本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:カンボク

カンボク
[スイカズラ科]
高さ3m前後の落葉低木で、林内に散在する。花期には白い装飾花が目立ち、葉は3つに浅く切れ込む。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ハナヒリノキ

ハナヒリノキ
[ツツジ科]
高さ40~150cmの落葉樹。小さな壷形の花が下向きに並んで咲き、実は上向きに結実。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハナシノブ

ハナシノブ
[ハナシノブ科]
山地の草原に生える多年草。葉をシダ植物のシノブに例え、この名がついた。青紫色のかわいらしい花を咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:サルメンエビネ

サルメンエビネ
[ラン科]
高さ30~50cmの多年草。林内のうす暗い場所に生育。名は赤茶色を帯びた花、その中央の隆起をサルの顔(猿面)に見立てた。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:オニシモツケ

オニシモツケ
[バラ科]
湿地や沢沿いに生育する。花は白の中に薄いピンクが混じり、淡い色合いが美しい。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:タニウツギ

タニウツギ
[スイカズラ科]
高さ2~3mの落葉低木で日本固有種。ラッパ状の花が密集する。未熟な実は小さなバナナのよう。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:タラノキ

タラノキ
[ウコギ科]
木の花が少なくなった頃、このタラノキの花が見頃となる。日の当るところを好み、道路脇にもよく見られる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ネコノシタ

ネコノシタ
[キク科]
葉の感触が猫の舌に似ていることから。海岸の砂地に生える多年草で、茎の先に頭花を1つつける。別名ハマグルマ。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ミツバアケビ

ミツバアケビ
[アケビ科]
落葉つる性植物。赤紫の小さな花で、果実は10cm足らずの長楕円形で縦に裂ける。食用になる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:シシウド

シシウド
[セリ科]
多年草。草原や日当たりのよい林縁に生育する。花茎の先に放射状に花をつける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:リョウブ

リョウブ
[リョウブ科]
落葉高木。樹皮がなめらかで、黄褐色と灰褐色のまだら模様よく目立つ。最近は公園などに植えられることが多い。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:イワヒゲ

イワヒゲ
[ツツジ科]
高さ5cmの常緑低木。高山の岩礫地などに生育する。うろこのような小さな葉が茎を取り巻く。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:イワカガミ

イワカガミ
[イワウメ科]
登山道脇の草地などで見られる常緑多年草。葉は円形で光沢がある。花茎の先に淡紅色のラッパ形の花を数個つける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:オオバキスミレ

オオバキスミレ
[スミレ科]
雪国を代表する日本の特産種。適度に湿った落葉樹林に多く見られ、花の後につき出す距が短い。葉は主に茎の上部に数枚つく。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ナニワズ(ナツボウズ)

ナニワズ(ナツボウズ)
[ジンチョウゲ科]
別名「ナツボウズ」と呼ばれて、夏になると葉を落とす。早春に咲く花からは独自の強い匂いがする。
花の咲く季節:春・冬

→詳細


写真:シモツケ

シモツケ
[バラ科]
落葉低木で日当たりのよい歩道沿いで見られる。枝先に小さな花が多数集まって咲く。生け花の材料に使われる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:コケモモ

コケモモ
[ツツジ科]
光沢のある葉が特徴である。赤い実は熟すと酸味もあり、ジャムにすると非常においしい。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ミヤマリンドウ

ミヤマリンドウ
[リンドウ科]
亜高山帯から高山帯の日当たりの良い湿地に生える多年草。日光が当るとよく開花する。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索