本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

上高地周辺でよく見られる花

写真:ウワミズザクラ

ウワミズザクラ
[バラ科]
サクラといっても花は多数の白い花が集まり穂のようになる。枝を切ると強い臭気を放つ。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:カラマツソウ

カラマツソウ
[キンポウゲ科]
高さ60~80cmの多年草。茎は上部でよく枝分かれする。花の形がカラマツの葉に似ていることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:サラシナショウマ

サラシナショウマ
[キンポウゲ科]
大ぶりで白いブラシのような花は、初秋の森の中でひときわ目立つ。名前の由来は、若い芽を水にさらして食べたことによるとか。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:シロバナエンレイソウ

シロバナエンレイソウ
[ユリ科]
比較的明るい林の中などに生える。高さ20~30cmの茎の先に3枚の大きな葉が輪生し、茎頂に3弁の白い花を1個咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ズミ

ズミ
[バラ科]
落葉小高木または落葉高木。別名コナシまたはコリンゴ。花は白色だが蕾は淡い紅色。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ニリンソウ

ニリンソウ
[キンポウゲ科]
明るい林縁などに群落をつくる。名前のように2輪の白い花を咲かせるが、1花や3花のものも見られる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ノコンギク

ノコンギク
[キク科]
明るい林内や道端に多く見られる多年草。花の色は白っぽいものから紫色まで様々である。ヨメナに似るが、葉に毛が密生していて堅い。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ハンゴンソウ

ハンゴンソウ
[キク科]
湿地や明るい林内に生える大型の多年草で、高さ1m以上、ときに2mにもなる。葉は3~7深裂し、特徴的。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:マイヅルソウ

マイヅルソウ
[ユリ科]
針葉樹林内に生える高さ10cmくらいの多年草。ハート形の葉の形から、ツルが舞う姿に見立ててこの名がついた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ヤチトリカブト

ヤチトリカブト
[キンポウゲ科]
湿地や湧水の水辺などに生える多年草で、高さ1~1.5mになる。猛毒のアルカロイドを含む有毒植物。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ヤマエンゴサク

ヤマエンゴサク
[ケシ科]
早春の明るい林内に咲く高さ10cm前後の多年草。花の色は青紫や赤紫など変化が多い。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:レンゲツツジ

レンゲツツジ
[ツツジ科]
高さ1mほどの低木。湿地に生える。春、葉が開く前にオレンジ色や黄色の花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索