本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ミヤコグサ

ミヤコグサ
[マメ科]
野原や路傍などに生える。20cmほどの茎が地を這うように伸び、花柄の先に黄色の小さなチョウ形の花を1~3個ずつ咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツユクサ

ツユクサ
[ツユクサ科]
路傍や荒地にかたまって生える。朝露を帯びたような水色の花が美しいことから「露草」と名づけられた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ショウジョウバカマ

ショウジョウバカマ
[ユリ科]
多年草。葉はロゼット状につき、枯れずに越冬する。花茎に鱗片状の葉がつき、薄紅色の花を数個球状につける。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:イソツツジ

イソツツジ
[ツツジ科]
名前に「イソ」とつくが、海とは関係がない高山植物。「エゾ」がなまって「イソ」になったともいわれている。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:オオシラビソ

オオシラビソ
[マツ科]
亜高山帯に分布する常緑針葉樹。風衝地では扁平な樹形となり、深雪地では雪の重みで枝が垂れ下がる。球果を上向きにつける。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:クガイソウ

クガイソウ
[ゴマノハグサ科]
先のとがった一本立ちの濃い青紫の花。葉は数枚の輪生で、段状につくことからこの名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:アキノタムラソウ

アキノタムラソウ
[シソ科]
多年草。茎は四角い。‘アキノ’と名につくが、花は夏から秋にかけて長い期間咲き続ける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ヨツバヒヨドリ

ヨツバヒヨドリ
[キク科]
ヒヨドリバナの変種で茎から3~4枚の葉が輪生するのが特徴。薄紫色の目立たない色の花をつける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:キンミズヒキ

キンミズヒキ
[バラ科]
ミズヒキとは別種の多年草。黄色の細長い花穂を、金色の水引に見立てた名前。実には、かぎ状の刺があり、人にくっつく。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:オオバギボウシ

オオバギボウシ
[ユリ科]
多年草。葉は広い卵形で、高さが1mにもなる。イワギボウシ、コバギボウシと並んで日本の固有の植物とされている。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:エゾリンドウ

エゾリンドウ
[リンドウ科]
低山帯から亜高山帯の草地や湿地に生える多年草。花は濃紫色から淡紫色で美しく、しっかりした茎頂と上部の葉腋につく。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ハリブキ

ハリブキ
[ウコギ科]
刺だらけの植物の代表格。夏に枝先白花を多数つける。秋に実が赤熟し、葉の間から抜け出る。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ハシドイ

ハシドイ
[モクセイ科]
白色の花が円錐状に多数つく。葉は対生で広卵形。裏面脈状に短毛がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:カニコウモリ

カニコウモリ
[キク科]
亜高山帯の針葉樹林内などに群生する多年草。葉がカニの甲羅のように見えることから、この名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:アオモジ

アオモジ
[クスノキ科]
落葉小高木。南方系の植物で九州の西側に多く分布。雌雄異株でオスの花のほうが多い。咲く時節から「卒業花」とも呼ばれる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ハクサンシャジン

ハクサンシャジン
[キキョウ科]
別名タカネツリガネニンジン。葉は節ごとに数枚輪生する。紫色で鐘形の花は、茎の上部に輪状につく。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:シシウド

シシウド
[セリ科]
多年草。草原や日当たりのよい林縁に生育する。花茎の先に放射状に花をつける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:マツムシソウ

マツムシソウ
[マツムシソウ科]
夏の終わった高原に淡い紫色の花を咲かせる越年草。この花が風にゆれるさまを見ると、秋の訪れを感じる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索