本文へジャンプ

スタッフブログ:八幡平

5月8日ロングトレッキング「雪解けの毛せん峠に咲くガンコウラン」開催しました。

活動報告 / 2017.05.08


[長いのぼりを頑張り、「栂森」が見えてきました。]

出発地は雨。「ベコ谷地」を通った頃は曇りでした。そして、この「栂森」が近くなったころには青空が広がっていました。
来てよかった!という感動と、目的地が近付いた、ということの喜びが、こんなポーズになりました。右側には「秋田駒ケ岳」、その左には「岩手山」、そして「八幡平」。振り返ると「八甲田連峰」が見えています。


[ガンコウランの花確認中!]

雪の解けた「毛せん峠」で持参の虫眼鏡を使い、小さなガンコウランの花を確認しています。先週の時点では開花の確認は出来ていませんでした。「あっ!咲いてる!」


[小さなガンコウランの花]

雪解けの今の時期に咲くガンコウランの花を見るためにスノーシューでやってきました。この「毛せん峠」の名前の由来は、光合成を始める前の、まだ赤い姿のガンコウランがまるで緋毛せんのようであったから、とか。この花はとても小さくて、吹きさらしの中に咲いている姿が可愛くて、思わず笑顔になった瞬間でした。