本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

奥日光周辺でよく見られる花

写真:アケボノソウ

アケボノソウ
[リンドウ科]
日当たりのよい草原や湿地に見られる。白い花弁の先端部に濃い緑褐色の斑点があり、それを夜明けの空に見立てこの名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:アヤメ

アヤメ
[アヤメ科]
草原に生える多年草で、花は紫色でトラフ模様がある。葉の中脈はあるが、目立たない。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:カタクリ

カタクリ
[ユリ科]
落葉樹林の下に見られる。昔は鱗茎から片栗粉をとっていた。花が咲くまでに7~8年かかる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:クルマユリ

クルマユリ
[ユリ科]
林縁や草地に生える。茎の中ほどにつく葉が車輪のように見える。花は橙赤色、花被片の内側に紫褐色の斑点があり、先は強く反り返る。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:シウリザクラ

シウリザクラ
[バラ科]
高木で枝先に白い花を列をなしてつける。少し地味だが味わいがある花。実は熟すと黒くなる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:シロバナエンレイソウ

シロバナエンレイソウ
[ユリ科]
比較的明るい林の中などに生える。高さ20~30cmの茎の先に3枚の大きな葉が輪生し、茎頂に3弁の白い花を1個咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ズミ

ズミ
[バラ科]
落葉小高木または落葉高木。別名コナシまたはコリンゴ。花は白色だが蕾は淡い紅色。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:センジュガンピ

センジュガンピ
[ナデシコ科]
花が中国産のガンピに似て、栃木県日光の千手ヶ浜で発見されたことから、この名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ
[ユリ科]
夏の湿原を彩る花の代表格。開花の数量は、年によって異なる。花は朝開いて、夕方にしぼむ1日花。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ハクサンシャクナゲ

ハクサンシャクナゲ
[ツツジ科]
高さ2~3mの常緑低木で革質の葉をつける。白色または淡紅色の花を枝先につける。アズマシャクナゲと違い、葉の裏面は無毛。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:レンゲツツジ

レンゲツツジ
[ツツジ科]
高さ1mほどの低木。湿地に生える。春、葉が開く前にオレンジ色や黄色の花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ワレモコウ

ワレモコウ
[バラ科]
穂状の花序は楕円形で、花序の先のほうから下向きに咲き進む。バラ科の植物とは思えない形の常緑多年草。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索