本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:チシマフウロ

チシマフウロ
[フウロソウ科]
花は淡い色で花びらは5枚。茎や葉柄に荒い毛がある。登山道沿いで見られる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ
[ミズキ科]
針葉樹林の林床などに群落をつくってはえる常緑の多年草。茎頂の4枚の苞葉が1個の花のようにみえる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ノギラン

ノギラン
[ユリ科]
高さ20~40cmの多年草。花と茎、葉が赤茶色となる。山地の砂礫や草地に生育する。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:カリガネソウ

カリガネソウ
[クマツヅラ科]
紫色の細く反りかえった姿が印象的な花。もし、誤って触ってしまったらその香りもまた忘れがたいものになるに違いない。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲ
[モクレン科]
落葉小高木。優雅な白い花を咲かせ、周囲に芳香を漂わせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツルキジムシロ

ツルキジムシロ
[バラ科]
日当たりのよい草原に生える。和名はキジが座る「むしろ」に見立てたもの。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ミツバツツジ

ミツバツツジ
[ツツジ科]
高さ2mほどの落葉低木。新緑の中にやや淡い桃色の花をつける。花の時期に3枚の葉を上に向けてつけるため、この名がある。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ナツツバキ

ナツツバキ
[ツバキ科]
落葉高木。樹皮は赤褐色で薄くはがれる。初夏、5枚の花弁の繊細な白い花を咲かせる。 
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ヤマブキ

ヤマブキ
[バラ科]
落葉低木。鮮やかな黄色の花を咲かせる。山地の川沿いなど、湿ったところにふつうに見られるが、花は散りやすい。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ヤマボウシ

ヤマボウシ
[ミズキ科]
落葉高木。花は小さな花が多数集まった球形。基部の総苞片が白また赤色を帯び、花びらのように見える。実は食用。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:モミジカラマツ

モミジカラマツ
[キンポウゲ科]
湿り気のある草地に生える多年草。根生葉は円形で掌状、茎葉は小さく無柄。花は花弁がなく、白く見えるのは雄しべである。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:カンボク

カンボク
[スイカズラ科]
高さ3m前後の落葉低木で、林内に散在する。花期には白い装飾花が目立ち、葉は3つに浅く切れ込む。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ホンシャクナゲ

ホンシャクナゲ
[ツツジ科]
薄暗い針葉樹の斜面に群生する常緑低木で、高さ3m前後。ピンク色の綺麗な花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:キブシ

キブシ
[キブシ科]
落葉低木。淡黄色のかんざしのように枝に垂れて咲く姿が印象的。種子は五倍子(フシ)の代用とし、黒の染料にされる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ツボスミレ

ツボスミレ
[スミレ科]
林内の湿ったところに咲くスミレ。白い小さな花には紫色の模様があり、ほかのスミレと見分けやすい。ツボは庭の意味。別名ニョイスミレ。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ハコネギク

ハコネギク
[キク科]
多年草。ブナ帯上部の風の強い日当たりのよい岩場や草原に生える。総苞片を触るとねばる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:マツムシソウ

マツムシソウ
[マツムシソウ科]
夏の終わった高原に淡い紫色の花を咲かせる越年草。この花が風にゆれるさまを見ると、秋の訪れを感じる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ミヤマリンドウ

ミヤマリンドウ
[リンドウ科]
亜高山帯から高山帯の日当たりの良い湿地に生える多年草。日光が当るとよく開花する。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索