本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:イワナシ

イワナシ
[ツツジ科]
林縁や草地に生える常緑小低木。枝先に淡紅色の花をつけ、小さなナシのような実がなる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:シナノキ

シナノキ
[シナノキ科]
白い花に見えるのは飾り葉で、実が落ちるときはこの飾り葉が回転しながら落ちる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハクサンフウロ

ハクサンフウロ
[フウロソウ科]
亜高山から高山の日当たりの良い草地に生える多年草。葉は掌状に5~7裂し、裏面に毛がある。がく片の開出毛は少ない。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ミツガシワ

ミツガシワ
[リンドウ科]
湿原や池沼の水辺に生える水生多年草。長い柄の先につく3枚の葉がカシワの葉に似る。花冠は5裂し、内側に白い毛が密生する。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ノギラン

ノギラン
[ユリ科]
高さ20~40cmの多年草。花と茎、葉が赤茶色となる。山地の砂礫や草地に生育する。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:シャシャンボ

シャシャンボ
[ツツジ科]
常緑低木。釣鐘状の小さな花(小小ん坊の名)をつける。秋には小さな黒紫色の実をつける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:アキノキリンソウ

アキノキリンソウ
[キク科]
黄金色の花を総状に多数つける。秋風が吹く頃が花の咲く時期である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ハクウンボク

ハクウンボク
[エゴノキ科]
落葉小高木。白い花が樹上一面に咲く様子を白雲に見立てたことから命名。葉は大きく円形。実は丸く穂をなして垂れ下がる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツルシキミ

ツルシキミ
[ミカン科]
ミヤマシキミに似るが、茎の下部が地を這い、頭部が直立する。晩秋にかけて熟す実は見事。有毒植物。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ノコンギク

ノコンギク
[キク科]
明るい林内や道端に多く見られる多年草。花の色は白っぽいものから紫色まで様々である。ヨメナに似るが、葉に毛が密生していて堅い。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:オトコヨウゾメ

オトコヨウゾメ
[スイカズラ科]
落葉低木。花は垂れ下がって白く淡紅色がかる。秋に赤い実がやはり垂れ下がってつく。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ベニドウダン

ベニドウダン
[ツツジ科]
葉は枝先に輪状につき、葉が開いたあと鐘形の赤色またはピンクの花が房状に垂れ下がって咲く。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:シラネアオイ

シラネアオイ
[シラネアオイ科]
山地の明るい林下などに生える。淡赤紫色の美しい花で、花弁状に見えるのは大きな4枚のがく片である。日本固有種。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ホザキシモツケ

ホザキシモツケ
[バラ科]
やや湿った草原や林縁などに生える高さ1~2mの小低木。花茎の先にたくさんの淡紅色の小花を円錐状に咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:クガイソウ

クガイソウ
[ゴマノハグサ科]
先のとがった一本立ちの濃い青紫の花。葉は数枚の輪生で、段状につくことからこの名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:モミジガサ

モミジガサ
[キク科]
多年草。山地の林下に群落で生育する。白色の小さな花を円錐形に多数つける。葉は傘のようで、モミジ状に裂ける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ワタスゲ

ワタスゲ
[カヤツリグサ科]
目立たない花が終わると、綿毛状の実をつける。群生することが多く、湿原を白く覆う。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:コミヤマカタバミ

コミヤマカタバミ
[カタバミ科]
針葉樹林内で見られる多年草。葉はハート形で睡眠運動をする。花は白色で紅紫色の筋が入るが、筋がごく淡いものもある。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索