本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

摩周湖・屈斜路湖周辺でよく見られる花

写真:イソツツジ

イソツツジ
[ツツジ科]
名前に「イソ」とつくが、海とは関係がない高山植物。「エゾ」がなまって「イソ」になったともいわれている。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:エゾスカシユリ

エゾスカシユリ
[ユリ科]
花被片の基部が細くなり、隙間があいていることからこの名がついた。花柄やつぼみには白い綿毛が密生する。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:エゾリンドウ

エゾリンドウ
[リンドウ科]
低山帯から亜高山帯の草地や湿地に生える多年草。花は濃紫色から淡紫色で美しく、しっかりした茎頂と上部の葉腋につく。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:オオバナノエンレイソウ

オオバナノエンレイソウ
[ユリ科]
高木が葉をつける前に、林床に大きな白い花を咲かせる。輪生する大きな3つの葉っぱも特徴的だ。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:オニシモツケ

オニシモツケ
[バラ科]
湿地や沢沿いに生育する。花は白の中に薄いピンクが混じり、淡い色合いが美しい。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ガンコウラン

ガンコウラン
[ガンコウラン科]
高山植物で雪解けとともオレンジ色の花を咲かせる。秋の実は紫色で葉に似合わず大きい。食べると甘酸っぱい。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:クサレダマ

クサレダマ
[サクラソウ科]
原野や湿地に見られる多年草。夏に黄色い花をつける。レダマという黄色い花の咲く木に似ていることから「草レダマ」の名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:トウゲブキ

トウゲブキ
[キク科]
日当たりの良い草地で見られる多年草。葉は腎形で先が丸く、フキの葉を思わせる。長い花茎の先に黄色い花が数個つく。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハシドイ

ハシドイ
[モクセイ科]
白色の花が円錐状に多数つく。葉は対生で広卵形。裏面脈状に短毛がある。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ヒメイチゲ

ヒメイチゲ
[キンポウゲ科]
雪が解け、森の土がゆるむと去年の落ち葉の間から細い茎の先端に白い花を一輪つける。亜高山から高山に生える多年草。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ミヤマオダマキ

ミヤマオダマキ
[キンポウゲ科]
紫色の大きな花を下に向け、茎の先に一輪つける。高山帯の砂礫地や乾いた草地に生える多年草。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ヤナギラン

ヤナギラン
[アカバナ科]
明るい草原や荒地に生える。背丈は1~1.5mになり、美しい花と葉の形から「柳蘭」の名がついているが、ランの仲間ではない。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索