本文へジャンプ

スタッフブログ:大山

大山の壮大な春の風物詩

自然紹介 / 2017.04.10


[雪残る豪円山キャンプ場]

事務所のある大山集落周辺にも春の気配が感じられるようになりました。観光道路沿いに残されていた雪の壁が消え、ようやく地面が見えるようになりました。
事務所より高い標高900mにある豪円山キャンプ場には、まだ雪が残されていますが、オープンに向けた準備が進んでいます。


[豪円山キャンプ場から見る大山北壁]

キャンプ場からは大山の雄大な北壁が見られます。春になり雪におおわれていた北壁にも岩肌が多く見えるようになりました。
一部の雪が灰色に汚れているのがわかりますか?灰色の雪は岩壁崩落の跡です。


[北壁の岩壁崩落跡]

春になると岩肌に張り付いていた雪が融けはじめます。そして岩にしみ込んだ雪解け水が昼夜の気温差で溶解と凍結を繰り返し、大規模な崩壊を引き起こします。その岩が崩れ落ちる地響きは大山寺集落まで聞こえます。

岩壁の崩落は大山の春の風物詩。春を感じさせる壮大な自然現象です