本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:サルナシ

サルナシ
[マタタビ科]
キウイフルーツの仲間で、10~11月にキウイのような味のおいしい実をつける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:フシグロセンノウ

フシグロセンノウ
[ナデシコ科]
円筒状のがく片に包まれ、花びらの朱赤色が草原に映える。茎の節は太く、紫黒色を帯びる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ハイノキ

ハイノキ
[ハイノキ科]
常緑高木。若葉を焼いて灰をつくったことからこの名がある。白い小さな花を多数つける。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:イワイチョウ

イワイチョウ
[リンドウ科]
湿原で見られる多年草。葉は厚く、光沢のある腎円形。花茎の先に白色で花冠が深く5裂したろうと形の花を数個つける。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハコネコメツツジ

ハコネコメツツジ
[ツツジ科]
落葉低木で、富士火山帯の特産種。火山裸地に適応し分化したツツジで、箱根が分布の中心。箱根町の天然記念物に指定されている。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:サンショウバラ

サンショウバラ
[バラ科]
落葉低木または落葉小高木で、富士箱根地区の特産植物。美しさは野生バラの王様だ。箱根町ではハコネバラとして町の花に指定。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:キクザキイチゲ

キクザキイチゲ
[キンポウゲ科]
丘陵地の明るい林の下で見られる。花は白または淡紫色であるが、花弁はなく10枚前後のがく片が花弁のように見える。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ホザキシモツケ

ホザキシモツケ
[バラ科]
やや湿った草原や林縁などに生える高さ1~2mの小低木。花茎の先にたくさんの淡紅色の小花を円錐状に咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:サルメンエビネ

サルメンエビネ
[ラン科]
高さ30~50cmの多年草。林内のうす暗い場所に生育。名は赤茶色を帯びた花、その中央の隆起をサルの顔(猿面)に見立てた。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ハナヒリノキ

ハナヒリノキ
[ツツジ科]
高さ40~150cmの落葉樹。小さな壷形の花が下向きに並んで咲き、実は上向きに結実。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:コマクサ

コマクサ
[ケマンソウ科]
高山帯の砂礫地に生える多年草。花の形が馬の顔に似ていることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ミネザクラ

ミネザクラ
[バラ科]
葉と同時に花を咲かせる落葉高木。高山のサクラの意味で高嶺桜とも呼ばれる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲ
[モクレン科]
落葉小高木。優雅な白い花を咲かせ、周囲に芳香を漂わせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ゴンズイ

ゴンズイ
[ミツバウツギ科]
落葉小高木。夏に淡黄色の多数の花を咲かせる。秋には派手な赤い袋果をつけ、裂けると黒い種子が現れる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:アキノキリンソウ

アキノキリンソウ
[キク科]
黄金色の花を総状に多数つける。秋風が吹く頃が花の咲く時期である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:ハマカンゾウ

ハマカンゾウ
[ユリ科]
暖地の海岸沿いの岩場や草地に生える多年草。葉は厚く、冬でも枯れずに残る。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:タマガワホトトギス

タマガワホトトギス
[ユリ科]
湿った林内に生える多年草で、高さ50cmくらいになる。黄色い花は、独特の形で褐色の模様がある。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ツリガネニンジン

ツリガネニンジン
[キキョウ科]
日当たりのよいやや湿った草原などに生える。長く伸びた花茎に、淡紫色の釣鐘状の花を数段に輪生して咲かせる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索