本文へジャンプ

スタッフブログ:大山

「湿原守ろうプロジェクトin鏡ヶ成」に参加しました!

活動報告 / 2017.05.12

本日は、環境省中国四国地方環境事務所が主催する、奥大山鏡ヶ成の湿原再生プロジェクトの作業がありました。

詳しくはこちら
http://chushikoku.env.go.jp/to_2016/in_7.html

湿原景観の保全の為、湿原乾燥化の要因となるササや低木等の刈り取り、運搬等の作業を行いました。

参加者は、関係者や一般のボランティアの方など、総勢30名程となり、一生懸命に作業に取り組んでいらっしゃいました。

また、午後には、鳥取大学の学生から、鏡ヶ成湿原の現況や保全対策などの勉強会があり、参加者のみなさんが熱心に耳を傾けていました。

鏡ヶ成湿原は乾燥化が進んでおり、ササや低木等の刈り取り等を行うなど、人の手を入れることにより、湿原を保全しているというお話でした。

人の手が入ることによって守られる自然もあるということを再確認しました。

作業終了後に、擬宝珠山の森と草原の境に、たくさんのサンカヨウをみつけました。
サンカヨウは鋸歯の付いた大きな2枚の葉の先にかわいらしい白い小さな花を咲かせる奥山の植物です。

この自然豊かな鏡ヶ成が、さらに生物多様性や自然があふれる場所になってほしい・・・

参加者のみなさんのそんな想いを感じる一日でした。