本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

大山周辺でよく見られる花

写真:イタヤカエデ

イタヤカエデ
[カエデ科]
葉がよく繁り、板屋根のように雨がもらないことからついた名。9~10月頃プロペラ状の実がなる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:イワカガミ

イワカガミ
[イワウメ科]
登山道脇の草地などで見られる常緑多年草。葉は円形で光沢がある。花茎の先に淡紅色のラッパ形の花を数個つける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:エゾアジサイ

エゾアジサイ
[ユキノシタ科]
高さ1~1.5mの落葉低木。鮮やかな青色の飾り花をつける。土に含まれるアルミニウムの量によってその色が変化する。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:オオカメノキ

オオカメノキ
[スイカズラ科]
落葉低木。葉の形がカメの甲羅に似ることからこの名がついた。密集する小さな花の周りを5つの装飾花が囲む。実は赤から黒く熟す。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:オオバギボウシ

オオバギボウシ
[ユリ科]
多年草。葉は広い卵形で、高さが1mにもなる。イワギボウシ、コバギボウシと並んで日本の固有の植物とされている。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:クガイソウ

クガイソウ
[ゴマノハグサ科]
先のとがった一本立ちの濃い青紫の花。葉は数枚の輪生で、段状につくことからこの名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:クロモジ

クロモジ
[クスノキ科]
落葉低木。この名は、樹皮に地衣類が付着し、文字を書いたように見えることによる。樹皮には芳香があり、つまようじに利用される。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:シモツケ

シモツケ
[バラ科]
落葉低木で日当たりのよい歩道沿いで見られる。枝先に小さな花が多数集まって咲く。生け花の材料に使われる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:タチツボスミレ

タチツボスミレ
[スミレ科]
林の中や歩道の傍らなどに生える。株立ちの心円形の葉の根元から花柄を出し、淡紫色の横向きの花を1輪ずつ咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ナナカマド

ナナカマド
[バラ科]
落葉高木。白い小さな5弁花を多数つける。秋の赤い実と紅葉が美しい。燃えにくく、7回かまどに入れても燃え残ることからついた名。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ミズナラ

ミズナラ
[ブナ科]
樹皮は縦に大きな割れ目ができる。秋に楕円形のドングリがなり、リスなどが好んで食べる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ヤマジノホトトギス

ヤマジノホトトギス
[ユリ科]
高さ30~60cmの多年草。名は、花や茎の根元の葉にある斑点が鳥のホトトギスの腹の斑紋に似ていることから。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索