本文へジャンプ

四季の見どころカレンダー

登別温泉の花、風景、四季の見どころ

若葉萌える新緑の春、花々が咲き乱れる夏、華やかに野山を彩る紅葉の秋、全てが雪に覆われる冬。
繰り返される自然のうつろいをカレンダーにまとめました。

年により暦との間に微妙なズレが生じますが、どうしても見たい花などがある場合には、お出かけ前にぜひ財団支部までお問い合わせください。
また、支部のページでは、現地のスタッフが日々の活動や自然の様子をご紹介しています。ぜひご覧ください。

4月 上旬
  • 岩肌の黒 残雪の白 雪景色も あと少し
  • ネコヤナギの冬芽割れ、銀白色の花芽を見せる(4月上旬~5月上旬)
中旬
  • 大湯沼川沿いに早咲きのタンポポが咲いて 足を止め
  • ウグイス鳴いて ナナカマド広場に春を告げ
下旬
  • 地獄谷の雪もとけ、ピンク色のカタクリ こ首をかしげ
  • エゾヤマザクラ 濃いピンク色の花を たわわにつける(4月下旬~5月中旬)
  • 駐車場そばに白いコブシが咲いて 観光客をお出迎え(4月下旬~5月下旬)
5月 上旬
  • 温泉街への沿道 二千本の「桜のトンネル」 今や満開
  • 未だ開葉しきらない原始林 各種の野鳥の姿 じっくり観察の絶好機
  • 遠来の渡り鳥 キビタキの明るいさえずり おつかれさん
  • 林の中に点々と 鮮やかな紫の花 エゾムラサキツツジの季節(5月上旬~6月上旬)
中旬
  • 山の幸 求めてさまよう 春の山
  • 「焼酎 一杯 グイー」 センダイムシクイ うれしいさえずり
  • ヒヨドリ 休憩舎に飛び込んで 観光客とひとときのたわむれ
  • 小つぶ 繊細 形よく整った コヨウラクツツジの赤い花(5月中旬~6月上旬)
下旬
  • 新緑深まる遊歩道 森林浴と カロリー消費の散歩に出よう
  • 地獄谷の歩道に沿って 白いマイヅルソウ 咲きそろう
  • 遅咲き桜のソメイヨシノ たわわな花房がふくらんで 心をうばう
  • イソツツジの白い花 群がり咲いて見事(5月下旬~6月下旬)
6月 上旬
  • 今が盛りとナナカマドの白い花 秋の赤実が楽しみだ
  • ホオノキの大きなおおきな白い花 芳香が一面にただよう
  • 楚々として オオカメノキの白い花
  • オレンジ色のヤマツツジ 新緑に映える(6月上旬~7月上旬)
中旬
  • タニウツギの紅色の花 大湯沼車道沿いを飾る
  • 騒々しいエゾハルゼミの鳴き声 新緑の森に充満す
  • 遊歩道にエゾアカシヤの強い香り 天然の足湯 おおいににぎわう
  • 全身真っ白なギンリョウソウ 大湯沼への遊歩道に咲く
下旬
  • ツルアジサイの白い花 木々に巻き付き咲きそろう
  • 木々を抜ける爽やかな風 高い梢でさえずるオオルリの声 何とも美しいこの自然
  • ナナカマド 赤い実をつけて 長い果実期に入る 登別の初夏
  • 遊歩道のサラサドウダン うるわしの花満開(6月下旬~7月下旬)
7月 上旬
  • 日和山野草園 さきがけのヨツバヒヨドリ 咲き始め(花期:7月上旬~中旬)
  • ノリウツギの白い花 風に揺れ あちこちに(7月上旬~8月上旬)
  • 地獄谷から大湯沼へ 沿道に植栽されたアジサイ 見事に咲きそろう(7月上旬~8月上旬)
中旬
  • ハナヒリノキの淡い緑色の花 遊歩道にひっそりと咲く
  • 可憐なマイヅルソウの赤い実 足下を飾る
  • その横で シラタマノキが 果実のような純白の花を付け
  • 日和山野草園 二番手はクサレダマ 黄色い花が一面に群がり咲く(7月中旬~8月上旬)
下旬
  • モンシロチョウやアゲハチョウ ナナカマド広場に舞い踊る
  • 日和山野草園四番手 マゼンタ色のヤナギラン 青空バックに燃え上がる
  • 見上げると 遊歩道沿いのハリギリが淡黄色の花を付け
  • カラスヘビ 大湯沼の湯の中を 気持ち良さげに泳ぎゆく
  • 日和山野草園 三番手はタチギボウシ 青紫色の可憐な花を立ち上げる(7月下旬~8月中旬)
8月 上旬
  • コシアブラ 黄緑色の花で 地獄谷一帯を飾る
  • ミンミンゼミ 熱いよ 熱いよ と盛夏を鳴きあかす
  • ふと見ると ススキの穂が伸び上がって エッもう秋かい
  • ナナカマドの葉 早くも紅葉のきざし 暦は立秋だ
中旬
  • 見上げると 赤トンボ 青空に群れ飛ぶ やっぱり秋が近いぞ
  • ホツツジ 白い泡のような小粒の花穂を立てる(8月中旬~9月上旬)
  • 日和山野草園の五番手 濃い青紫色のエゾリンドウの咲きはじめ(8月中旬~9月中旬)
  • 日和山野草園のオオトリは エゾリンドウ大群落 一斉開花は圧巻(8月中旬~9月中旬)
