本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:コツクバネウツギ

コツクバネウツギ
[スイカズラ科]
落葉低木。薄黄色でラッパ形の花をつける。新枝は赤味を帯びている。ツクバネウツギの萼片は5個あるのに対し、コツクバネウツギは2~3個。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツルリンドウ

ツルリンドウ
[リンドウ科]
林内の木陰などに生える。細長い茎が地上を這ったり、ほかの植物にからみついて伸びる。楕円形の赤紫色の実がみのる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:エゾエンゴサク

エゾエンゴサク
[ケシ科]
丘陵の明るい林下に生える。花は白色、淡青、紫と変化が多く、美しい。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:マルバハギ

マルバハギ
[マメ科]
落葉低木。葉はらせん状につき、小葉は楕円形である。ススキの草原などで出合うと秋の深まりを感じさせる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:クロウスゴ

クロウスゴ
[ツツジ科]
林縁などに生育する落葉低木。花は葉のわきにつき赤褐色を帯び、壷形。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ヤグルマソウ

ヤグルマソウ
[ユキノシタ科]
湿地に群生する大型の多年草。名前は葉がこいのぼりに使う矢車に似ることからつけられた。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ネコノメソウ

ネコノメソウ
[ユキノシタ科]
沢沿いや林間のやや湿った場所に生える。草丈は5~20cmほどで、やわらかい茎の頂に黄緑色のがく片と黄色い花弁の小花をつける。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:シロドウダン

シロドウダン
[ツツジ科]
落葉低木のツツジの仲間。花はクリーム色で釣鐘状。紅色の花も少ないが見られる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ニリンソウ

ニリンソウ
[キンポウゲ科]
明るい林縁などに群落をつくる。名前のように2輪の白い花を咲かせるが、1花や3花のものも見られる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:トキソウ

トキソウ
[ラン科]
湿原に散生する多年草。高さ10~20cmになり、茎の先端にトキの羽に似た薄紅色の花をつける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ホザキシモツケ

ホザキシモツケ
[バラ科]
やや湿った草原や林縁などに生える高さ1~2mの小低木。花茎の先にたくさんの淡紅色の小花を円錐状に咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:リョウブ

リョウブ
[リョウブ科]
落葉高木。樹皮がなめらかで、黄褐色と灰褐色のまだら模様よく目立つ。最近は公園などに植えられることが多い。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ギンリョウソウ

ギンリョウソウ
[イチヤクソウ科]
高さ8~20cmの腐生植物で暗い林中に生育。葉緑素をもたず、半透明な白色の花をつける。葉の退化したうろこ状の突起が多数つく。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ホウチャクソウ

ホウチャクソウ
[ユリ科]
林の中に生える。50cmほどの斜上する茎にササの葉状の葉をつけ、茎の上部に1~3個の淡緑色を帯びた白花を下向きに咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:マメザクラ

マメザクラ
[バラ科]
落葉小高木のサクラで、富士箱根地区の特産植物。花を一芽に2個下向きに咲かせ、乙女の愛らしさを感じる。別名フジザクラ。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:アカイタヤ

アカイタヤ
[カエデ科]
「春もみじ」の代表樹。葉の芽吹き(赤褐色)に先立ち、薄黄緑色の花を多数つけ、ひときわ目立つ。秋の紅葉も美しい。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:カタクリ

カタクリ
[ユリ科]
落葉樹林の下に見られる。昔は鱗茎から片栗粉をとっていた。花が咲くまでに7~8年かかる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ノリウツギ

ノリウツギ
[ユキノシタ科]
落葉低木で日当たりのよい斜面や湿地を好んで生える。内皮から和紙を作る際の糊を採ったので、この名前がある。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索