本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ヨツバヒヨドリ

ヨツバヒヨドリ
[キク科]
ヒヨドリバナの変種で茎から3~4枚の葉が輪生するのが特徴。薄紫色の目立たない色の花をつける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ミズナラ

ミズナラ
[ブナ科]
樹皮は縦に大きな割れ目ができる。秋に楕円形のドングリがなり、リスなどが好んで食べる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:コバギボウシ

コバギボウシ
[ユリ科]
楕円形の根生葉の部分から花茎が直立し、淡紫色で、紫の筋のある筒状鐘形の花を横向きに咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:オオバクロモジ

オオバクロモジ
[クスノキ科]
日本海側のブナ林下の指標植物の1つ。材には上品な香りがあり、高級つまようじとなる。秋の黄葉も美しい。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ベニドウダン

ベニドウダン
[ツツジ科]
葉は枝先に輪状につき、葉が開いたあと鐘形の赤色またはピンクの花が房状に垂れ下がって咲く。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:アズキナシ

アズキナシ
[バラ科]
多数の白花は遠くからでもよく目立つ。若い枝や実は皮目が立ち、別名ハカリノメという。実はアズキのように赤い。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:コメバツガザクラ

コメバツガザクラ
[ツツジ科]
高さ5~15cmの常緑低木。高山の岩礫地などに生育。葉は米粒のように小さく、3枚セットで輪生する。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:バイカモ

バイカモ
[キンポウゲ科]
水中に生育する多年草。冷水の浅くきれいな流れに生育し、ウメの花に似た花を咲かせることから「梅花藻(バイカモ)」の名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ゴンズイ

ゴンズイ
[ミツバウツギ科]
落葉小高木。夏に淡黄色の多数の花を咲かせる。秋には派手な赤い袋果をつけ、裂けると黒い種子が現れる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ツチアケビ

ツチアケビ
[ラン科]
山野の落葉樹林内などに生える腐生植物。葉緑素を持たない。秋にウィンナーソーセージのような実をつける。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:シキミ

シキミ
[モクレン科]
暖地の山地に自生する常緑小高木または常緑高木。猛毒植物。葉を切ると芳香がある。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:シナノキ

シナノキ
[シナノキ科]
白い花に見えるのは飾り葉で、実が落ちるときはこの飾り葉が回転しながら落ちる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:トリアシショウマ

トリアシショウマ
[ユキノシタ科]
林縁や道沿いに、姿が似ているヤマブキショウマより少し遅れて咲く多年草。展開前の3出複葉の姿が鳥の足に似る。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:カキドオシ

カキドオシ
[シソ科]
道端などに生えるつる性の多年草。つる状の茎が垣根の間をくぐり抜けるほど伸びることから名づけられた。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ワタスゲ

ワタスゲ
[カヤツリグサ科]
目立たない花が終わると、綿毛状の実をつける。群生することが多く、湿原を白く覆う。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ウンゼンツツジ

ウンゼンツツジ
[ツツジ科]
常緑小低木で、枝先に1個の小さな淡紅紫色の花をつける。雲仙の名が付くが、雲仙には自生しない。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:オオウバユリ

オオウバユリ
[ユリ科]
高さ1.5mの多年草。ラッパ形の花を10~20個横向きにつける。湿った木陰に生え、ときに群生する。1つの花に種は約500枚。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ゲンノショウコ

ゲンノショウコ
[フウロソウ科]
日当たりのよい歩道沿いなどに群生する。煎じて飲むと腹痛に効くといわれ「現の証拠」という名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索