本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ニリンソウ

ニリンソウ
[キンポウゲ科]
明るい林縁などに群落をつくる。名前のように2輪の白い花を咲かせるが、1花や3花のものも見られる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:カタクリ

カタクリ
[ユリ科]
落葉樹林の下に見られる。昔は鱗茎から片栗粉をとっていた。花が咲くまでに7~8年かかる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:オヤマリンドウ

オヤマリンドウ
[リンドウ科]
花は先端に2つ3つつける。亜高山帯の草地などに生える。葉は対生し、裏面は粉白色を帯びる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:モミジガサ

モミジガサ
[キク科]
多年草。山地の林下に群落で生育する。白色の小さな花を円錐形に多数つける。葉は傘のようで、モミジ状に裂ける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:トリアシショウマ

トリアシショウマ
[ユキノシタ科]
林縁や道沿いに、姿が似ているヤマブキショウマより少し遅れて咲く多年草。展開前の3出複葉の姿が鳥の足に似る。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ウバユリ

ウバユリ
[ユリ科]
花期に葉が枯れていることから、歯(葉)がない老婆とかけ、この名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:シロバナトウウチソウ

シロバナトウウチソウ
[バラ科]
開けた草地に生える多年草。花は白色、花弁状のがく片と雄しべが穂状に密集してつく。花穂の上から下に咲き進む。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:フッキソウ

フッキソウ
[ツゲ科]
高さ20cmくらいの常緑低木だが、草のように見える。群生することあり、一面を覆う。果実は白い球形。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ウラジロヨウラク

ウラジロヨウラク
[ツツジ科]
山地に生える落葉低木。葉は枝先に輪生状につき、裏面は緑白色。紅紫色の筒状鐘形の花を枝先に数個、下向きにつける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ヤマハハコ

ヤマハハコ
[キク科]
白い花びら状のものは総苞片といってがくのようなもの。本物の花は真ん中にある黄色い部分。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:シウリザクラ

シウリザクラ
[バラ科]
高木で枝先に白い花を列をなしてつける。少し地味だが味わいがある花。実は熟すと黒くなる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツクシショウジョウバカマ

ツクシショウジョウバカマ
[ユリ科]
多年草。草丈15cmほどで茎の先端に数個集まって白色または薄赤紫色の花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:センダイハギ

センダイハギ
[マメ科]
中部地方以北の海岸に自生する。名の由来は、歌舞伎の「伽羅先代萩」(めいぼくせんだいはぎ)にちなむ。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ヤマホタルブクロ

ヤマホタルブクロ
[キキョウ科]
明るい草地や道端に生える多年草で、高さ50cmくらい。筒状の大きな花が目立つ。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:クロウスゴ

クロウスゴ
[ツツジ科]
林縁などに生育する落葉低木。花は葉のわきにつき赤褐色を帯び、壷形。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:コウボウムギ

コウボウムギ
[カヤツリグサ科]
海岸の砂地に生える多年草。古い葉鞘の繊維を筆に使ったといわれ、書道の達人である弘法大師にちなんだもの。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:マイヅルソウ

マイヅルソウ
[ユリ科]
針葉樹林内に生える高さ10cmくらいの多年草。ハート形の葉の形から、ツルが舞う姿に見立ててこの名がついた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ワチガイソウ

ワチガイソウ
[ナデシコ科]
山地の木陰に生える多年草。茎に1~2列の毛がある。白い5花弁の花を咲かす。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索