本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ワチガイソウ

ワチガイソウ
[ナデシコ科]
山地の木陰に生える多年草。茎に1~2列の毛がある。白い5花弁の花を咲かす。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツルシキミ

ツルシキミ
[ミカン科]
ミヤマシキミに似るが、茎の下部が地を這い、頭部が直立する。晩秋にかけて熟す実は見事。有毒植物。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:トチバニンジン

トチバニンジン
[ウコギ科]
多年草。葉がトチノキの葉に似ることから命名。1本の長い茎の先に、ネギ坊主のような花をつける。秋、赤い実が目立つ。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ウラジロヨウラク

ウラジロヨウラク
[ツツジ科]
山地に生える落葉低木。葉は枝先に輪生状につき、裏面は緑白色。紅紫色の筒状鐘形の花を枝先に数個、下向きにつける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ベニドウダン

ベニドウダン
[ツツジ科]
葉は枝先に輪状につき、葉が開いたあと鐘形の赤色またはピンクの花が房状に垂れ下がって咲く。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:コウボウムギ

コウボウムギ
[カヤツリグサ科]
海岸の砂地に生える多年草。古い葉鞘の繊維を筆に使ったといわれ、書道の達人である弘法大師にちなんだもの。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ツマトリソウ

ツマトリソウ
[サクラソウ科]
山道の林下に見られる多年草。葉は茎の上部に互生し、輪生状に見える。花びらに赤い縁取りが入ることから「褄取草」という。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ムシトリスミレ

ムシトリスミレ
[タヌキモ科]
湿った草地に生える多年性の食虫植物。葉はロゼット状に広がり、花はスミレに似た青紫色。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:カンボク

カンボク
[スイカズラ科]
高さ3m前後の落葉低木で、林内に散在する。花期には白い装飾花が目立ち、葉は3つに浅く切れ込む。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ヤマザクラ

ヤマザクラ
[バラ科]
落葉高木。一芽に多数の花をつける。葉も開花と同時に咲き始める。日本のサクラの代表。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ハナイカダ

ハナイカダ
[ミズキ科]
落葉低木。葉の中央に緑白色の小さな花をつける。実は夏になると黒く熟す。雌雄異株。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツリガネニンジン

ツリガネニンジン
[キキョウ科]
日当たりのよいやや湿った草原などに生える。長く伸びた花茎に、淡紫色の釣鐘状の花を数段に輪生して咲かせる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:メギ

メギ
[メギ科]
落葉低木。初夏に直径5~6mmの小さな淡黄色の花をつける。秋に小さな赤い実が見られる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ナツツバキ

ナツツバキ
[ツバキ科]
落葉高木。樹皮は赤褐色で薄くはがれる。初夏、5枚の花弁の繊細な白い花を咲かせる。 
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:イワガラミ

イワガラミ
[ユキノシタ科]
樹木や岩に気根でからみ付いて生長する、つる性の木本。多くの小さな花の周りに、がく片1枚だけの白い飾り花が目立つ。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:リュウキンカ

リュウキンカ
[キンポウゲ科]
湿地に生える多年草。根生葉はまるい心臓形、茎葉は小さい。黄色い花びらのように見えるのはがく片で花弁ではない。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:オオバナノエンレイソウ

オオバナノエンレイソウ
[ユリ科]
高木が葉をつける前に、林床に大きな白い花を咲かせる。輪生する大きな3つの葉っぱも特徴的だ。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ノコンギク

ノコンギク
[キク科]
明るい林内や道端に多く見られる多年草。花の色は白っぽいものから紫色まで様々である。ヨメナに似るが、葉に毛が密生していて堅い。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索