本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

霧島・えびの高原周辺でよく見られる花

写真:オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲ
[モクレン科]
落葉小高木。優雅な白い花を咲かせ、周囲に芳香を漂わせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:キリシマミズキ

キリシマミズキ
[マンサク科]
落葉低木。早春、葉の展開前に淡黄色の穂状花序を垂らす。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:シロモジ

シロモジ
[クスノキ科]
落葉小高木。早春に小さな黄色の花を咲かせる。葉が黄色に変わる秋の頃も美しい。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ツルキジムシロ

ツルキジムシロ
[バラ科]
日当たりのよい草原に生える。和名はキジが座る「むしろ」に見立てたもの。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ナツツバキ

ナツツバキ
[ツバキ科]
落葉高木。樹皮は赤褐色で薄くはがれる。初夏、5枚の花弁の繊細な白い花を咲かせる。 
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ノカイドウ

ノカイドウ
[バラ科]
世界中でえびの高原の一部のみ自生。国の天然記念物。開花の瞬間に変化する鮮やかな淡紅色が美しい。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ノリウツギ

ノリウツギ
[ユキノシタ科]
落葉低木で日当たりのよい斜面や湿地を好んで生える。内皮から和紙を作る際の糊を採ったので、この名前がある。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ハルリンドウ

ハルリンドウ
[リンドウ科]
2年草。日当たりの良い、やや湿り気のあるところに生育する草原性の植物。青紫色の可憐な花を咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ベニドウダン

ベニドウダン
[ツツジ科]
葉は枝先に輪状につき、葉が開いたあと鐘形の赤色またはピンクの花が房状に垂れ下がって咲く。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ミヤマキリシマ

ミヤマキリシマ
[ツツジ科]
九州山地の特産植物。ふつう標高1000m以上のところに生える。開花時期には一帯を紫紅色に染め上げる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:リョウブ

リョウブ
[リョウブ科]
落葉高木。樹皮がなめらかで、黄褐色と灰褐色のまだら模様よく目立つ。最近は公園などに植えられることが多い。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:リンドウ

リンドウ
[リンドウ科]
秋の代表的な花。茎は意外と細く、しばしば花の重みに耐えかねて横になっている姿を見かける。
花の咲く季節:秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索