本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

箱根周辺でよく見られる花

写真:イワタバコ

イワタバコ
[イワタバコ科]
多年草。葉の表面は光沢があって、しわが寄っている。湿った渓流の岸や岩場に生える。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:オカトラノオ

オカトラノオ
[サクラソウ科]
多年草。日当たりの良い草地に、一方にかたよって白色の花を多数つける。花穂がトラの尾のように見えることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:カキラン

カキラン
[ラン科]
花の色が柿の実の色に似ていることに由来する。明るい湿地や草原に生育するが、最近は少なくなった。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:サンショウバラ

サンショウバラ
[バラ科]
落葉低木または落葉小高木で、富士箱根地区の特産植物。美しさは野生バラの王様だ。箱根町ではハコネバラとして町の花に指定。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ツチアケビ

ツチアケビ
[ラン科]
山野の落葉樹林内などに生える腐生植物。葉緑素を持たない。秋にウィンナーソーセージのような実をつける。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ツリガネニンジン

ツリガネニンジン
[キキョウ科]
日当たりのよいやや湿った草原などに生える。長く伸びた花茎に、淡紫色の釣鐘状の花を数段に輪生して咲かせる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:ツリフネソウ

ツリフネソウ
[ツリフネソウ科]
一年草。山地の湿ったところや川岸などに数多く見られる。花は帆かけ舟を吊り下げたように見える。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ノハナショウブ

ノハナショウブ
[アヤメ科]
多年草。アヤメより花の色は紫が濃く、葉の中央の脈が太くて目立つ。最近では減少種になりつつある。外花被片の中央基部の黄色い斑紋が特徴的。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハコネギク

ハコネギク
[キク科]
多年草。ブナ帯上部の風の強い日当たりのよい岩場や草原に生える。総苞片を触るとねばる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:フシグロセンノウ

フシグロセンノウ
[ナデシコ科]
円筒状のがく片に包まれ、花びらの朱赤色が草原に映える。茎の節は太く、紫黒色を帯びる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:マツムシソウ

マツムシソウ
[マツムシソウ科]
夏の終わった高原に淡い紫色の花を咲かせる越年草。この花が風にゆれるさまを見ると、秋の訪れを感じる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ヤマラッキョウ

ヤマラッキョウ
[ユリ科]
野山に生える多年草。秋深まる頃、茎を高く伸ばし、多数の花を球状に咲かせる。同じ仲間のノビルやラッキョウより匂いはうすい。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索