本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:エゾエンゴサク

エゾエンゴサク
[ケシ科]
丘陵の明るい林下に生える。花は白色、淡青、紫と変化が多く、美しい。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ナナカマド

ナナカマド
[バラ科]
落葉高木。白い小さな5弁花を多数つける。秋の赤い実と紅葉が美しい。燃えにくく、7回かまどに入れても燃え残ることからついた名。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ムラサキシキブ

ムラサキシキブ
[クマツヅラ科]
落葉低木。秋に紫色をした小粒の実をたくさんつける。初夏の頃に咲く淡紫色の花も美しい。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:クロマメノキ

クロマメノキ
[ツツジ科]
亜高山帯から高山帯の林縁などに生える、日本固有の落葉低木。実は粉白色を帯びた藍黒色に熟する。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:トウゲブキ

トウゲブキ
[キク科]
日当たりの良い草地で見られる多年草。葉は腎形で先が丸く、フキの葉を思わせる。長い花茎の先に黄色い花が数個つく。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:イワナシ

イワナシ
[ツツジ科]
林縁や草地に生える常緑小低木。枝先に淡紅色の花をつけ、小さなナシのような実がなる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ハルトラノオ

ハルトラノオ
[タデ科]
多年草。山地の林縁などに生育。花は淡紅色。長い花穂がトラの尾のようであることからこの名がついた。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ヨツバヒヨドリ

ヨツバヒヨドリ
[キク科]
ヒヨドリバナの変種で茎から3~4枚の葉が輪生するのが特徴。薄紫色の目立たない色の花をつける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ユキザサ

ユキザサ
[ユリ科]
林の中などに生える。総状に咲く雪の結晶を思わせる白い花と、ササのような葉の形から「雪笹」と名づけられた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:オオヤマザクラ

オオヤマザクラ
[バラ科]
別名ベニヤマザクラといわ紅色の花が美しい。また秋の紅葉も美しい。花は葉の展開と同時に咲く。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ
[ミズキ科]
針葉樹林の林床などに群落をつくってはえる常緑の多年草。茎頂の4枚の苞葉が1個の花のようにみえる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ヤマツツジ

ヤマツツジ
[ツツジ科]
半常緑低木。明るい林内や林縁、日当たりのよい尾根沿いなどに多い。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ミネヤナギ

ミネヤナギ
[ヤナギ科]
明るい岩礫地に生える落葉低木。樹形は環境で大きく変わり、高山では地を這い、低地では直立する。別名ミヤマヤナギ。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:アオノツガザクラ

アオノツガザクラ
[ツツジ科]
常緑小低木。針葉樹に見えるが、ツツジの仲間。花は壷形で下向きにつく。身は熟すと上向きになる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ヤマブドウ

ヤマブドウ
[ブドウ科]
つる性の落葉する木本。房状の実をつけ、実は黒紫に熟し、食用になる。秋は赤く葉が染まり美しい。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:センダイハギ

センダイハギ
[マメ科]
中部地方以北の海岸に自生する。名の由来は、歌舞伎の「伽羅先代萩」(めいぼくせんだいはぎ)にちなむ。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:イブキトラノオ

イブキトラノオ
[タデ科]
一本立ちの花は、小さなブラシのような円筒状。滋賀県の伊吹山に多いことから‘イブキ’の名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:クサフジ

クサフジ
[マメ科]
原野や林縁、道端などに生える。つる状に伸びる茎や羽状の葉、赤紫色の花の色がフジの姿形に似ていることから名づけられた。
花の咲く季節:春・夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索