本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:イヌタデ

イヌタデ
[タデ科]
路傍や荒地などに群生する。別名「アカノマンマ」は、小さな粒状の赤花をままごと遊びの赤飯にたとえたもの。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ミヤマシャジン

ミヤマシャジン
[キキョウ科]
亜高山帯~高山帯の岩礫地に生える多年草。がく片は全縁。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ハマボウフウ

ハマボウフウ
[セリ科]
根が中国のかぜ薬と効用が似ていることから「防風」の名がついた。白い小さな花が集まって咲く。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ハクサンシャクナゲ

ハクサンシャクナゲ
[ツツジ科]
高さ2~3mの常緑低木で革質の葉をつける。白色または淡紅色の花を枝先につける。アズマシャクナゲと違い、葉の裏面は無毛。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:オオウバユリ

オオウバユリ
[ユリ科]
高さ1.5mの多年草。ラッパ形の花を10~20個横向きにつける。湿った木陰に生え、ときに群生する。1つの花に種は約500枚。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ムシトリスミレ

ムシトリスミレ
[タヌキモ科]
湿った草地に生える多年性の食虫植物。葉はロゼット状に広がり、花はスミレに似た青紫色。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ハマヒルガオ

ハマヒルガオ
[ヒルガオ科]
海岸の砂地に生えるつる性の多年草。茎は砂の上を這い、なにかあれば巻きついて広がる。淡紅色のアサガオに似た花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ハナシノブ

ハナシノブ
[ハナシノブ科]
山地の草原に生える多年草。葉をシダ植物のシノブに例え、この名がついた。青紫色のかわいらしい花を咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:リョウブ

リョウブ
[リョウブ科]
落葉高木。樹皮がなめらかで、黄褐色と灰褐色のまだら模様よく目立つ。最近は公園などに植えられることが多い。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:スズラン

スズラン
[ユリ科]
山野や明るい草原に生える。花は白く、実は赤く熟す。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:サワギキョウ

サワギキョウ
[キキョウ科]
8~9月頃に水辺に咲く紫の鮮やかな花。しばしば大きな群落をつくる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ミヤマリンドウ

ミヤマリンドウ
[リンドウ科]
亜高山帯から高山帯の日当たりの良い湿地に生える多年草。日光が当るとよく開花する。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:アセビ

アセビ
[ツツジ科]
常緑低木または常緑小高木。やや乾燥した山地に多く生える。花は壷形で、先は浅く5裂する。有毒植物。
花の咲く季節:春・冬

→詳細

写真:コメツツジ

コメツツジ
[ツツジ科]
明るい岩礫地に生える落葉低木。葉は広楕円形で枝先に集まってつく。花序は散房状で白い花を2~4個つける。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:エゾノリュウキンカ

エゾノリュウキンカ
[キンポウゲ科]
低地から高山の湿った草原、水際などに生える。株状に出る茎は太いがやわらかい。大きな葉は腎形で、縁に粗い鋸歯がある。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ゴンズイ

ゴンズイ
[ミツバウツギ科]
落葉小高木。夏に淡黄色の多数の花を咲かせる。秋には派手な赤い袋果をつけ、裂けると黒い種子が現れる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ワタスゲ

ワタスゲ
[カヤツリグサ科]
目立たない花が終わると、綿毛状の実をつける。群生することが多く、湿原を白く覆う。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ミヤママタタビ

ミヤママタタビ
[マタタビ科]
上部につく葉は花期に表面が白くなり、花が終わる頃にはピンク色になる。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索