本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:エゾノリュウキンカ

エゾノリュウキンカ
[キンポウゲ科]
低地から高山の湿った草原、水際などに生える。株状に出る茎は太いがやわらかい。大きな葉は腎形で、縁に粗い鋸歯がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ミヤマシキミ

ミヤマシキミ
[ミカン科]
常緑小低木。山の木陰に群生する。白い小さな花が集まって咲き、香りがある。深紅の美しい実は有毒。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:タンナサワフタギ

タンナサワフタギ
[ハイノキ科]
落葉低木。枝の先に白色の花を多数つける。樹皮はうろこ状にはがれ、幹が白いのでよく見分けられる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:イワカガミ

イワカガミ
[イワウメ科]
登山道脇の草地などで見られる常緑多年草。葉は円形で光沢がある。花茎の先に淡紅色のラッパ形の花を数個つける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:シャシャンボ

シャシャンボ
[ツツジ科]
常緑低木。釣鐘状の小さな花(小小ん坊の名)をつける。秋には小さな黒紫色の実をつける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:オニシモツケ

オニシモツケ
[バラ科]
湿地や沢沿いに生育する。花は白の中に薄いピンクが混じり、淡い色合いが美しい。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:メイゲツソウ

メイゲツソウ
[タデ科]
イタドリの中で、花や果実の紅色のものをこのように呼ぶ。荒地に早々と侵入する先駆植物。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:コヨウラクツツジ

コヨウラクツツジ
[ツツジ科]
登山道沿いの明るい林内でよく見られる落葉低木。葉は枝先にまとまってつく。花は赤褐色の壷形で開葉と同時に枝先に数個つける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ヤマブドウ

ヤマブドウ
[ブドウ科]
つる性の落葉する木本。房状の実をつけ、実は黒紫に熟し、食用になる。秋は赤く葉が染まり美しい。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:コアジサイ

コアジサイ
[ユキノシタ科]
落葉低木。派手な装飾花のないアジサイで、樹林内でひっそり生える姿は奥ゆかしい。芳香を放つ。葉の大きな三角状の鋸歯が特徴的。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ツルシキミ

ツルシキミ
[ミカン科]
ミヤマシキミに似るが、茎の下部が地を這い、頭部が直立する。晩秋にかけて熟す実は見事。有毒植物。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:イワイチョウ

イワイチョウ
[リンドウ科]
湿原で見られる多年草。葉は厚く、光沢のある腎円形。花茎の先に白色で花冠が深く5裂したろうと形の花を数個つける。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:リンドウ

リンドウ
[リンドウ科]
秋の代表的な花。茎は意外と細く、しばしば花の重みに耐えかねて横になっている姿を見かける。
花の咲く季節:秋

→詳細

写真:ナミキソウ

ナミキソウ
[シソ科]
漢字で「波来草」。波が打ち寄せるような海岸に生えることから、この名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:コバノガマズミ

コバノガマズミ
[スイカズラ科]
落葉低木。日当たりの良いところに多く見られる。やや垂れ下がった果実は紅熟する。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ハイマツ

ハイマツ
[マツ科]
高山の短い夏と厳しい環境のため、種子が成熟するまでに2年も費やす。雪の重みにも耐えられるように幹はしなやかで弾力がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:キンミズヒキ

キンミズヒキ
[バラ科]
ミズヒキとは別種の多年草。黄色の細長い花穂を、金色の水引に見立てた名前。実には、かぎ状の刺があり、人にくっつく。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:クサギ

クサギ
[クマツヅラ科]
葉や枝は、傷をつけると特有の臭いがするが、花は芳香がある。秋に熟す。赤い星形のがくと紫青色の実は羽子板の羽根のよう。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索