本文へジャンプ

四季の見どころカレンダー

摩周湖・屈斜路湖の花、風景、四季の見どころ

若葉萌える新緑の春、花々が咲き乱れる夏、華やかに野山を彩る紅葉の秋、全てが雪に覆われる冬。
繰り返される自然のうつろいをカレンダーにまとめました。

年により暦との間に微妙なズレが生じますが、どうしても見たい花などがある場合には、お出かけ前にぜひ財団支部までお問い合わせください。
また、支部のページでは、現地のスタッフが日々の活動や自然の様子をご紹介しています。ぜひご覧ください。

4月 上旬
  • ハクチョウが集う(屈斜路の池の湯、砂湯、仁伏、和琴)
  • シジュウカラやハシブトガラなどの混群の動きが活発になったように感じられます
  • フキノトウフキノトウが顔を出します
中旬
  • フクジュソウが日だまりに黄色の花を一面に開きます(4月中旬~下旬)
下旬
  • 空にヒバリの声が響き、夏鳥のキビタキが姿を見せます
  • 川湯周辺の森の中にヒメイチゲが群れ咲きます
  • オオハクチョウ 北に帰る
5月 上旬
  • 写真は摩周岳★新緑の森観察会を行います。写真は摩周岳
  • ガンコウランつつじケ原のガンコウランが花を開きます(5月上旬~下旬)
  • 木々の芽吹き、新緑の美しいシーズンです(5月上旬~下旬)
中旬
  • 夜になるとアオバズクの声が聞かれるようになります。昼間には姿を見ることができます
  • オオジシギが賑やかにディスプレイフライトを見せてくれます
下旬
  • オオバナノエンレイソウ川湯周辺でオオバナノエンレイソウの白く大きな花が見られます(5月下旬~6月中旬)
  • エゾハルゼミの合唱(5月下旬~6月下旬)
6月 上旬
  • ★摩周星空紀行・夜の観察会を行います
  • ★藻琴山登山・観察会を実施します
  • ミヤマザクラの白い花が見られます(6月上旬~中旬)
  • ヒロハツリバナの花が垂れ下がります(6月上旬~下旬)
中旬
  • ★和琴、砂湯キャンプ場開設
  • ゴゼンタチバナの白い花が咲いて、葉っぱの緑とあいまって、絶妙のデザインを見せてくれます
  • つつじケ原のイソツツジつつじケ原のイソツツジが咲き始めます(6月中旬~7月上旬)
  • マイヅルソウの花が木々の根元を覆うように咲きそろいます(6月中旬~7月中旬)
下旬
  • アオダイショウ和琴周辺でアオダイショウが見られます
  • ウグイスの巣作りが始まって、ウグイスとカッコウの声が良く聞こえるようになります
  • 野鳥が巣立つ季節です。アカゲラ、シジュウカラ、ハクセキレイの親子連れが目につきます
  • 斜里岳の残雪模様が美しく望めます
  • 川湯周辺には、キタキツネが親子連れで現れます
7月 上旬
  • 屈斜路湖周辺の畑ではジャガイモの花が一面に咲きそろいます
  • アオバトの鳴く声がよく聞かれます
  • 木々にからまって伸び上がったツルアジサイが白い見事な花を咲かせます(7月上旬~中旬)
  • ハクサンシャクナゲが豪華な花を開きます(7月上旬~中旬)
中旬
  • ハクサンチドリがツンツンと尖った花びらを開いて足下を飾ります(7月中旬~下旬)
  • 摩周湖に霧が流れ込むシーズンに入ります(7月中旬~8月中旬)
  • オオウバユリの花穂が林の中に林立します(7月中旬~8月中旬)
下旬
  • エゾセンニュウのさえずりが響き渡ります
  • コエゾゼミが林の中で賑やかなコーラスをかなでます
  • オオバボダイジュオオバボダイジュの花が樹冠を黄色く染めます
  • 和琴半島の夜を飾るヘイケボタルのシーズンが始まります
  • ノリウツギが花を開きます(7月下旬~9月中旬)
8月 上旬
  • イワギキョウ摩周岳登山道にイワギキョウが青い花を咲かせます
  • 藻琴山ではチシマギキョウが咲きます
