本文へジャンプ

スタッフブログ:八幡平

2017年4月(8件)

4月17日「早春のスノーシュートレッキング巨木と沼めぐり」下見に行きました。

活動報告 / 2017.04.18


[VC裏のちょっといい場所]

沢筋の雪解けが進んだところには様々な植物の新芽が顔をのぞかせていました。水面に青空を映していい感じです。
もうちょっとで花々が咲き乱れるちょっといい場所です。


[怪しい穴のあるトチの木の巨木]

開けた場所にポツンと立っている1本のトチの木に怪しげな穴が開いています。クマが冬眠穴として使ったものです。ただし、使った跡で現在は使われていませんでした。穴の周辺には爪痕がいっぱい残っていました。この森ではクマ棚を一杯見ることができます。雪の上に残る足跡がそれを物語ってくれます。


[早春の「よんご沼」]

八幡平登山の人達が、かつてこの沼の畔で憩いました。沼の名前は、ちょうどこの場所が4合目だからこの名がついたようで、その訳を知ったらちょっと笑ってしまいます。
雪解けは沼のまわりから始まって、ぐるりと一回りの青い縁取りがついています。