本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ベニバナイチゴ

ベニバナイチゴ
[バラ科]
林縁で見られる落葉低木。幹に刺はない。濃紅色の花を下向きにつける。花弁は完全には開かない。実は赤く熟す。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:エゾノコンギク

エゾノコンギク
[キク科]
山野の草むらや路傍に生える。青紫色(紺色)の菊形の花の色にもとづく名で、「蝦夷(北海道)野紺菊」の意味である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ムラサキシキブ

ムラサキシキブ
[クマツヅラ科]
落葉低木。秋に紫色をした小粒の実をたくさんつける。初夏の頃に咲く淡紫色の花も美しい。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:イワタバコ

イワタバコ
[イワタバコ科]
多年草。葉の表面は光沢があって、しわが寄っている。湿った渓流の岸や岩場に生える。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハコネコメツツジ

ハコネコメツツジ
[ツツジ科]
落葉低木で、富士火山帯の特産種。火山裸地に適応し分化したツツジで、箱根が分布の中心。箱根町の天然記念物に指定されている。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ネムロコウホネ

ネムロコウホネ
[スイレン科]
水中から長い茎を伸ばし、大きな葉と黄色い可憐な花を水面に浮かべる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:アキノタムラソウ

アキノタムラソウ
[シソ科]
多年草。茎は四角い。‘アキノ’と名につくが、花は夏から秋にかけて長い期間咲き続ける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:チングルマ

チングルマ
[バラ科]
花が終わると長い毛をつけた実ができる。この実が風車のように見えることから「稚児車」の名がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ツブラジイ

ツブラジイ
[ブナ科]
暖地に自生する常緑高木で、香りの強い淡黄色の花をつける。実は翌年の秋に熟し、澱粉質を多く含んだ丸い堅果は食用になる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ヤマハハコ

ヤマハハコ
[キク科]
白い花びら状のものは総苞片といってがくのようなもの。本物の花は真ん中にある黄色い部分。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ジャケツイバラ

ジャケツイバラ
[マメ科]
枝には鋭いカギ状の針がある。この針を恐れてイノシシも後ずさりすることから「シシモドシ」の別名もある。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ヤブデマリ

ヤブデマリ
[スイカズラ科]
落葉低木。周りの大きくて不揃いな花は装飾花。果実は黒く熟す。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ツリガネニンジン

ツリガネニンジン
[キキョウ科]
日当たりのよいやや湿った草原などに生える。長く伸びた花茎に、淡紫色の釣鐘状の花を数段に輪生して咲かせる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:バイケイソウ

バイケイソウ
[ユリ科]
高さ60~150cmの多年草。春に緑白色の花を多数つける。根は殺虫剤に使用するほど強い毒性。早春に落ち葉の下から力強く芽を出す。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:モウセンゴケ

モウセンゴケ
[モウセンゴケ科]
湿潤な環境に生える食虫植物。触手の先にねばり気のある液を出し、小さな昆虫を捕らえる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ベニドウダン

ベニドウダン
[ツツジ科]
葉は枝先に輪状につき、葉が開いたあと鐘形の赤色またはピンクの花が房状に垂れ下がって咲く。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:アズキナシ

アズキナシ
[バラ科]
多数の白花は遠くからでもよく目立つ。若い枝や実は皮目が立ち、別名ハカリノメという。実はアズキのように赤い。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ガマズミ

ガマズミ
[スイカズラ科]
落葉低木。秋に熟した実が枝先を飾る。実は食べられる。葉は両面とも毛がある。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索