本文へジャンプ

四季の見どころカレンダー

支笏湖の花、風景、四季の見どころ

若葉萌える新緑の春、花々が咲き乱れる夏、華やかに野山を彩る紅葉の秋、全てが雪に覆われる冬。
繰り返される自然のうつろいをカレンダーにまとめました。

年により暦との間に微妙なズレが生じますが、どうしても見たい花などがある場合には、お出かけ前にぜひ財団支部までお問い合わせください。
また、支部のページでは、現地のスタッフが日々の活動や自然の様子をご紹介しています。ぜひご覧ください。

4月 上旬
  • 千歳川にてオシドリ飛来(9月下旬まで)
中旬
  • エゾエンゴサク、ヒメイチゲ開花(5月上旬まで)
  • キタコブシ開花(5月上旬)
  • ウグイスの声が聞かれるようになる(9月下旬まで)
下旬
  • 野鳥観察舎 エゾアカガエル、エゾサンショウウオ産卵
  • 野鳥の森 シラネアオイ開花(5月中旬まで)
5月 上旬
  • 小鳥たちのさえずりが最盛期となり、野鳥観察には最適な季節
  • エゾヤマザクラ開花(中旬まで)
  • 支笏湖外輪山の残雪支笏湖外輪山の残雪が美しくなる(5月下旬まで)
  • オオルリ、キビタキなどの夏鳥飛来(9月下旬まで)
中旬
  • オコタンペ湖の氷解ける
  • 木々の芽ぶきが美しく、黄緑や白、ピンクといった淡い色に包まれる(下旬まで)
  • 紋別岳 オオバキスミレ開花 (6月上旬まで)
  • アオバズク鳴き始める(9月下旬まで)
下旬
  • 恵庭岳 ツバメオモト見ごろとなる(6月上旬まで)
  • 樽前山 コメバツガザクラ開花(6月中旬まで)
6月 上旬
  • 美笛の滝 水量が増し見ごたえがある
  • 紋別岳 ハクサンチドリ開花(6月中旬まで)
  • 紋別岳 タニウツギ開花(下旬まで)
  • エゾハルゼミ鳴く(7月中旬まで)
中旬
  • 漁岳、風不死岳の残雪溶け夏の姿となる
  • 美笛の滝 二リンソウ開花(下旬まで)
  • 樽前山 イソツツジ、ウコンウツギ開花(7月上旬まで)
  • 浅瀬にウグイ、アメマス、ヌマチチブが見られるようになる(10月まで)
下旬
  • 山々の雪解け水によって湖の水位が上がる
  • イワブクロ樽前山 イワブクロ開花(8月まで)
7月 上旬
  • イカルが、エゾヤマザクラの実を食べる
  • コエゾゼミ鳴く(9月上旬まで)
  • 岸辺の色がエメラルドグリーン色となる(10月まで)
中旬
  • アオダイショウが親水広場で日向ぼっこ
  • オオウバユリ開花(8月上旬まで)
  • 樽前山 イワギキョウ開花(8月下旬まで)
下旬
  • 千歳川の水草が青々として美しい(10月まで)
  • 樽前山 シラタマノキの実が熟し白い実が彩りを添える(10月まで)
8月 上旬
  • 野鳥の森 ヤマジノホトトギス開花(中旬まで)
  • アキアカネ、ノシメトンボ飛び回る(9月まで)
中旬
  • 湖の水温が20℃に達し、岸辺で泳ぐ人の姿見られる
下旬
  • オニグルミ、キタコブシなどが結実始める
9月 上旬
  • 紋別岳 エゾオヤマリンドウ開花(下旬まで)
中旬
  • 秋の夕日秋の夕日が美しい
  • 樽前山 山頂付近の紅葉始まる(下旬まで)
下旬
  • 早朝、エゾリスの姿をよく見かけるようになる
  • オコタンペ湖 紅葉始まる(10月上旬まで)
  • 美笛の滝 紅葉始まる(10月中旬まで)
10月 上旬
  • 樽前山 7合目のナナカマド紅葉始まる(中旬まで)
  • 紅葉山々が赤や黄色に染まり紅葉始まる(中旬まで)
  • オスジカのラッテイングコールが聞かれるようになる (11月上旬まで)
中旬
  • キンクロハジロ、マガモなどの水鳥やツグミ、マヒワなどの冬鳥が飛来
  • ヒメマスの産卵が最盛期を迎える
下旬
  • カラマツが黄葉し、支笏湖の紅葉終わる
11月 上旬
  • 支笏湖遊覧船 冬季休業(4月上旬まで)
  • 支笏湖外輪山に初雪が降る
  • 霜が降りはじめる
中旬
  • 道々78号線 支笏湖線 冬季閉鎖(4月下旬まで)
  • 湖に吹きつける風が強くなる
  • 雪が降り始める
下旬
  • 餌台にシメ、アカゲラなどの鳥が見られるようになる(4月まで)
  • 道々141号線樽前錦岡線 冬季閉鎖(5月中旬まで)
12月 上旬
  • 支笏湖外輪山根雪となる(4月下旬まで)
中旬
  • オジロワシが時折見られるようになる
  • 湖の周りにしぶき氷ができ、美しい氷の造形を見せてくれる(2月まで)
下旬
  • 根雪となる(3月下旬まで)
1月 上旬
  • 千歳川や湖にてカワアイサの姿が時折、見られるようになる(2月まで)
中旬
  • 日中の気温がマイナスとなる
  • シカ千歳川の斜面と支笏湖温泉からポロピナイにかけての斜面にシカが現れ、多い時には、100頭を超える。(3月まで)
下旬
  • まとまって雪の降る日が多くなる
  • 最低気温マイナス10℃下回る日が多くなる
  • 氷濤まつり始まる(2月中旬まで)
2月 上旬
  • 湖の水位が一年の中でもっとも下がる
中旬
  • 雪の上に落ちたモモンガの痕跡が見つけやすくなる
下旬
  • 日中の気温がプラスとなる日が多くなる
  • 固雪となる
3月 上旬
  • 地面が解けはじめる
中旬
  • フキノトウ開花(4月中旬まで)
  • カワラヒワ、ハクセキレイなどの夏鳥の第一弾飛来
下旬
  • 園内の雪が解け歩きやすくなる
  • ヤナギの芽がふくらむ