本文へジャンプ

四季の見どころカレンダー

上高地の花、風景、四季の見どころ

若葉萌える新緑の春、花々が咲き乱れる夏、華やかに野山を彩る紅葉の秋、全てが雪に覆われる冬。
繰り返される自然のうつろいをカレンダーにまとめました。

年により暦との間に微妙なズレが生じますが、どうしても見たい花などがある場合には、お出かけ前にぜひ財団支部までお問い合わせください。
また、支部のページでは、現地のスタッフが日々の活動や自然の様子をご紹介しています。ぜひご覧ください。

4月 上旬
  • 穂高の山肌は、これからも降る新雪で、純白に輝いている
中旬
  • 旅館などの冬囲いを取り外す作業が始まる
下旬
  • ケショウヤナギの枝先がますます赤くなったように感じる。春が来た
  • 上高地開山祭上高地開山祭(4月27日)、穂高岳の残雪・新雪がまぶしい
5月 上旬
  • ケショウヤナギをはじめ柳類の淡い黄色の花盛り
  • 大正池の逆さ穂高・冷えた空気に満ちた大地の鏡面
  • フキノトウが枯れ野に息吹き(5月上旬~中旬)
  • オオタチツボスミレはすみれ色(5月上旬~6月上旬)
  • ハシリドコロハシリドコロ・春先の花が一斉に咲き出す(5月上旬~6月上旬)
中旬
  • ヤマエンゴサクの青紫の花
  • ニリンソウニリンソウの白い花群(5月中旬~6月上旬)
  • ヤマガラシの黄色い花(5月中旬~6月中旬)
下旬
  • ミネザクラミネザクラ、チシマザクラの花、一週間ほどのお花見
  • オオバキスミレ、ツバメオモト同時期に咲く
  • 広葉樹の芽吹き、カエデの花が咲く
  • オオカメノキオオカメノキ(ムシカリ)の白い花(5月下旬~6月上旬)
  • サンカヨウサンカヨウ、イワカガミ咲く(5月下旬~6月中旬)
  • ズミの木ズミの木が白い花に覆われる。足下にはシロバナノヘビイチゴの白花並ぶ(5月下旬~7月上旬)
  • オオバミゾホオズキの黄色い花(5月下旬~7月上旬)
6月 上旬
中旬
下旬
  • シウリザクラシウリザクラの白い花穂
  • 穂高の残雪は、谷筋だけになる。岩肌が輝く夏山の景色に変わる
  • レンゲツツジ湿原にレンゲツツジとニッコウキスゲ、ベニバナイチヤクソウ群れ咲く(6月中旬~7月上旬)
  • カンボクの白い花(6月下旬~7月上旬)
  • ヤマクワガタ(6月下旬~7月上旬)
  • カラマツソウカラマツソウの繊細な白い花が立ち並ぶ(6月下旬~7月中旬)
7月 上旬
  • 梅雨の晴れ間、低空に雲が漂って墨絵の世界現出
  • ヨツバヒヨドリの長い開花期が始まる(7月上旬~9月上旬)
中旬
  • クルマユリの赤橙色が道沿いに目立つ
  • 路傍にはヤマホタルブクロの紅紫色が並ぶ(7月下旬)
  • ウツボグサ濃い青紫色のウツボグサ、青空色のソバナ(7月中旬~8月上旬)
  • オオウバユリ林内にオオウバユリの大きな花が立つ(7月中旬~8月初旬)
下旬
  • キツリフネキツリフネの黄色い花が吊り下がる
  • タマガワホトトギス黄色い花のタマガワホトトギス(7月下旬~8月上旬)
  • ゴマナ花期の長いゴマナの白花が咲き始める(7月下旬~8月上旬)
  • コウゾリナの黄色、白いヤマハハコ(7月下旬~9月下旬)
8月 上旬
  • 朝の冷え込みが気になる。昼との温度差が大きくなる
  • ハンゴンソウハンゴンソウの黄色(8月上旬~9月上旬)
  • アキノキリンソウの黄色(8月上旬~9月下旬)
  • ツバメオモトツバメオモトの青い実が林内に輝く(8月上旬~9月下旬)
  • ノコンギクノコンギク(秋の野菊)が鮮やかな紫色を見せる(8月上旬~10月上旬)
中旬
下旬
  • 乗鞍高原のソバ畑が満開となってニホンミツバチが群舞する
  • ミヤマニワトコの赤い実と濃い葉っぱの緑のコントラスト(8月下旬~9月上旬)
9月 上旬
  • 田代湿原はクサモミジ(草紅葉)
中旬
  • 朝夕の冷え込みが厳しくなる。セーターを重ね着する時期になった
  • ヤマトユキザサの赤い実がひっそりと(9月中旬~10月上旬)
下旬
  • 穂高岳には新雪が来ることがある
  • 山の斜面を見上げると、思いなしか、緑が黄ばんで見えるようになる
  • トチバニンジンの赤と黒の実(9月下旬~10月上旬)
  • カンボクの赤い実が傾いた秋の光を受けて輝く(9月下旬~10月中旬)
  • ヤマシャクヤクの実が割れて赤と黒の芸術品(9月下旬~10月中旬)
  • 見上げると高みの木々が色づいている。紅葉の始まり(9月下旬~10月下旬)
  • カラマツ上高地の紅葉・カラマツが黄色く染まる(9月下旬~10月下旬)
10月 上旬
中旬
  • 穂高に新雪穂高に新雪が来て、上高地の紅葉と相まって、三段紅葉となる
  • ズミやナナカマドの赤い実にツグミが群れる(10月中旬~下旬)
  • 梢に付いた霜が朝日を浴びて霧が立昇る。神秘の夜明け体験(10月中旬~11月中旬)
下旬
  • 安曇ダムから沢渡間の紅葉が見事
  • 紅葉の名残・カラマツの葉も散って、遠くが見透かせるようになる
11月 上旬
  • 満月が、明神岳と六百山に挟まれたU字谷の底から昇る
  • 最低気温が凍結温度になって、木霜は水の結晶から氷に変化する
  • 冬枯れの木に付いた霜が朝日を浴びて煌めく。ガラス細工の森出現
  • 穂高は白さを増して冬山の様相を帯びてくる
中旬
  • 山は根雪になる
  • 上高地閉山祭(11月15日)
  • 上高地の平らも日陰の雪が解け残る
  • 上高地の車道が閉鎖される
下旬
12月 上旬
  • 上高地は冬眠中
中旬
下旬
1月 上旬
中旬
下旬
2月 上旬
  • 2月、3月はまだ冬の季節
中旬
下旬
3月 上旬
中旬
下旬