本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

八幡平周辺でよく見られる花

写真:イワカガミ

イワカガミ
[イワウメ科]
登山道脇の草地などで見られる常緑多年草。葉は円形で光沢がある。花茎の先に淡紅色のラッパ形の花を数個つける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ウメバチソウ

ウメバチソウ
[ユキノシタ科]
日当たりの良い湿地に生える多年草。花茎は直立し、茎を抱く1枚の葉と1個の白い花が梅鉢の紋に似ることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:エゾノリュウキンカ

エゾノリュウキンカ
[キンポウゲ科]
低地から高山の湿った草原、水際などに生える。株状に出る茎は太いがやわらかい。大きな葉は腎形で、縁に粗い鋸歯がある。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:オオタカネバラ

オオタカネバラ
[バラ科]
落葉低木。花はその年に伸びた枝先に1花つけ、華やかな紅紫色で美しい。花後、紡錘形の実は赤く熟す。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:キヌガサソウ

キヌガサソウ
[ユリ科]
山頂部の湿潤な斜面に生える多年草。大きい葉が8~10枚輪生し、その中心に白花を1個咲かせる。実は黒紫色に熟す。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:コバイケイソウ

コバイケイソウ
[ユリ科]
湿地に生える大型の多年草。葉は大きく広楕円形で、重なりあうようにつく。花は白色で、円錐状に多数咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:チングルマ

チングルマ
[バラ科]
花が終わると長い毛をつけた実ができる。この実が風車のように見えることから「稚児車」の名がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:トウゲブキ

トウゲブキ
[キク科]
日当たりの良い草地で見られる多年草。葉は腎形で先が丸く、フキの葉を思わせる。長い花茎の先に黄色い花が数個つく。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ
[ユリ科]
夏の湿原を彩る花の代表格。開花の数量は、年によって異なる。花は朝開いて、夕方にしぼむ1日花。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ハクサンシャクナゲ

ハクサンシャクナゲ
[ツツジ科]
高さ2~3mの常緑低木で革質の葉をつける。白色または淡紅色の花を枝先につける。アズマシャクナゲと違い、葉の裏面は無毛。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ミズバショウ

ミズバショウ
[サトイモ科]
早春の花で湿地に群生する。花序は棒状で白い苞に包まれる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ワタスゲ

ワタスゲ
[カヤツリグサ科]
目立たない花が終わると、綿毛状の実をつける。群生することが多く、湿原を白く覆う。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索