本文へジャンプ

スタッフブログ:大山

大山でひな祭りスノーシュー

活動報告 / 2018.03.03


[春に向かって木々の新芽が動き始めている]

3月3日は五節句の上巳の節句にあたります。
ひな祭りが行われるため女の子のお祭りの日として認識されていますが、
もともとは老若男女が厄を払う日でした。
大山事業地では、春の気配を探しにスノーシューで大山の森に入り、
大山の聖域中の聖域である金門で雪のお雛様を作り厄を払うイベントを企画しました。


[上品な香りのダンコウバイのつぼみはもう咲きそう]

大山寺周辺の森で野鳥と冬芽を観察、大きなつぼみを付けたダンコウバイや新芽が膨らみつつあるコシアブラなどを観察しました。


[大山の北壁がお雛様の金の屏風のように美しく映えました。]

金門では雪像を作りひな祭りの飾り付け、お雛様に1年の厄払いと幸福を願いました。

4月上旬に近い陽気と素晴らしい晴天に恵まれ、参加者には大山を満喫していただきました。