本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ヒカゲツツジ

ヒカゲツツジ
[ツツジ科]
常緑低木。葉の展開後に淡い黄色の花をつける。葉はシャクナゲに似ている。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:オオヤマザクラ

オオヤマザクラ
[バラ科]
別名ベニヤマザクラといわ紅色の花が美しい。また秋の紅葉も美しい。花は葉の展開と同時に咲く。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ハナシノブ

ハナシノブ
[ハナシノブ科]
山地の草原に生える多年草。葉をシダ植物のシノブに例え、この名がついた。青紫色のかわいらしい花を咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ノビネチドリ

ノビネチドリ
[ラン科]
高さ20~60cmの多年草。葉の縁が波打ち、穂状に花がつく。名の由来は花の形がチドリの飛ぶ姿に似ているから。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:モミジカラマツ

モミジカラマツ
[キンポウゲ科]
湿り気のある草地に生える多年草。根生葉は円形で掌状、茎葉は小さく無柄。花は花弁がなく、白く見えるのは雄しべである。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ミズナラ

ミズナラ
[ブナ科]
樹皮は縦に大きな割れ目ができる。秋に楕円形のドングリがなり、リスなどが好んで食べる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:イワヒゲ

イワヒゲ
[ツツジ科]
高さ5cmの常緑低木。高山の岩礫地などに生育する。うろこのような小さな葉が茎を取り巻く。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:クサノオウ

クサノオウ
[ケシ科]
林縁の明るい草地や荒地などに生える。茎や葉を切ると黄色い液が出ることから「草の黄(クサノオウ)」と名づけられた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ハマニガナ

ハマニガナ
[キク科]
海岸の砂地に生える多年草。葉は厚く、長い柄があり、砂をかぶってもすぐに茎を伸ばし砂の上にだす。
花の咲く季節:春・夏・秋

→詳細


写真:エゾノコンギク

エゾノコンギク
[キク科]
山野の草むらや路傍に生える。青紫色(紺色)の菊形の花の色にもとづく名で、「蝦夷(北海道)野紺菊」の意味である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ジャケツイバラ

ジャケツイバラ
[マメ科]
枝には鋭いカギ状の針がある。この針を恐れてイノシシも後ずさりすることから「シシモドシ」の別名もある。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ミヤマホツツジ

ミヤマホツツジ
[ツツジ科]
山頂付近で見られる落葉低木。葉は倒卵形で先が丸い。花は枝先に数個咲く。花冠は3裂し、裂片は反り返る。長い雌しべの先は上に曲がる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ツリガネニンジン

ツリガネニンジン
[キキョウ科]
日当たりのよいやや湿った草原などに生える。長く伸びた花茎に、淡紫色の釣鐘状の花を数段に輪生して咲かせる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:アカイタヤ

アカイタヤ
[カエデ科]
「春もみじ」の代表樹。葉の芽吹き(赤褐色)に先立ち、薄黄緑色の花を多数つけ、ひときわ目立つ。秋の紅葉も美しい。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ハクサンシャジン

ハクサンシャジン
[キキョウ科]
別名タカネツリガネニンジン。葉は節ごとに数枚輪生する。紫色で鐘形の花は、茎の上部に輪状につく。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:カタクリ

カタクリ
[ユリ科]
落葉樹林の下に見られる。昔は鱗茎から片栗粉をとっていた。花が咲くまでに7~8年かかる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:モウセンゴケ

モウセンゴケ
[モウセンゴケ科]
湿潤な環境に生える食虫植物。触手の先にねばり気のある液を出し、小さな昆虫を捕らえる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:アキノタムラソウ

アキノタムラソウ
[シソ科]
多年草。茎は四角い。‘アキノ’と名につくが、花は夏から秋にかけて長い期間咲き続ける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索