下旬
  • 8月最終土、日は「地獄まつり」 山車や踊りの大イベント 迫力満点の二日間
  • 大正地獄の間欠泉 四季折々七色に変化する 今日は何色かな?
  • 秋の味覚キノコが顔を出す シイタケ、クリタケがひっそりと
  • 日和山野草園 トリを務めるアキノキリンソウ 黄色い花が秋風に揺れ(8月下旬~9月下旬)
9月 上旬
  • 遊歩道 イカルの鳴き声を聞く なぜかさびしげ
  • ミズナラも 黄色味を増して 林内が明るい
  • 青空と ススキと 赤トンボ 日本の秋
  • モミジの葉が黄色に褪色 やがて深まる秋には朱色に変わる 自然うつろいの妙(紅葉 9月上旬~10月下旬)
中旬
  • 遊歩道にスズムシの鳴き声 秋を実感
  • ポリポリ、ナメタケ 秋の味覚に会心の笑み
  • 紅葉の王者 ヤマウルシ ずいぶん赤くなる
  • 周りの山々 黄色や赤の割合が増えてゆく
下旬
  • ナナカマド 輝く赤実を追って 葉っぱも紅葉
  • ヤマブドウ 枝も折れるか たわわな稔り
  • オロフレ峠の紅葉最盛期 展望台からの雄大な眺望 綾錦
  • ヤマウルシ これ見よがしの紅化粧 地獄谷は別世界
10月 上旬
  • クッタラ湖の紅葉最盛期 湖水の青と木々の紅・黄 幻想的なたたずまい
  • 大湯沼の紅葉に観光客の感嘆の声があがる
  • 登別温泉の玄関口もみじ谷 一歩遅れて紅葉の仕上げ
  • 雪虫飛んで 冬近し 木の実が風に舞う
中旬
  • 森の奥 天然記念物クマゲラのドラミングがこだまする
  • 新登別大橋 見下ろす120メートル下の渓流 紅葉の一大名所
  • 初霜が降りる 公園樹の冬囲い準備
  • 風吹く毎に やせ細る木々 紅葉もあとわずか
下旬
  • 舟見山遊歩道のドウダンツツジ 紅葉の最終の美を飾る
  • 湯気の量を増した大湯沼 コガモが湯治にやってくる 北からの長旅ご苦労さん
  • ドングリだらけの遊歩道 歩いて 足裏マッサージ
11月 上旬
  • 冬間近 葉のない林 ナナカマドの真っ赤な実
  • 足下には 大きなホウバが散り敷いて これは天狗のウチワか?
  • 初雪に 情緒あふれる 温泉街
  • 木の葉散り 繊細な梢 荒涼とした登別原始林
中旬
  • 眺めれば 遠くオロフレ山は 雪景色
  • 気温低下の地獄谷 噴煙がそこかしこから立ち上る
  • 長旅の疲れも見せず元気よく 市内の川にもサケ遡上
下旬
  • 真白に雪化粧した山々に 日差しキラキラ まぶしい晴天
  • 梢の枝々に雪が凍てついて 白い花と見まごうばかり
12月 上旬
  • 新雪の遊歩道 キタキツネの足跡をたどる 冬の楽しみ
  • カルルスのスキー場開き ゲレンデに歓声 スキーシーズン到来
中旬
  • コツコツと木を叩くのは誰? アカゲラが発する乾いた音
  • 地獄谷 キタキツネの親子が姿を見せて 観光客を喜ばせる
下旬
  • 本格的な雪のシーズン 北の大地は真白に雪景色
  • 地獄谷入口のバードテーブル おおにぎわい
  • もうもうと立ち上る冬こその湯煙 登別温泉のお風呂で年越し 最高の気分
1月 上旬
  • タラノキの木の芽がふくらんでいるのに気づく 気の早い春の予感
  • 地熱の高い地獄谷 冬枯れのドライフラワーの陰の芽も ふくらんでいるぞ
中旬
  • 日和山のねぐらに向かうカラスの群れ 夕方の空がいっそう暗くなる
  • 大湯沼の湯治客 コガモの数が20羽を超える
下旬
  • ナナカマドの枝先 赤い新芽がうごめくかのようだ
  • 地獄谷の柵の中 ガンコウランが小さな赤い花を付ける
2月 上旬
  • 小雪ちらつく地獄谷 ハギマシコの小さな群れ 谷間に飛び交う
  • 毎年2月3日・4日は登別温泉の「湯まつり」 熱気あふれる「湯かけ合戦」
  • イソツツジのつぼみ 雪の中から 春待ち顔
中旬
  • 厳寒の幌別川 オオハクチョウ、キンクロハジロ、ホオジロガモなどが集う
  • 地獄谷入口のバードテーブル シジュウカラ、ミヤマカケス、餌をついばむ
下旬
  • 雪の中 キタキツネ ひょっこり出てきて 愛らしい
  • ウダイカンバ 枝先の芽ふくらんで 春近し
3月 上旬
  • フキノトウ 大湯沼川の岸辺に芽生えて 春を告げ(3月上旬~4月上旬)
  • 春の日差しに ヤマウルシも 芽が割れる
中旬
  • 春一番の花フクジュソウ 大湯沼斜面に咲きはじめ(3月中旬~4月中旬)
  • 春うらら 温泉街の川面に カモ憩う
下旬
  • アカゲラ、ヤマゲラ コンコンと木をつつき ナナカマド広場に活気回復
  • 春風吹いて ナナカマドの花芽 大きくふくらむ