本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ウツボグサ

ウツボグサ
[シソ科]
道端や乾いたところに多く見られる。花は紫色で、茎の先につく。花穂が矢を入れるうつぼに似ていることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ホツツジ

ホツツジ
[ツツジ科]
花が穂状につくことからこの名がついた。雄しべは6個で雌しべは花の外へまっすぐに長くつきでる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ツバメオモト

ツバメオモト
[ユリ科]
薄暗い林内に生える多年草。楕円形の大葉が根元に数枚つく。数個の小花をつけ、花後に茎がさらに伸び、藍色の実をつける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ハナヒリノキ

ハナヒリノキ
[ツツジ科]
高さ40~150cmの落葉樹。小さな壷形の花が下向きに並んで咲き、実は上向きに結実。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:オオタカネバラ

オオタカネバラ
[バラ科]
落葉低木。花はその年に伸びた枝先に1花つけ、華やかな紅紫色で美しい。花後、紡錘形の実は赤く熟す。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:エゾエンゴサク

エゾエンゴサク
[ケシ科]
丘陵の明るい林下に生える。花は白色、淡青、紫と変化が多く、美しい。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:トチバニンジン

トチバニンジン
[ウコギ科]
多年草。葉がトチノキの葉に似ることから命名。1本の長い茎の先に、ネギ坊主のような花をつける。秋、赤い実が目立つ。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ヤシャブシ

ヤシャブシ
[カバノキ科]
落葉高木。日当たりのよい道沿いや斜面に見られる。早春、葉に先立って花を咲かせる。雄花は長い房が枝先より垂れ下がる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:エゾリンドウ

エゾリンドウ
[リンドウ科]
低山帯から亜高山帯の草地や湿地に生える多年草。花は濃紫色から淡紫色で美しく、しっかりした茎頂と上部の葉腋につく。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:オオシラビソ

オオシラビソ
[マツ科]
亜高山帯に分布する常緑針葉樹。風衝地では扁平な樹形となり、深雪地では雪の重みで枝が垂れ下がる。球果を上向きにつける。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:キタコブシ

キタコブシ
[モクレン科]
色のない早春の森に、白く大きな花を咲かせる。母種のコブシより、葉や花がやや大きい。名は集合果が握りこぶしに似ていることにちなむ。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ムラサキヤシオ

ムラサキヤシオ
[ツツジ科]
落葉低木。若枝や花柄に腺毛が生え、葉は枝先に輪生状につく。花は鮮やかな紅紫色で開葉と同時に咲く。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:オオカメノキ

オオカメノキ
[スイカズラ科]
落葉低木。葉の形がカメの甲羅に似ることからこの名がついた。密集する小さな花の周りを5つの装飾花が囲む。実は赤から黒く熟す。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:クリンソウ

クリンソウ
[サクラソウ科]
川沿いの林下に多く生え、観賞用にも栽培されている。赤い花が九段につくことから、この名がある。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ウンゼンツツジ

ウンゼンツツジ
[ツツジ科]
常緑小低木で、枝先に1個の小さな淡紅紫色の花をつける。雲仙の名が付くが、雲仙には自生しない。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:アカミノイヌツゲ

アカミノイヌツゲ
[モチノキ科]
林縁や湿原周辺に生える常緑低木。葉は卵形で革質、表面に光沢がある。花は白色。名のとおり、赤い実が印象的。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ミネヤナギ

ミネヤナギ
[ヤナギ科]
明るい岩礫地に生える落葉低木。樹形は環境で大きく変わり、高山では地を這い、低地では直立する。別名ミヤマヤナギ。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:フシグロセンノウ

フシグロセンノウ
[ナデシコ科]
円筒状のがく片に包まれ、花びらの朱赤色が草原に映える。茎の節は太く、紫黒色を帯びる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索