本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:アヤメ

アヤメ
[アヤメ科]
草原に生える多年草で、花は紫色でトラフ模様がある。葉の中脈はあるが、目立たない。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:オトギリソウ

オトギリソウ
[オトギリソウ科]
高さ30~60cmの多年草。この草をタカの傷薬に使っていた兄が、その秘密を漏らした弟を切ったとする平安時代の伝説がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:マルバシモツケ

マルバシモツケ
[バラ科]
枝先に白い小さな花を密集させる。小さな花びらのわりに非常に長い雄しべが目立つ。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:コアジサイ

コアジサイ
[ユキノシタ科]
落葉低木。派手な装飾花のないアジサイで、樹林内でひっそり生える姿は奥ゆかしい。芳香を放つ。葉の大きな三角状の鋸歯が特徴的。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:カニコウモリ

カニコウモリ
[キク科]
亜高山帯の針葉樹林内などに群生する多年草。葉がカニの甲羅のように見えることから、この名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ウメバチソウ

ウメバチソウ
[ユキノシタ科]
日当たりの良い湿地に生える多年草。花茎は直立し、茎を抱く1枚の葉と1個の白い花が梅鉢の紋に似ることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:ホウチャクソウ

ホウチャクソウ
[ユリ科]
林の中に生える。50cmほどの斜上する茎にササの葉状の葉をつけ、茎の上部に1~3個の淡緑色を帯びた白花を下向きに咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ヒメイチゲ

ヒメイチゲ
[キンポウゲ科]
雪が解け、森の土がゆるむと去年の落ち葉の間から細い茎の先端に白い花を一輪つける。亜高山から高山に生える多年草。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ミツバオウレン

ミツバオウレン
[キンポウゲ科]
オオシラビソの林床などに生える常緑多年草。葉は光沢のある3出複葉。白くて花弁状のものはがく片で、花びらは小さく目立たない。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:イワオトギリ

イワオトギリ
[オトギリソウ科]
山頂付近の岩や草地に生える多年草。花は鮮黄色。葉を透かして見ると、全体に黒点が散らばり、明点も少し交じる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:キバナアキギリ

キバナアキギリ
[シソ科]
多年草。この季節に黄色い花は少ないので、樹林内などで目立つ。葉の形がキリの木の葉に似ることから、この名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:アカモノ

アカモノ
[ツツジ科]
日当たりの良い草地、岩礫地に生育する常緑小低木。赤い実が美しい。別名イワハゼ。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ミヤマアキノキリンソウ

ミヤマアキノキリンソウ
[キク科]
日当たりのよい登山道脇などで見られる多年草。アキノキリンソウに似るが、花は少し大きく茎頂に密集。総苞片は3列に並び、先がとがる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ
[ユリ科]
夏の湿原を彩る花の代表格。開花の数量は、年によって異なる。花は朝開いて、夕方にしぼむ1日花。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:オオシラビソ

オオシラビソ
[マツ科]
亜高山帯に分布する常緑針葉樹。風衝地では扁平な樹形となり、深雪地では雪の重みで枝が垂れ下がる。球果を上向きにつける。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:イワウメ

イワウメ
[イワウメ科]
高さ3cmの常緑低木。高山の岩礫地に生育する。花はウメの花に似て1.5cmほど。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:イワカガミ

イワカガミ
[イワウメ科]
登山道脇の草地などで見られる常緑多年草。葉は円形で光沢がある。花茎の先に淡紅色のラッパ形の花を数個つける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ハルリンドウ

ハルリンドウ
[リンドウ科]
2年草。日当たりの良い、やや湿り気のあるところに生育する草原性の植物。青紫色の可憐な花を咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索