本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:クリンソウ

クリンソウ
[サクラソウ科]
川沿いの林下に多く生え、観賞用にも栽培されている。赤い花が九段につくことから、この名がある。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:シャシャンボ

シャシャンボ
[ツツジ科]
常緑低木。釣鐘状の小さな花(小小ん坊の名)をつける。秋には小さな黒紫色の実をつける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ムラサキヤシオ

ムラサキヤシオ
[ツツジ科]
落葉低木。若枝や花柄に腺毛が生え、葉は枝先に輪生状につく。花は鮮やかな紅紫色で開葉と同時に咲く。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ハナシノブ

ハナシノブ
[ハナシノブ科]
山地の草原に生える多年草。葉をシダ植物のシノブに例え、この名がついた。青紫色のかわいらしい花を咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ウメバチソウ

ウメバチソウ
[ユキノシタ科]
日当たりの良い湿地に生える多年草。花茎は直立し、茎を抱く1枚の葉と1個の白い花が梅鉢の紋に似ることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ハコネコメツツジ

ハコネコメツツジ
[ツツジ科]
落葉低木で、富士火山帯の特産種。火山裸地に適応し分化したツツジで、箱根が分布の中心。箱根町の天然記念物に指定されている。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:イブキトラノオ

イブキトラノオ
[タデ科]
一本立ちの花は、小さなブラシのような円筒状。滋賀県の伊吹山に多いことから‘イブキ’の名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ジャケツイバラ

ジャケツイバラ
[マメ科]
枝には鋭いカギ状の針がある。この針を恐れてイノシシも後ずさりすることから「シシモドシ」の別名もある。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ニワトコ

ニワトコ
[スイカズラ科]
落葉低木。小さな葉には変化があり、葉裏は無毛。シイカシ帯~ブナ帯に見られ、初々しい新緑が春の始まりを感じさせる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:シウリザクラ

シウリザクラ
[バラ科]
高木で枝先に白い花を列をなしてつける。少し地味だが味わいがある花。実は熟すと黒くなる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ウゴアザミ

ウゴアザミ
[キク科]
山頂付近で見られる多年草。葉は全縁から深裂するものまで変異が多く、縁に刺が多くつく。葉のつけ根が茎に沿って下に流れる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:キンミズヒキ

キンミズヒキ
[バラ科]
ミズヒキとは別種の多年草。黄色の細長い花穂を、金色の水引に見立てた名前。実には、かぎ状の刺があり、人にくっつく。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:アケボノソウ

アケボノソウ
[リンドウ科]
日当たりのよい草原や湿地に見られる。白い花弁の先端部に濃い緑褐色の斑点があり、それを夜明けの空に見立てこの名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ヤマブキショウマ

ヤマブキショウマ
[バラ科]
多年草。葉は2回3出複葉で小葉は広披針形。花は複総状花序に小さな白花を密につける。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ヒメシャクナゲ

ヒメシャクナゲ
[ツツジ科]
湿原に生える常緑小低木。丈が低く、幹に細長い革質の葉が互生する。紅色を帯びた白い壷上の花を数個吊り下げる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:カナクギノキ

カナクギノキ
[クスノキ科]
落葉小高木。初春に葉の展開と同時に薄黄色の壷形の花を咲かせる。老木になると樹皮が粗くはげ、鹿の子模様にみえる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:コツクバネウツギ

コツクバネウツギ
[スイカズラ科]
落葉低木。薄黄色でラッパ形の花をつける。新枝は赤味を帯びている。ツクバネウツギの萼片は5個あるのに対し、コツクバネウツギは2~3個。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:イヌタデ

イヌタデ
[タデ科]
路傍や荒地などに群生する。別名「アカノマンマ」は、小さな粒状の赤花をままごと遊びの赤飯にたとえたもの。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索