本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ノギラン

ノギラン
[ユリ科]
高さ20~40cmの多年草。花と茎、葉が赤茶色となる。山地の砂礫や草地に生育する。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ネコノシタ

ネコノシタ
[キク科]
葉の感触が猫の舌に似ていることから。海岸の砂地に生える多年草で、茎の先に頭花を1つつける。別名ハマグルマ。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:イワナシ

イワナシ
[ツツジ科]
林縁や草地に生える常緑小低木。枝先に淡紅色の花をつけ、小さなナシのような実がなる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ミツバツチグリ

ミツバツチグリ
[バラ科]
常緑多年草。地上を這う枝が長く伸びる。ツチグリに似ていて、葉が3小葉であることによる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:オオバキスミレ

オオバキスミレ
[スミレ科]
雪国を代表する日本の特産種。適度に湿った落葉樹林に多く見られ、花の後につき出す距が短い。葉は主に茎の上部に数枚つく。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:アズマシャクナゲ

アズマシャクナゲ
[ツツジ科]
オオシラビソの林縁や低木林に生育する常緑低木。花は濃い紅紫色で美しい。葉裏には淡褐色の毛が密生する。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:オトコエシ

オトコエシ
[オミナエシ科]
多年草で秋の七草の一つ。オミナエシは「女の花」とし、白い花と丈夫な茎を持つ本種を「男花」とした。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ツマトリソウ

ツマトリソウ
[サクラソウ科]
山道の林下に見られる多年草。葉は茎の上部に互生し、輪生状に見える。花びらに赤い縁取りが入ることから「褄取草」という。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:エゾミソハギ

エゾミソハギ
[ミソハギ科]
日当たりの良い湿地や小川の縁などに群生する。1mを超える背丈に生長し、紅紫色のたくさんの花が穂状に咲く。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ミツバツツジ

ミツバツツジ
[ツツジ科]
高さ2mほどの落葉低木。新緑の中にやや淡い桃色の花をつける。花の時期に3枚の葉を上に向けてつけるため、この名がある。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ヤマボウシ

ヤマボウシ
[ミズキ科]
落葉高木。花は小さな花が多数集まった球形。基部の総苞片が白また赤色を帯び、花びらのように見える。実は食用。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:コヨウラクツツジ

コヨウラクツツジ
[ツツジ科]
登山道沿いの明るい林内でよく見られる落葉低木。葉は枝先にまとまってつく。花は赤褐色の壷形で開葉と同時に枝先に数個つける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ツクバネソウ

ツクバネソウ
[ユリ科]
山地の林の中に生える。1本の茎の上端に4枚の葉を輪生させる。葉の形が正月の羽根つきの羽根に似ていることから名づけられた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:エイザンスミレ

エイザンスミレ
[スミレ科]
葉は大きく3つに裂け、それぞれさらに細かい切れ込みがある。花は淡い紅色。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:オオバスノキ

オオバスノキ
[ツツジ科]
高さ1mほどになる落葉低木。実は紫黒色に熟す。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:オニシモツケ

オニシモツケ
[バラ科]
湿地や沢沿いに生育する。花は白の中に薄いピンクが混じり、淡い色合いが美しい。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ツルシキミ

ツルシキミ
[ミカン科]
ミヤマシキミに似るが、茎の下部が地を這い、頭部が直立する。晩秋にかけて熟す実は見事。有毒植物。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ユキザサ

ユキザサ
[ユリ科]
林の中などに生える。総状に咲く雪の結晶を思わせる白い花と、ササのような葉の形から「雪笹」と名づけられた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索