本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

鳴門周辺でよく見られる花

写真:アキグミ

アキグミ
[グミ科]
落葉低木。春に淡黄色の花を咲かせ、秋に渋く酸味の強い赤い実をつける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:アセビ

アセビ
[ツツジ科]
常緑低木または常緑小高木。やや乾燥した山地に多く生える。花は壷形で、先は浅く5裂する。有毒植物。
花の咲く季節:春・冬

→詳細

写真:ガマズミ

ガマズミ
[スイカズラ科]
落葉低木。秋に熟した実が枝先を飾る。実は食べられる。葉は両面とも毛がある。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:クサギ

クサギ
[クマツヅラ科]
葉や枝は、傷をつけると特有の臭いがするが、花は芳香がある。秋に熟す。赤い星形のがくと紫青色の実は羽子板の羽根のよう。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:コオニユリ

コオニユリ
[ユリ科]
多年草。オニユリより小型で、花は下向きに咲く。オニユリは葉のつけ根にむかごをつけるが、コオニユリはつけない。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ゴンズイ

ゴンズイ
[ミツバウツギ科]
落葉小高木。夏に淡黄色の多数の花を咲かせる。秋には派手な赤い袋果をつけ、裂けると黒い種子が現れる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:シャシャンボ

シャシャンボ
[ツツジ科]
常緑低木。釣鐘状の小さな花(小小ん坊の名)をつける。秋には小さな黒紫色の実をつける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:タラノキ

タラノキ
[ウコギ科]
木の花が少なくなった頃、このタラノキの花が見頃となる。日の当るところを好み、道路脇にもよく見られる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ヒヨドリバナ

ヒヨドリバナ
[キク科]
日当たりのよい草地や路傍などに生える。ヒヨドリが鳴く頃に花が咲き出すことから名づけられた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:ムラサキシキブ

ムラサキシキブ
[クマツヅラ科]
落葉低木。秋に紫色をした小粒の実をたくさんつける。初夏の頃に咲く淡紫色の花も美しい。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ヤブツバキ

ヤブツバキ
[ツバキ科]
常緑の小高木。花の少ない時期に真っ赤な花は印象的。
花の咲く季節:春・秋・冬

→詳細

写真:ヤマザクラ

ヤマザクラ
[バラ科]
落葉高木。一芽に多数の花をつける。葉も開花と同時に咲き始める。日本のサクラの代表。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索