見られる
  • 台風一過などあると、とたんに涼しくなって、秋入りを強く思う
  • 白鳥山にオトギリソウ開花。黄色は太陽の忘れ形見のようだ
中旬
  • 白鳥山にキリシマヒゴタイ開花。やせ細ったアザミのイメージだ
  • アキノキリンソウ白鳥山にアキノキリンソウ開花。秋の日差しを集めて黄金色に輝く花
  • 池めぐりコースの木にからまったツルににウメモドキの赤い実が美しい
  • つつじヶ丘にリンドウ開花。秋たけなわ
下旬
  • 池めぐりコースにオトコヨウゾメの赤い実が垂れ下がって美しい
  • 時として台風に襲われる
  • 白鳥山のリンドウ満開
  • えびの高原一体に足下を飾るセンブリの花。小さいながらしっかりと開花
10月 上旬
  • 韓国岳山頂のリンドウが満開
  • キッコウハグマ 池めぐりコースに咲く
  • シカ秋をしみじみと感じさせてくれるシカの鳴き声が多くなる(10月上旬~1月中旬)
中旬
  • 高原はナナカマドの赤い実が見える季節
  • 高原に初霜降りる
  • えびの高原の紅葉真っ盛りとなる
  • 紅葉高原の紅葉が始まる(10月中旬~11月上旬)
下旬
  • 高原は昼となく夜となくシカの鳴き声に満ちる
  • 高原にほのぼのと体暖まる小春日和が続く。初冬を感じる
  • えびの盆地に雲海現る。韓国岳に登りたくなる衝動が走る
11月 上旬
  • えびの高原に霧深くなる
  • 霜柱が立つ。初冬の風物詩
中旬
  • えびの高原の朝を白く染めて、劇的な大霜が降りる
  • 高原に初氷を観察
下旬
  • ブロッケン現象朝の斜めの光線と濃い霧が折良く揃うと、ブロッケン現象が現れる
  • 韓国岳8合目付近に霧氷
  • えびの高原スケート場オープン(11月下旬~3月上旬)
12月 上旬
  • えびの高原の芝生は霜で真っ白になる日が続く
  • シカの鳴き声やや少なくなる。真冬に入った
中旬
  • えびの高原は木枯らしの季節
  • えびの高原に初めてミゾレ降る
下旬
  • えびの高原に初雪舞う
  • 白鳥地区にミヤマガラス(冬鳥)の大群見られる
1月 上旬
  • 韓国岳全山真っ白に樹氷が見られる
  • えびの高原は雪遊びの季節。「雪だるま」が大量に並ぶ
中旬
  • 山は真っ白に綿帽子をかぶって、真冬の様相
  • スケート場でプロスケーターの「演技とスケート教室」にぎわう
  • えびの高原大いに冷え込む。この時期にはマイナス9.5度になることも
下旬
  • えびの高原で除雪車大活躍
  • えびの高原に積雪2日間で40cmになることもある。高原は一面の銀世界
  • アカマツの緑の葉っぱに真っ白い雪が積もり幻想的な風景となる
2月 上旬
  • 池めぐりコースの3湖が氷結する。もっとも寒冷の時
  • 白鳥温泉周辺に梅の花開く。里には春のきざし
中旬
  • 短い結氷期が過ぎて、白紫池の水面が波立つ
  • 駐車場周辺のミヤマキリシマの花芽が気になる。無理矢理見つける春の気配
下旬
  • 晴天の朝霧にブロッケン現象が見られることがある
  • コシジロヤマドリ高原の路上でコシジロヤマドリが活発に動きまわる
  • 寒冷期は去ったが、まだ、降雪に見舞われることがある
3月 上旬
  • えびの高原のマンサクが満開(花期:3月上旬~4月上旬)
  • アセビが白鳥温泉付近に開花する
  • 空は春の暖かみを増してきたが、名残雪が舞うことがある
  • マンサク雪が降っても、マンサクは厳格に春の訪れを知らせてくれる。ひとつふたつ花開く
  • えびの高原スケート場閉じる。冬が終わる
中旬
  • 池めぐりコースにシキミの淡い黄色の花が開く。本格的な春の到来
下旬
  • 春分までは雪が舞うことがある
  • 鮮やかな黄色のキブシが高原を飾り、春爛漫
  • ハルリンドウの青い小さな花つつじヶ丘にハルリンドウの青い小さな花が並ぶ
  • ホケチョ。ホケッチョと歌っていたウグイスが見事にホーホケキョと鳴き始める