本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:シラネアオイ

シラネアオイ
[シラネアオイ科]
山地の明るい林下などに生える。淡赤紫色の美しい花で、花弁状に見えるのは大きな4枚のがく片である。日本固有種。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ゴンズイ

ゴンズイ
[ミツバウツギ科]
落葉小高木。夏に淡黄色の多数の花を咲かせる。秋には派手な赤い袋果をつけ、裂けると黒い種子が現れる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ホザキシモツケ

ホザキシモツケ
[バラ科]
やや湿った草原や林縁などに生える高さ1~2mの小低木。花茎の先にたくさんの淡紅色の小花を円錐状に咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:イワガラミ

イワガラミ
[ユキノシタ科]
樹木や岩に気根でからみ付いて生長する、つる性の木本。多くの小さな花の周りに、がく片1枚だけの白い飾り花が目立つ。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:オノエラン

オノエラン
[ラン科]
日当たりの良い草地に生える多年草。葉は長楕円形で根元に2枚つく。花は白色で2~5個が総状につく。日本固有種。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ヒメシャラ

ヒメシャラ
[ツツジ科]
落葉高木。花を見ると、ツバキの花だと納得する。秋が深まり、葉を落とした赤褐色の樹皮は、神秘的なものを感じる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ホタルブクロ

ホタルブクロ
[キキョウ科]
多年草。昔、子どもが花の中にホタルを入れて遊んだことから、この名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:モミジカラマツ

モミジカラマツ
[キンポウゲ科]
湿り気のある草地に生える多年草。根生葉は円形で掌状、茎葉は小さく無柄。花は花弁がなく、白く見えるのは雄しべである。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ミヤマキリシマ

ミヤマキリシマ
[ツツジ科]
九州山地の特産植物。ふつう標高1000m以上のところに生える。開花時期には一帯を紫紅色に染め上げる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:コバイケイソウ

コバイケイソウ
[ユリ科]
湿地に生える大型の多年草。葉は大きく広楕円形で、重なりあうようにつく。花は白色で、円錐状に多数咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ソバナ

ソバナ
[キキョウ科]
明るい林内に生える多年草で、高さ1mほど。青紫色の釣鐘状の花をつける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ツボスミレ

ツボスミレ
[スミレ科]
林内の湿ったところに咲くスミレ。白い小さな花には紫色の模様があり、ほかのスミレと見分けやすい。ツボは庭の意味。別名ニョイスミレ。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ
[ユリ科]
夏の湿原を彩る花の代表格。開花の数量は、年によって異なる。花は朝開いて、夕方にしぼむ1日花。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:イワヒゲ

イワヒゲ
[ツツジ科]
高さ5cmの常緑低木。高山の岩礫地などに生育する。うろこのような小さな葉が茎を取り巻く。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:フサザクラ

フサザクラ
[フサザクラ科]
落葉高木。大きい冬芽が特徴。早春、葉の出る前に一芽に多数の花をつける。名はフサザクラだが、サクラの仲間ではない。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ヤマエンゴサク

ヤマエンゴサク
[ケシ科]
早春の明るい林内に咲く高さ10cm前後の多年草。花の色は青紫や赤紫など変化が多い。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:イタヤカエデ

イタヤカエデ
[カエデ科]
葉がよく繁り、板屋根のように雨がもらないことからついた名。9~10月頃プロペラ状の実がなる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:キジムシロ

キジムシロ
[バラ科]
明るい林内や草原、路傍に生える。草丈5~30cmほどの茎が地を這うように伸び、5弁の黄色い花を咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索