本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ヒメイチゲ

ヒメイチゲ
[キンポウゲ科]
雪が解け、森の土がゆるむと去年の落ち葉の間から細い茎の先端に白い花を一輪つける。亜高山から高山に生える多年草。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ハシドイ

ハシドイ
[モクセイ科]
白色の花が円錐状に多数つく。葉は対生で広卵形。裏面脈状に短毛がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハナシノブ

ハナシノブ
[ハナシノブ科]
山地の草原に生える多年草。葉をシダ植物のシノブに例え、この名がついた。青紫色のかわいらしい花を咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ
[ミズキ科]
針葉樹林の林床などに群落をつくってはえる常緑の多年草。茎頂の4枚の苞葉が1個の花のようにみえる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ホツツジ

ホツツジ
[ツツジ科]
花が穂状につくことからこの名がついた。雄しべは6個で雌しべは花の外へまっすぐに長くつきでる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ゲンノショウコ

ゲンノショウコ
[フウロソウ科]
日当たりのよい歩道沿いなどに群生する。煎じて飲むと腹痛に効くといわれ「現の証拠」という名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:トキソウ

トキソウ
[ラン科]
湿原に散生する多年草。高さ10~20cmになり、茎の先端にトキの羽に似た薄紅色の花をつける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:オオバスノキ

オオバスノキ
[ツツジ科]
高さ1mほどになる落葉低木。実は紫黒色に熟す。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:オオバミゾホオズキ

オオバミゾホオズキ
[ゴマノハグサ科]
沢沿いに群生している多年草で、黄色の花は足下一面を埋め尽くす。根茎は横に這い、地上茎は直立して枝分かれしない。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:メギ

メギ
[メギ科]
落葉低木。初夏に直径5~6mmの小さな淡黄色の花をつける。秋に小さな赤い実が見られる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:イワイチョウ

イワイチョウ
[リンドウ科]
湿原で見られる多年草。葉は厚く、光沢のある腎円形。花茎の先に白色で花冠が深く5裂したろうと形の花を数個つける。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ツマトリソウ

ツマトリソウ
[サクラソウ科]
山道の林下に見られる多年草。葉は茎の上部に互生し、輪生状に見える。花びらに赤い縁取りが入ることから「褄取草」という。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:アキノタムラソウ

アキノタムラソウ
[シソ科]
多年草。茎は四角い。‘アキノ’と名につくが、花は夏から秋にかけて長い期間咲き続ける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ヤシャブシ

ヤシャブシ
[カバノキ科]
落葉高木。日当たりのよい道沿いや斜面に見られる。早春、葉に先立って花を咲かせる。雄花は長い房が枝先より垂れ下がる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウ
[イチヤクソウ科]
高さ10~20cmの常緑の多年草。強心抗菌に一番よく効く薬草として「一薬草」の名がある。葉から出た汁などに効用があるという。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:クリンソウ

クリンソウ
[サクラソウ科]
川沿いの林下に多く生え、観賞用にも栽培されている。赤い花が九段につくことから、この名がある。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:エゾノリュウキンカ

エゾノリュウキンカ
[キンポウゲ科]
低地から高山の湿った草原、水際などに生える。株状に出る茎は太いがやわらかい。大きな葉は腎形で、縁に粗い鋸歯がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ネムロコウホネ

ネムロコウホネ
[スイレン科]
水中から長い茎を伸ばし、大きな葉と黄色い可憐な花を水面に浮かべる。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索