本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ホツツジ

ホツツジ
[ツツジ科]
花が穂状につくことからこの名がついた。雄しべは6個で雌しべは花の外へまっすぐに長くつきでる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:コオニユリ

コオニユリ
[ユリ科]
多年草。オニユリより小型で、花は下向きに咲く。オニユリは葉のつけ根にむかごをつけるが、コオニユリはつけない。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ハルリンドウ

ハルリンドウ
[リンドウ科]
2年草。日当たりの良い、やや湿り気のあるところに生育する草原性の植物。青紫色の可憐な花を咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:キリシマミツバツツジ

キリシマミツバツツジ
[ツツジ科]
落葉低木。霧島山や大隈山などに分布する。花柄や葉柄に毛が多い。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:エイザンスミレ

エイザンスミレ
[スミレ科]
葉は大きく3つに裂け、それぞれさらに細かい切れ込みがある。花は淡い紅色。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:カキドオシ

カキドオシ
[シソ科]
道端などに生えるつる性の多年草。つる状の茎が垣根の間をくぐり抜けるほど伸びることから名づけられた。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ホンシャクナゲ

ホンシャクナゲ
[ツツジ科]
薄暗い針葉樹の斜面に群生する常緑低木で、高さ3m前後。ピンク色の綺麗な花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:シラネアオイ

シラネアオイ
[シラネアオイ科]
山地の明るい林下などに生える。淡赤紫色の美しい花で、花弁状に見えるのは大きな4枚のがく片である。日本固有種。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:シロバナトウウチソウ

シロバナトウウチソウ
[バラ科]
開けた草地に生える多年草。花は白色、花弁状のがく片と雄しべが穂状に密集してつく。花穂の上から下に咲き進む。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:イブキトラノオ

イブキトラノオ
[タデ科]
一本立ちの花は、小さなブラシのような円筒状。滋賀県の伊吹山に多いことから‘イブキ’の名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:アサヒラン

アサヒラン
[ラン科]
湿地に生える多年草。葉は長披針形で基部は茎を抱く。7月頃、茎の先に鮮やかな紅紫色の花を1個つける。別名サワラン。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:クサノオウ

クサノオウ
[ケシ科]
林縁の明るい草地や荒地などに生える。茎や葉を切ると黄色い液が出ることから「草の黄(クサノオウ)」と名づけられた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ツルアジサイ

ツルアジサイ
[ユキノシタ科]
つる性の木で、ほかの木の幹に巻きつくように育つ。白い飾り花があり、アジサイの花に似る。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ウメバチソウ

ウメバチソウ
[ユキノシタ科]
日当たりの良い湿地に生える多年草。花茎は直立し、茎を抱く1枚の葉と1個の白い花が梅鉢の紋に似ることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ウバユリ

ウバユリ
[ユリ科]
花期に葉が枯れていることから、歯(葉)がない老婆とかけ、この名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:アブラチャン

アブラチャン
[クスノキ科]
落葉低木。春、葉に先立って小さな花をつける。夏になると小さな丸い果実がよく目立つ。樹皮や果実には多くの油を含む。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:シラタマノキ

シラタマノキ
[ツツジ科]
花は白色で壷形。夏から秋にかけて熟す白色の果実がこの名の由来。サロメチールの匂いがする。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ナミキソウ

ナミキソウ
[シソ科]
漢字で「波来草」。波が打ち寄せるような海岸に生えることから、この名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索