  • 和琴半島ではミンミンゼミが鳴き始めます
  • アブが数を増します。ハイキングの時には要注意です
中旬
  • ★EMCでは、夏休みクラフト教室を開きます
  • カツラの木が、秋が近づいたことを飴の香りで知らせてくれます
  • ススキの穂が立ち始めます
  • お盆が過ぎると秋風が吹く季節に入ります
下旬
  • ゴゼンタチバナの実が真っ赤に色づきます
  • オオバボダイジュ、シナノキの独特な形の種子が落ちてきます
  • ハンゴンソウが花を開きます(8月下旬~9月上旬)
  • エゾトリカブトの紫色の花が咲きます(8月下旬~9月中旬)
9月 上旬
  • ★全道オープンレガッタ
  • キノコの姿がそこここに見られるようになります。森の中で、おとぎ話をふと考える季節です
  • ★挽曳(ばんえい)競馬大会
  • オオウバユリの実が割れてきます
中旬
  • ★屈斜路周辺の畑ではソバの収穫が始まります
  • ドングリの実が茶色く色づき始めます
下旬
  • ★屈斜路湖にそそぐ川を見る観察会を実施します
  • ★屈斜路周辺の畑ではジャガイモの収穫が始まります
  • ナナカマドの実が赤く色づいて、秋本番に入ります
  • ヤマブドウの実が熟してきます
  • 山々は紅葉の真っ盛りとなります
  • キツネ山の紅葉が始まります(9月下旬~10月上旬)
10月 上旬
  • 雪虫が飛び始めます。秋の気配が濃厚になります
  • 暖房機のスイッチに手が伸びます
  • エゾシカの鳴き声が悲しげに響いてくるシーズンです
中旬
  • ヤマドリゼンマイの草紅葉が始まります
下旬
  • オオハクチョウオオハクチョウが渡ってきます(10月下旬~4月下旬)
  • 藻琴山に雪が来て、初冠雪の景色が望めます
11月 上旬
  • 霜柱が見られるようになります
  • 摩周湖第3展望台への歩道が閉鎖されます
中旬
  • エゾリスが冬ごもりの準備で忙しく走り回っています
  • ★EMCの暖炉に火を入れます。いよいよ冬に入ります
下旬
  • ★アカゲラを追って・観察会を実施します
  • 木々の葉が落ちきって、葉痕観察の適期になります
12月 上旬
  • ツグミを人里でも見るようになります
  • ★積雪を待って、アニマルトレッキングの観察会を実施します
中旬
  • 屈斜路湖の凍結が始まります
下旬
  • 見上げると大きな鳥・オジロワシ、オオワシの飛行を楽しむシーズンに入ります
  • アカエゾマツの森の雪上にクロテンの足跡が続いていたりします
1月 上旬
  • ★川湯エコミュージアムセンターでは、スノーシューや歩くスキーの貸出しを始めます
  • しぶき氷屈斜路湖畔では「しぶき氷」「フロストフラワー」が花のように咲き並びます
中旬
  • エゾシカが餌を求めて川湯の街路を歩き回るようになります
下旬
  • ★ポンポン山へのスノーシュー、歩くスキーでの観察会を実施します
  • 大寒の声を聞くと共にダイヤモンドダストの現象が本格化します(1月下旬~2月下旬)
2月 上旬
  • ダイヤモンドダストが降り注ぐ極寒のシーズン
  • ハクチョウが集う(屈斜路の池の湯、砂湯、仁伏、和琴)
中旬
  • EMC裏のアカエゾマツの森にはエゾシカの寝所が目立ちます
  • 摩周湖結氷摩周湖結氷
下旬
  • 屈斜路湖のおみ渡り → ★観察会を開催します
  • 霧氷川湯郵便局前の足湯付近では、毎朝のように霧氷が見られます
3月 上旬
  • ★摩周湖の外輪山観察会を開催します
  • 啓蟄の声を聞くと湿った雪が降るようになります
中旬
  • EMC付近にヤマゲラの姿を見かけます
下旬
  • 和琴、川湯でゴジュウカラがさえずり始めます
  • 日差しが春めいて、雪がとけ始めます