本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

草津白根周辺でよく見られる花

写真:アカモノ

アカモノ
[ツツジ科]
日当たりの良い草地、岩礫地に生育する常緑小低木。赤い実が美しい。別名イワハゼ。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:アズマシャクナゲ

アズマシャクナゲ
[ツツジ科]
オオシラビソの林縁や低木林に生育する常緑低木。花は濃い紅紫色で美しい。葉裏には淡褐色の毛が密生する。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:イワカガミ

イワカガミ
[イワウメ科]
登山道脇の草地などで見られる常緑多年草。葉は円形で光沢がある。花茎の先に淡紅色のラッパ形の花を数個つける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:オヤマリンドウ

オヤマリンドウ
[リンドウ科]
花は先端に2つ3つつける。亜高山帯の草地などに生える。葉は対生し、裏面は粉白色を帯びる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:コケモモ

コケモモ
[ツツジ科]
光沢のある葉が特徴である。赤い実は熟すと酸味もあり、ジャムにすると非常においしい。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ツマトリソウ

ツマトリソウ
[サクラソウ科]
山道の林下に見られる多年草。葉は茎の上部に互生し、輪生状に見える。花びらに赤い縁取りが入ることから「褄取草」という。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ハクサンチドリ

ハクサンチドリ
[ラン科]
多年草。茎に細くとがった葉が数枚互生する。紫紅色の花が穂状に密集してつく。唇弁や側弁が鋭くとがる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ミネザクラ

ミネザクラ
[バラ科]
葉と同時に花を咲かせる落葉高木。高山のサクラの意味で高嶺桜とも呼ばれる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ムラサキヤシオ

ムラサキヤシオ
[ツツジ科]
落葉低木。若枝や花柄に腺毛が生え、葉は枝先に輪生状につく。花は鮮やかな紅紫色で開葉と同時に咲く。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ヤナギラン

ヤナギラン
[アカバナ科]
明るい草原や荒地に生える。背丈は1~1.5mになり、美しい花と葉の形から「柳蘭」の名がついているが、ランの仲間ではない。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ワタスゲ

ワタスゲ
[カヤツリグサ科]
目立たない花が終わると、綿毛状の実をつける。群生することが多く、湿原を白く覆う。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索