本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:フシグロセンノウ

フシグロセンノウ
[ナデシコ科]
円筒状のがく片に包まれ、花びらの朱赤色が草原に映える。茎の節は太く、紫黒色を帯びる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ダイモンジソウ

ダイモンジソウ
[ユキノシタ科]
多年草。湿気のある岩上を好んで生育する。花弁、特に下の2枚が大きく、白色の花が大の字形に咲くところから名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:オオシラビソ

オオシラビソ
[マツ科]
亜高山帯に分布する常緑針葉樹。風衝地では扁平な樹形となり、深雪地では雪の重みで枝が垂れ下がる。球果を上向きにつける。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ソバナ

ソバナ
[キキョウ科]
明るい林内に生える多年草で、高さ1mほど。青紫色の釣鐘状の花をつける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ハクサンフウロ

ハクサンフウロ
[フウロソウ科]
亜高山から高山の日当たりの良い草地に生える多年草。葉は掌状に5~7裂し、裏面に毛がある。がく片の開出毛は少ない。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハルリンドウ

ハルリンドウ
[リンドウ科]
2年草。日当たりの良い、やや湿り気のあるところに生育する草原性の植物。青紫色の可憐な花を咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:キクザキイチゲ

キクザキイチゲ
[キンポウゲ科]
丘陵地の明るい林の下で見られる。花は白または淡紫色であるが、花弁はなく10枚前後のがく片が花弁のように見える。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:コオニユリ

コオニユリ
[ユリ科]
多年草。オニユリより小型で、花は下向きに咲く。オニユリは葉のつけ根にむかごをつけるが、コオニユリはつけない。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ヒメイチゲ

ヒメイチゲ
[キンポウゲ科]
雪が解け、森の土がゆるむと去年の落ち葉の間から細い茎の先端に白い花を一輪つける。亜高山から高山に生える多年草。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ハマニガナ

ハマニガナ
[キク科]
海岸の砂地に生える多年草。葉は厚く、長い柄があり、砂をかぶってもすぐに茎を伸ばし砂の上にだす。
花の咲く季節:春・夏・秋

→詳細

写真:シナノキ

シナノキ
[シナノキ科]
白い花に見えるのは飾り葉で、実が落ちるときはこの飾り葉が回転しながら落ちる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:モミジカラマツ

モミジカラマツ
[キンポウゲ科]
湿り気のある草地に生える多年草。根生葉は円形で掌状、茎葉は小さく無柄。花は花弁がなく、白く見えるのは雄しべである。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:アキノキリンソウ

アキノキリンソウ
[キク科]
黄金色の花を総状に多数つける。秋風が吹く頃が花の咲く時期である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:メイゲツソウ

メイゲツソウ
[タデ科]
イタドリの中で、花や果実の紅色のものをこのように呼ぶ。荒地に早々と侵入する先駆植物。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ヒトリシズカ

ヒトリシズカ
[センリョウ科]
光沢のある葉の間に白い花が立つ姿から、静御前の舞い姿にたとえて、この名がある。多年草で林の中や草地に群落で見られる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ヤマジノホトトギス

ヤマジノホトトギス
[ユリ科]
高さ30~60cmの多年草。名は、花や茎の根元の葉にある斑点が鳥のホトトギスの腹の斑紋に似ていることから。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:キタゴヨウ

キタゴヨウ
[マツ科]
常緑高木。葉は5葉性で長さ6~10cm、ヒメコマツよりやや長い。球果は卵形。雌雄同株。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ネコノメソウ

ネコノメソウ
[ユキノシタ科]
沢沿いや林間のやや湿った場所に生える。草丈は5~20cmほどで、やわらかい茎の頂に黄緑色のがく片と黄色い花弁の小花をつける。
花の咲く季節:春

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索