本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

浄土平・吾妻山周辺でよく見られる花

写真:アカモノ

アカモノ
[ツツジ科]
日当たりの良い草地、岩礫地に生育する常緑小低木。赤い実が美しい。別名イワハゼ。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:アキノキリンソウ

アキノキリンソウ
[キク科]
黄金色の花を総状に多数つける。秋風が吹く頃が花の咲く時期である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:イソツツジ

イソツツジ
[ツツジ科]
名前に「イソ」とつくが、海とは関係がない高山植物。「エゾ」がなまって「イソ」になったともいわれている。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:イワオトギリ

イワオトギリ
[オトギリソウ科]
山頂付近の岩や草地に生える多年草。花は鮮黄色。葉を透かして見ると、全体に黒点が散らばり、明点も少し交じる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:イワカガミ

イワカガミ
[イワウメ科]
登山道脇の草地などで見られる常緑多年草。葉は円形で光沢がある。花茎の先に淡紅色のラッパ形の花を数個つける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ウメバチソウ

ウメバチソウ
[ユキノシタ科]
日当たりの良い湿地に生える多年草。花茎は直立し、茎を抱く1枚の葉と1個の白い花が梅鉢の紋に似ることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:エゾリンドウ

エゾリンドウ
[リンドウ科]
低山帯から亜高山帯の草地や湿地に生える多年草。花は濃紫色から淡紫色で美しく、しっかりした茎頂と上部の葉腋につく。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:コバイケイソウ

コバイケイソウ
[ユリ科]
湿地に生える大型の多年草。葉は大きく広楕円形で、重なりあうようにつく。花は白色で、円錐状に多数咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ
[ミズキ科]
針葉樹林の林床などに群落をつくってはえる常緑の多年草。茎頂の4枚の苞葉が1個の花のようにみえる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:チングルマ

チングルマ
[バラ科]
花が終わると長い毛をつけた実ができる。この実が風車のように見えることから「稚児車」の名がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハクサンチドリ

ハクサンチドリ
[ラン科]
多年草。茎に細くとがった葉が数枚互生する。紫紅色の花が穂状に密集してつく。唇弁や側弁が鋭くとがる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ワタスゲ

ワタスゲ
[カヤツリグサ科]
目立たない花が終わると、綿毛状の実をつける。群生することが多く、湿原を白く覆う。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索