本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:シロバナエンレイソウ

シロバナエンレイソウ
[ユリ科]
比較的明るい林の中などに生える。高さ20~30cmの茎の先に3枚の大きな葉が輪生し、茎頂に3弁の白い花を1個咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:クサボケ

クサボケ
[バラ科]
落葉低木。花は朱赤色でよく目立つ。果実は黄熟すると酸味のきいた香りを出す。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ハンゴンソウ

ハンゴンソウ
[キク科]
湿地や明るい林内に生える大型の多年草で、高さ1m以上、ときに2mにもなる。葉は3~7深裂し、特徴的。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:バイケイソウ

バイケイソウ
[ユリ科]
高さ60~150cmの多年草。春に緑白色の花を多数つける。根は殺虫剤に使用するほど強い毒性。早春に落ち葉の下から力強く芽を出す。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:キリシマミツバツツジ

キリシマミツバツツジ
[ツツジ科]
落葉低木。霧島山や大隈山などに分布する。花柄や葉柄に毛が多い。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ヤマシグレ

ヤマシグレ
[スイカズラ科]
落葉低木。初夏に紅色に帯びた小さな花を多数咲かせて、赤い実をつける。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ツクシヒトツバテンナンショウ

ツクシヒトツバテンナンショウ
[サトイモ科]
多年草。初夏に緑色の筋が入った仏炎苞の花が咲く。秋に真っ赤な実がつく。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ネコノシタ

ネコノシタ
[キク科]
葉の感触が猫の舌に似ていることから。海岸の砂地に生える多年草で、茎の先に頭花を1つつける。別名ハマグルマ。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:メギ

メギ
[メギ科]
落葉低木。初夏に直径5~6mmの小さな淡黄色の花をつける。秋に小さな赤い実が見られる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:クロマメノキ

クロマメノキ
[ツツジ科]
亜高山帯から高山帯の林縁などに生える、日本固有の落葉低木。実は粉白色を帯びた藍黒色に熟する。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:シロドウダン

シロドウダン
[ツツジ科]
落葉低木のツツジの仲間。花はクリーム色で釣鐘状。紅色の花も少ないが見られる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ハルトラノオ

ハルトラノオ
[タデ科]
多年草。山地の林縁などに生育。花は淡紅色。長い花穂がトラの尾のようであることからこの名がついた。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ヒヨドリバナ

ヒヨドリバナ
[キク科]
日当たりのよい草地や路傍などに生える。ヒヨドリが鳴く頃に花が咲き出すことから名づけられた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ハナシノブ

ハナシノブ
[ハナシノブ科]
山地の草原に生える多年草。葉をシダ植物のシノブに例え、この名がついた。青紫色のかわいらしい花を咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ショウジョウバカマ

ショウジョウバカマ
[ユリ科]
多年草。葉はロゼット状につき、枯れずに越冬する。花茎に鱗片状の葉がつき、薄紅色の花を数個球状につける。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ネコヤナギ

ネコヤナギ
[ヤナギ科]
落葉低木。河川の中州や山野の水辺に生える。花穂は葉の展開前に出る。ふっくらした花序を猫のしっぽに見立て名づけられた。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:エンレイソウ

エンレイソウ
[ユリ科]
高さ30cmほどの茎の先に3枚の葉を広げ、紫褐色の花を1個咲かせる。種から花が咲くまで10数年かかるといわれる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:イワガラミ

イワガラミ
[ユキノシタ科]
樹木や岩に気根でからみ付いて生長する、つる性の木本。多くの小さな花の周りに、がく片1枚だけの白い飾り花が目立つ。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索