本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:クロヅル

クロヅル
[ニシキギ科]
両性花と雄花があり、花は5数性。3個の翼をもつ翼果をつけるのが特徴。枝に不明瞭な稜がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:キンコウカ

キンコウカ
[ユリ科]
湿原で見られる花。葉は剣状の線形。黄色い花を穂状に多数つけ、黄金色に輝いて見えるので、「金光花」と名づけられた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:センダイハギ

センダイハギ
[マメ科]
中部地方以北の海岸に自生する。名の由来は、歌舞伎の「伽羅先代萩」(めいぼくせんだいはぎ)にちなむ。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:モウセンゴケ

モウセンゴケ
[モウセンゴケ科]
湿潤な環境に生える食虫植物。触手の先にねばり気のある液を出し、小さな昆虫を捕らえる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウ
[イチヤクソウ科]
高さ10~20cmの常緑の多年草。強心抗菌に一番よく効く薬草として「一薬草」の名がある。葉から出た汁などに効用があるという。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:コミヤマカタバミ

コミヤマカタバミ
[カタバミ科]
針葉樹林内で見られる多年草。葉はハート形で睡眠運動をする。花は白色で紅紫色の筋が入るが、筋がごく淡いものもある。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:シモツケ

シモツケ
[バラ科]
落葉低木で日当たりのよい歩道沿いで見られる。枝先に小さな花が多数集まって咲く。生け花の材料に使われる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ゲンノショウコ

ゲンノショウコ
[フウロソウ科]
日当たりのよい歩道沿いなどに群生する。煎じて飲むと腹痛に効くといわれ「現の証拠」という名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ツルリンドウ

ツルリンドウ
[リンドウ科]
林内の木陰などに生える。細長い茎が地上を這ったり、ほかの植物にからみついて伸びる。楕円形の赤紫色の実がみのる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:キブシ

キブシ
[キブシ科]
落葉低木。淡黄色のかんざしのように枝に垂れて咲く姿が印象的。種子は五倍子(フシ)の代用とし、黒の染料にされる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ユキザサ

ユキザサ
[ユリ科]
林の中などに生える。総状に咲く雪の結晶を思わせる白い花と、ササのような葉の形から「雪笹」と名づけられた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ハクサンシャジン

ハクサンシャジン
[キキョウ科]
別名タカネツリガネニンジン。葉は節ごとに数枚輪生する。紫色で鐘形の花は、茎の上部に輪状につく。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:クルマユリ

クルマユリ
[ユリ科]
林縁や草地に生える。茎の中ほどにつく葉が車輪のように見える。花は橙赤色、花被片の内側に紫褐色の斑点があり、先は強く反り返る。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:トモエソウ

トモエソウ
[オトギリソウ科]
湿原や湿った林内に生える多年草で、高さ1mくらいになる。黄色い花の形が、巴形によじれていることから名づけられた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ツクシヒトツバテンナンショウ

ツクシヒトツバテンナンショウ
[サトイモ科]
多年草。初夏に緑色の筋が入った仏炎苞の花が咲く。秋に真っ赤な実がつく。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ネコノシタ

ネコノシタ
[キク科]
葉の感触が猫の舌に似ていることから。海岸の砂地に生える多年草で、茎の先に頭花を1つつける。別名ハマグルマ。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:イワヒゲ

イワヒゲ
[ツツジ科]
高さ5cmの常緑低木。高山の岩礫地などに生育する。うろこのような小さな葉が茎を取り巻く。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ツタウルシ

ツタウルシ
[ウルシ科]
気根で他木に這い登る落葉つる性植物。3枚の葉が特徴的。日本に自生するウルシ属の中でもっともかぶれる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索