本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:キオン

キオン
[キク科]
明るい林内や路傍に咲いて、花の少ない晩夏の山を鮮やかな黄色で飾る。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ミツバツツジ

ミツバツツジ
[ツツジ科]
高さ2mほどの落葉低木。新緑の中にやや淡い桃色の花をつける。花の時期に3枚の葉を上に向けてつけるため、この名がある。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲ
[モクレン科]
落葉小高木。優雅な白い花を咲かせ、周囲に芳香を漂わせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:メイゲツソウ

メイゲツソウ
[タデ科]
イタドリの中で、花や果実の紅色のものをこのように呼ぶ。荒地に早々と侵入する先駆植物。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハンカイソウ

ハンカイソウ
[キク科]
多年草。やや湿った草原に生育する。高さ1m以上になる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:コマクサ

コマクサ
[ケマンソウ科]
高山帯の砂礫地に生える多年草。花の形が馬の顔に似ていることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ホツツジ

ホツツジ
[ツツジ科]
花が穂状につくことからこの名がついた。雄しべは6個で雌しべは花の外へまっすぐに長くつきでる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ガンコウラン

ガンコウラン
[ガンコウラン科]
高山植物で雪解けとともオレンジ色の花を咲かせる。秋の実は紫色で葉に似合わず大きい。食べると甘酸っぱい。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:アオノツガザクラ

アオノツガザクラ
[ツツジ科]
常緑小低木。針葉樹に見えるが、ツツジの仲間。花は壷形で下向きにつく。身は熟すと上向きになる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ヒヨドリバナ

ヒヨドリバナ
[キク科]
日当たりのよい草地や路傍などに生える。ヒヨドリが鳴く頃に花が咲き出すことから名づけられた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ハリブキ

ハリブキ
[ウコギ科]
刺だらけの植物の代表格。夏に枝先白花を多数つける。秋に実が赤熟し、葉の間から抜け出る。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウ
[イチヤクソウ科]
高さ10~20cmの常緑の多年草。強心抗菌に一番よく効く薬草として「一薬草」の名がある。葉から出た汁などに効用があるという。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:バイケイソウ

バイケイソウ
[ユリ科]
高さ60~150cmの多年草。春に緑白色の花を多数つける。根は殺虫剤に使用するほど強い毒性。早春に落ち葉の下から力強く芽を出す。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:リョウブ

リョウブ
[リョウブ科]
落葉高木。樹皮がなめらかで、黄褐色と灰褐色のまだら模様よく目立つ。最近は公園などに植えられることが多い。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハナイカダ

ハナイカダ
[ミズキ科]
落葉低木。葉の中央に緑白色の小さな花をつける。実は夏になると黒く熟す。雌雄異株。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:オオハナウド

オオハナウド
[セリ科]
疎林の中や林縁に生える草丈1~2mにもなる大型の多年草。たくさんの小花を散形に咲かせ、大きな群落をつくることがある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:トキソウ

トキソウ
[ラン科]
湿原に散生する多年草。高さ10~20cmになり、茎の先端にトキの羽に似た薄紅色の花をつける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ
[ミズキ科]
針葉樹林の林床などに群落をつくってはえる常緑の多年草。茎頂の4枚の苞葉が1個の花のようにみえる。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索