本文へジャンプ

四季の見どころカレンダー

十和田湖・八甲田の花、風景、四季の見どころ

若葉萌える新緑の春、花々が咲き乱れる夏、華やかに野山を彩る紅葉の秋、全てが雪に覆われる冬。
繰り返される自然のうつろいをカレンダーにまとめました。

年により暦との間に微妙なズレが生じますが、どうしても見たい花などがある場合には、お出かけ前にぜひ財団支部までお問い合わせください。
また、支部のページでは、現地のスタッフが日々の活動や自然の様子をご紹介しています。ぜひご覧ください。

4月 上旬
  • 春風で雪解け進む
  • 道路が全線開通十和田湖につながる道路が全線開通する
  • 奥入瀬でヤマネコヤナギが芽吹く
中旬
  • ハンノキ開花し赤い穂が垂れる
  • 八甲田山堅雪となり、つぼ足で雪山を楽しめる
  • アラゲヒョウタンボクアラゲヒョウタンボクがクリーム色の花を二個ずつつける
  • 奥入瀬では、キクザキイチゲの白と紫色の花が可憐に咲き、渓流に彩をつける(4月中旬~下旬)
下旬
  • オトメエンゴサクの青紫色の花が咲く
  • 生出でミソサザイ、クロツグミのさえずりが響く
  • キクザキイチゲキクザキイチゲ湖畔で満開となる
  • キタコブシ、ブナ開花、キビタキ、センダイムシクイ鳴き始める
  • カツラ、ナナカマド、シウリザクラ、アカイタヤなどの春もみじが山をほんのりと彩る(4月下旬~5月上旬)
5月 上旬
  • 湖西岸のオオバキスミレ、サンカヨウが見ごろとなる
  • ニリンソウニリンソウの群落が林床を覆う(5月上旬~中旬)
  • オオヤマザクラ湖水の青、オオヤマザクラのピンク、新緑のコントラストが美しい(5月上旬~中旬)
中旬
  • 田代平でホオジロ、カッコウ、オオジシギが見られる
  • ミヤマザクラ、ウラジロヨウラク咲く
  • あざやかなピンクのムラサキヤシオと清楚なオオカメノキの白い花が咲き、一面華やぎだす(5月中旬~6月上旬)
下旬
  • エゾハルゼミが奥入瀬でにぎやかに鳴いている
  • ウワミズザクラ、シウリザクラ、ミズキ、オオミヤマガマズミなど樹木の花がにぎわいだす
  • ナナカマド、ツリバナ咲く(5月下旬~6月上旬)
  • ヤマツツジ新緑の奥入瀬をヤマツツジやアオダモの花々が彩る(5月下旬~6月中旬)
6月 上旬
  • ハナニガナ、たおやかに黄色い花をつける
  • ヤグルマソウ、コンロンソウ、ミヤマカラマツ等の初夏の花が咲きだす(6月上旬~中旬)
  • トチノキとホオノキが開花し、甘い香りが風に運ばれてくる(6月上旬~中旬)
中旬
  • 紫色のサギゴケ咲く
  • 樹木に絡み付いて咲くツルアジサイ
  • 華やかにヤマボウシ花をつける、コマユミも秘かに咲く
  • アキグミ、ウワバミソウ咲く
下旬
  • ワタスゲ田代平湿原のワタスゲ見ごろとなる
  • オニシモツケ等の夏の花が咲き始める
  • マタタビの葉、白くかわる
  • 白雲亭の日の出白地山でゴゼンタチバナが見ごろとなり、白雲亭の日の出がすばらしい
  • タニウツギ日当たりの良い路傍でタニウツギ、ナツハゼ、ヤマブキショウマ咲く(6月下旬~7月下旬)
7月 上旬
  • 十和田神社にヒメボタルの点滅光が飛び交う
  • 夏の日陰に咲くエゾアジサイ
  • ムラサキシキブ、アマニュウ、オカトラノオ、イワガラミ咲く
  • ニッコウキスゲ南八甲田のニッコウキスゲ見ごろとなる(7月上旬~8月上旬)
中旬
  • ヒメマス釣り解禁
  • 湖畔に夏を告げる花火、十和田湖水まつり
  • オオウバユリ、ソバナ、シナノキ、クサギなど開花(7月中旬~8月上旬)
下旬
  • キンミズヒキ、マルバキンレイカ、イヌエンジュ咲く
  • キンコウカ八甲田でキンコウカ見ごろとなる
  • アキアカネが目に付き始める
  • ノリウツギアイヌ語の名(サピタ)をもつノリウツギが咲く。地元小学生カヌー練習に励む
  • オオイタドリ、ノコンギク、オクトリカブトが咲き、少しずつ夏の終わりを告げる(7月下旬~9月中旬)
8月 上旬
  • 夏空にタラノキ、ハリギリ、リョウブ、ヌルデ咲く
  • 外輪山、夏山トレッキングに最適。田代平のコオニユリが美しい
  • ミソハギの紫色が鮮やかに目立つ
  • キツリフネツリフネソウや、キツリフネが奥入瀬の道沿いで咲く(8月上旬~下旬)
中旬
  • 野生のホップのカラハナソウやチトセバイカモ咲く
  • オトコエシとオミナエシ咲く
  • ヨブスマソウ、モミジガサ咲く
  • ウメバチソウウメバチソウが秋を告げるように咲く(8月中旬~9月下旬)
