本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

阿寒湖周辺でよく見られる花

写真:エゾエンゴサク

エゾエンゴサク
[ケシ科]
丘陵の明るい林下に生える。花は白色、淡青、紫と変化が多く、美しい。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:エゾトリカブト

エゾトリカブト
[キンポウゲ科]
高さ70~120cmの多年草。山地の広葉樹林や沢沿いを好む。烏帽子形の花をつけ、根だけでなく、蜜など全体が有毒である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:オオウバユリ

オオウバユリ
[ユリ科]
高さ1.5mの多年草。ラッパ形の花を10~20個横向きにつける。湿った木陰に生え、ときに群生する。1つの花に種は約500枚。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:キタコブシ

キタコブシ
[モクレン科]
色のない早春の森に、白く大きな花を咲かせる。母種のコブシより、葉や花がやや大きい。名は集合果が握りこぶしに似ていることにちなむ。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:キツリフネ

キツリフネ
[ツリフネソウ科]
高さ40~80cmの1年草。横から見ると舟を釣り下げたような形の花をつける。実は熟すとはじける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:クリンソウ

クリンソウ
[サクラソウ科]
川沿いの林下に多く生え、観賞用にも栽培されている。赤い花が九段につくことから、この名がある。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:タチツボスミレ

タチツボスミレ
[スミレ科]
林の中や歩道の傍らなどに生える。株立ちの心円形の葉の根元から花柄を出し、淡紫色の横向きの花を1輪ずつ咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ツルアジサイ

ツルアジサイ
[ユキノシタ科]
つる性の木で、ほかの木の幹に巻きつくように育つ。白い飾り花があり、アジサイの花に似る。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ニリンソウ

ニリンソウ
[キンポウゲ科]
明るい林縁などに群落をつくる。名前のように2輪の白い花を咲かせるが、1花や3花のものも見られる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:バイケイソウ

バイケイソウ
[ユリ科]
高さ60~150cmの多年草。春に緑白色の花を多数つける。根は殺虫剤に使用するほど強い毒性。早春に落ち葉の下から力強く芽を出す。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:フッキソウ

フッキソウ
[ツゲ科]
高さ20cmくらいの常緑低木だが、草のように見える。群生することあり、一面を覆う。果実は白い球形。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ミズバショウ

ミズバショウ
[サトイモ科]
早春の花で湿地に群生する。花序は棒状で白い苞に包まれる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索