本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ウンゼンツツジ

ウンゼンツツジ
[ツツジ科]
常緑小低木で、枝先に1個の小さな淡紅紫色の花をつける。雲仙の名が付くが、雲仙には自生しない。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ハイマツ

ハイマツ
[マツ科]
高山の短い夏と厳しい環境のため、種子が成熟するまでに2年も費やす。雪の重みにも耐えられるように幹はしなやかで弾力がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:エゾミソハギ

エゾミソハギ
[ミソハギ科]
日当たりの良い湿地や小川の縁などに群生する。1mを超える背丈に生長し、紅紫色のたくさんの花が穂状に咲く。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:キオン

キオン
[キク科]
明るい林内や路傍に咲いて、花の少ない晩夏の山を鮮やかな黄色で飾る。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ツルリンドウ

ツルリンドウ
[リンドウ科]
林内の木陰などに生える。細長い茎が地上を這ったり、ほかの植物にからみついて伸びる。楕円形の赤紫色の実がみのる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ムラサキヤシオ

ムラサキヤシオ
[ツツジ科]
落葉低木。若枝や花柄に腺毛が生え、葉は枝先に輪生状につく。花は鮮やかな紅紫色で開葉と同時に咲く。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ミツバオウレン

ミツバオウレン
[キンポウゲ科]
オオシラビソの林床などに生える常緑多年草。葉は光沢のある3出複葉。白くて花弁状のものはがく片で、花びらは小さく目立たない。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ヤマザクラ

ヤマザクラ
[バラ科]
落葉高木。一芽に多数の花をつける。葉も開花と同時に咲き始める。日本のサクラの代表。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:エゾトリカブト

エゾトリカブト
[キンポウゲ科]
高さ70~120cmの多年草。山地の広葉樹林や沢沿いを好む。烏帽子形の花をつけ、根だけでなく、蜜など全体が有毒である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:ウワミズザクラ

ウワミズザクラ
[バラ科]
サクラといっても花は多数の白い花が集まり穂のようになる。枝を切ると強い臭気を放つ。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:キクザキイチゲ

キクザキイチゲ
[キンポウゲ科]
丘陵地の明るい林の下で見られる。花は白または淡紫色であるが、花弁はなく10枚前後のがく片が花弁のように見える。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ゴンズイ

ゴンズイ
[ミツバウツギ科]
落葉小高木。夏に淡黄色の多数の花を咲かせる。秋には派手な赤い袋果をつけ、裂けると黒い種子が現れる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ツルアジサイ

ツルアジサイ
[ユキノシタ科]
つる性の木で、ほかの木の幹に巻きつくように育つ。白い飾り花があり、アジサイの花に似る。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:フッキソウ

フッキソウ
[ツゲ科]
高さ20cmくらいの常緑低木だが、草のように見える。群生することあり、一面を覆う。果実は白い球形。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:オオバキスミレ

オオバキスミレ
[スミレ科]
雪国を代表する日本の特産種。適度に湿った落葉樹林に多く見られ、花の後につき出す距が短い。葉は主に茎の上部に数枚つく。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:トキソウ

トキソウ
[ラン科]
湿原に散生する多年草。高さ10~20cmになり、茎の先端にトキの羽に似た薄紅色の花をつける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ヤナギラン

ヤナギラン
[アカバナ科]
明るい草原や荒地に生える。背丈は1~1.5mになり、美しい花と葉の形から「柳蘭」の名がついているが、ランの仲間ではない。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ワチガイソウ

ワチガイソウ
[ナデシコ科]
山地の木陰に生える多年草。茎に1~2列の毛がある。白い5花弁の花を咲かす。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索