本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:オトコエシ

オトコエシ
[オミナエシ科]
多年草で秋の七草の一つ。オミナエシは「女の花」とし、白い花と丈夫な茎を持つ本種を「男花」とした。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:タテヤマリンドウ

タテヤマリンドウ
[リンドウ科]
根生葉は卵形。茎はふつう分枝しない。青紫色の花が茎頂に1個つき、晴天に開き、曇ってくると閉じる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:コガクウツギ

コガクウツギ
[ユキノシタ科]
落葉低木。アジサイの仲間らしく、装飾花をもつ白い花を咲かせる。明るい丘陵や低山の斜面に生える。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ベニサラサドウダン

ベニサラサドウダン
[ツツジ科]
林内に生える落葉低木。葉は楕円形から倒卵形で、枝先に輪生状に集まってつく。花は鐘形で総状に多数つく。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ネジバナ

ネジバナ
[ラン科]
別名モジズリ。日当たりの良い野原の芝地や河原、公園の芝生などに生える。花は茎の上部にらせん状に多数つける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツクシショウジョウバカマ

ツクシショウジョウバカマ
[ユリ科]
多年草。草丈15cmほどで茎の先端に数個集まって白色または薄赤紫色の花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ハコネギク

ハコネギク
[キク科]
多年草。ブナ帯上部の風の強い日当たりのよい岩場や草原に生える。総苞片を触るとねばる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:オノエラン

オノエラン
[ラン科]
日当たりの良い草地に生える多年草。葉は長楕円形で根元に2枚つく。花は白色で2~5個が総状につく。日本固有種。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:イワショウブ

イワショウブ
[ユリ科]
湿原で見られる多年草。白色の小花が1節に2~3個ずつつく。花茎の上部と花が粘るので、小さな虫が貼りつくことがある。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:カタクリ

カタクリ
[ユリ科]
落葉樹林の下に見られる。昔は鱗茎から片栗粉をとっていた。花が咲くまでに7~8年かかる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:コオニユリ

コオニユリ
[ユリ科]
多年草。オニユリより小型で、花は下向きに咲く。オニユリは葉のつけ根にむかごをつけるが、コオニユリはつけない。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ホウチャクソウ

ホウチャクソウ
[ユリ科]
林の中に生える。50cmほどの斜上する茎にササの葉状の葉をつけ、茎の上部に1~3個の淡緑色を帯びた白花を下向きに咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:アマドコロ

アマドコロ
[ユリ科]
明るい草地や林内で咲く、高さ50cmくらいの多年草。花は緑白色で筒状。若芽は食べると、甘くておいしい。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:イタヤカエデ

イタヤカエデ
[カエデ科]
葉がよく繁り、板屋根のように雨がもらないことからついた名。9~10月頃プロペラ状の実がなる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ヒヨドリバナ

ヒヨドリバナ
[キク科]
日当たりのよい草地や路傍などに生える。ヒヨドリが鳴く頃に花が咲き出すことから名づけられた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:フシグロセンノウ

フシグロセンノウ
[ナデシコ科]
円筒状のがく片に包まれ、花びらの朱赤色が草原に映える。茎の節は太く、紫黒色を帯びる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:コウボウムギ

コウボウムギ
[カヤツリグサ科]
海岸の砂地に生える多年草。古い葉鞘の繊維を筆に使ったといわれ、書道の達人である弘法大師にちなんだもの。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツルウメモドキ

ツルウメモドキ
[ニシキギ科]
つる性の落葉する木本。雌雄異株。秋に熟す実は、赤と黄色のコントラストが美しく、生花の材料などに使われる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索