本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ノハナショウブ

ノハナショウブ
[アヤメ科]
多年草。アヤメより花の色は紫が濃く、葉の中央の脈が太くて目立つ。最近では減少種になりつつある。外花被片の中央基部の黄色い斑紋が特徴的。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハルトラノオ

ハルトラノオ
[タデ科]
多年草。山地の林縁などに生育。花は淡紅色。長い花穂がトラの尾のようであることからこの名がついた。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:タマガワホトトギス

タマガワホトトギス
[ユリ科]
湿った林内に生える多年草で、高さ50cmくらいになる。黄色い花は、独特の形で褐色の模様がある。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:ハイノキ

ハイノキ
[ハイノキ科]
常緑高木。若葉を焼いて灰をつくったことからこの名がある。白い小さな花を多数つける。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ハマニガナ

ハマニガナ
[キク科]
海岸の砂地に生える多年草。葉は厚く、長い柄があり、砂をかぶってもすぐに茎を伸ばし砂の上にだす。
花の咲く季節:春・夏・秋

→詳細

写真:ホウチャクソウ

ホウチャクソウ
[ユリ科]
林の中に生える。50cmほどの斜上する茎にササの葉状の葉をつけ、茎の上部に1~3個の淡緑色を帯びた白花を下向きに咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:エゾトリカブト

エゾトリカブト
[キンポウゲ科]
高さ70~120cmの多年草。山地の広葉樹林や沢沿いを好む。烏帽子形の花をつけ、根だけでなく、蜜など全体が有毒である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:マイヅルソウ

マイヅルソウ
[ユリ科]
針葉樹林内に生える高さ10cmくらいの多年草。ハート形の葉の形から、ツルが舞う姿に見立ててこの名がついた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:マルバハギ

マルバハギ
[マメ科]
落葉低木。葉はらせん状につき、小葉は楕円形である。ススキの草原などで出合うと秋の深まりを感じさせる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:ミヤマアキノキリンソウ

ミヤマアキノキリンソウ
[キク科]
日当たりのよい登山道脇などで見られる多年草。アキノキリンソウに似るが、花は少し大きく茎頂に密集。総苞片は3列に並び、先がとがる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:フッキソウ

フッキソウ
[ツゲ科]
高さ20cmくらいの常緑低木だが、草のように見える。群生することあり、一面を覆う。果実は白い球形。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ミソガワソウ

ミソガワソウ
[シソ科]
多年草。茎は四角で直立し、上部の花穂に紫色の唇形の花をたくさんつける。特有の臭気がある。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ゴマナ

ゴマナ
[キク科]
高さ1m以上にもなる。葉がゴマの葉に似ることからこの名がついた。茎・葉ともに毛があり、ざらつく。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:コウゾリナ

コウゾリナ
[キク科]
明るい荒地などに多く、花は黄色。この地方では春芽を山菜として食用にされている。茎や葉に剛毛があり、非常にざらつく。
花の咲く季節:春・夏・秋

→詳細

写真:ヤチトリカブト

ヤチトリカブト
[キンポウゲ科]
湿地や湧水の水辺などに生える多年草で、高さ1~1.5mになる。猛毒のアルカロイドを含む有毒植物。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:アマドコロ

アマドコロ
[ユリ科]
明るい草地や林内で咲く、高さ50cmくらいの多年草。花は緑白色で筒状。若芽は食べると、甘くておいしい。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ツリガネニンジン

ツリガネニンジン
[キキョウ科]
日当たりのよいやや湿った草原などに生える。長く伸びた花茎に、淡紫色の釣鐘状の花を数段に輪生して咲かせる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:クサフジ

クサフジ
[マメ科]
原野や林縁、道端などに生える。つる状に伸びる茎や羽状の葉、赤紫色の花の色がフジの姿形に似ていることから名づけられた。
花の咲く季節:春・夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索