本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

阿蘇周辺でよく見られる花

写真:イブキトラノオ

イブキトラノオ
[タデ科]
一本立ちの花は、小さなブラシのような円筒状。滋賀県の伊吹山に多いことから‘イブキ’の名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:オカトラノオ

オカトラノオ
[サクラソウ科]
多年草。日当たりの良い草地に、一方にかたよって白色の花を多数つける。花穂がトラの尾のように見えることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:クサレダマ

クサレダマ
[サクラソウ科]
原野や湿地に見られる多年草。夏に黄色い花をつける。レダマという黄色い花の咲く木に似ていることから「草レダマ」の名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ハルリンドウ

ハルリンドウ
[リンドウ科]
2年草。日当たりの良い、やや湿り気のあるところに生育する草原性の植物。青紫色の可憐な花を咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ヒトリシズカ

ヒトリシズカ
[センリョウ科]
光沢のある葉の間に白い花が立つ姿から、静御前の舞い姿にたとえて、この名がある。多年草で林の中や草地に群落で見られる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:フクジュソウ

フクジュソウ
[キンポウゲ科]
真っ先に春を告げる花。雪解けが始まると一番に黄色い花を咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:マツムシソウ

マツムシソウ
[マツムシソウ科]
夏の終わった高原に淡い紫色の花を咲かせる越年草。この花が風にゆれるさまを見ると、秋の訪れを感じる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ミヤマキリシマ

ミヤマキリシマ
[ツツジ科]
九州山地の特産植物。ふつう標高1000m以上のところに生える。開花時期には一帯を紫紅色に染め上げる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ヤマラッキョウ

ヤマラッキョウ
[ユリ科]
野山に生える多年草。秋深まる頃、茎を高く伸ばし、多数の花を球状に咲かせる。同じ仲間のノビルやラッキョウより匂いはうすい。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:リュウキンカ

リュウキンカ
[キンポウゲ科]
湿地に生える多年草。根生葉はまるい心臓形、茎葉は小さい。黄色い花びらのように見えるのはがく片で花弁ではない。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ワレモコウ

ワレモコウ
[バラ科]
穂状の花序は楕円形で、花序の先のほうから下向きに咲き進む。バラ科の植物とは思えない形の常緑多年草。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索