下旬
  • ツルニンジン咲く
  • ハッカ発荷峠の由来の花、ハッカ咲く、しかし今は峠では見かけない
  • オオアキノキリンソウ湖畔に秋の訪れを告げる(8月下旬~9月下旬)
  • サラシナショウマがゆらゆらと長い花穂をゆらして招いているよう(8月下旬~10月上旬)
9月 上旬
  • 夏アオハダ、ヤマボウシ、ガマズミの実が赤くなる
中旬
  • 国境(くにざかい)祭開催青森・秋田・岩手のお祭り競演、国境(くにざかい)祭開催
  • トチノキの実が落ちる
  • ミズナラの実が落ちる
  • ノコンギクノコンギク、オオアキノキリンソウ、オクトリカブト、ゴマナなどの秋の花々が目立つ(10月上旬まで)
下旬
  • 草紅葉八甲田山の湿原で草紅葉始まる
  • 山栗の落下ピークを迎える
  • コマユミ、マムシグサの赤い実が目立つ
  • ナギナタコウジュ、イヌタデ、ハナタデ満開
  • 北駐車場のナナカマドが紅葉、ヤマブドウ、サルナシの実が熟す
10月 上旬
中旬
  • 十和田湖発荷峠の紅葉がピークを迎える
  • 標高600m以下でカツラ、ハウチワカエデ、アカイタヤ、ツタウルシが見ごろ
  • 十和田湖畔十和田湖畔の紅葉がピークを迎える(10月中旬~11月上旬)
下旬
  • ホシハジロ、オオハクチョウが飛来し始める
  • 落葉した外輪山は展望が広がり景観がよくなる
  • 奥入瀬の紅葉奥入瀬の紅葉がピークを迎え、カツラ、カエデ、トチ、など美しく彩る(10月下旬~11月上旬)
11月 上旬
  • なごりの紅葉・カエデなどが最終章を迎える
  • 初雪が降る。今年は少し遅い
  • 奥入瀬の滝樹木が葉を落として奥入瀬の滝も見通しが良くなる
  • コマユミとオオカメノキ等の晩秋の実が赤く目立つ(11月上旬~下旬)
中旬
  • オオハクチョウと冬鳥たちで湖もにぎわってくる
  • ムラサキシキブの紫の実や、ツルウメモドキの赤い実が、初冬の林中で一際目立つ
  • ホオジロガモ、オナガガモも飛来し始める(11月中旬~1月下旬)
下旬
  • 十和田湖外輪山が白く雪化粧をする
  • アオハダの赤い実が湖畔で目立つ
  • 八甲田山スキー場開き
12月 上旬
  • 樹木に寄生するヤドリギが、こんもりと目立つ
  • カラ類の混群、ウソの群れがビジターセンターに来る
  • ビジターセンターの餌台にシジュウカラ、ゴジュウカラ、ヤマガラたちが群れる(12月上旬~1月下旬)
中旬
  • 朱色のヒレンジャクと黄色のキレンジャクが群れてナナカマドの実を食べに来る(12月中旬~1月下旬)
下旬
  • オオハクチョウ200羽ほどになる。キンクロハジロが羽を休める。
  • 十和田神社近くの林は、カラ類、ヒヨドリ、ツグミの鳴き声でにぎわっている。冬は見つけやすい
  • ニホンリス冬毛になったノウサギやテン、ニホンリスを身近で見かけるようになる
  • ツグミの群れもナナカマドの実を食べにやって来る(12月下旬~1月下旬)
1月 上旬
中旬
  • オオハクチョウ300羽となり鳴き声が響いてくる
下旬
  • しぶき氷しぶき氷と氷柱ができ、湖畔はまるで氷の彫刻村となる(1月下旬)
  • 高気圧で乾き、低気圧で大量の積雪となる
  • 樹木の冬芽がふくらみ、観察の適期となる
  • 大量の積雪が続く
  • スノーシューウォーク蔦沼周辺の沼めぐりコースでスノーシューウォークを楽しめる
2月 上旬
  • 十和田湖の留鳥と渡り鳥が見られるようになる
  • 冬花火十和田湖冬物語開始。約1ヶ月のロングイベント、冬花火が夜空に映えて美しい(2月上旬~中旬)
  • 蓮の葉氷蓮の葉氷、流氷が現れる(2月上旬~3月上旬)
  • 奥入瀬の氷瀑奥入瀬の氷瀑が青みを増し美しい(2月上旬~3月中旬)
中旬
下旬
  • ホオノキ、キタコブシ、シナノキ、ブナ等の花芽がふくらむ
  • 十和田湖冬物語終了
  • ウソがソメイヨシノの芽をついばむ
3月 上旬
  • 風の無い晴れた朝に湖面に薄氷張る(3月上旬~4月上旬)
  • 大雪気温が上がり湿った低気圧がもたらすヤマセにより大雪となることがある
中旬
  • ハンノキの芽が赤くなる
下旬
  • マルバマンサク春一番のマルバマンサクが咲き始める(3月下旬~4月下旬)
  • スノーシューウォーク堅雪になり蔦沼や八甲田がスノーシューウォークに最適の時期となる
  • オオハクチョウが旅立ちの準備を始める
  • フキノトウが顔を出し、春を呼ぶ
  • ゴジュウカラのさえずりが賑やかになる
  • イワツバメが飛来する