本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

登別温泉周辺でよく見られる花

写真:アキノキリンソウ

アキノキリンソウ
[キク科]
黄金色の花を総状に多数つける。秋風が吹く頃が花の咲く時期である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:イソツツジ

イソツツジ
[ツツジ科]
名前に「イソ」とつくが、海とは関係がない高山植物。「エゾ」がなまって「イソ」になったともいわれている。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:エゾリンドウ

エゾリンドウ
[リンドウ科]
低山帯から亜高山帯の草地や湿地に生える多年草。花は濃紫色から淡紫色で美しく、しっかりした茎頂と上部の葉腋につく。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:オオカメノキ

オオカメノキ
[スイカズラ科]
落葉低木。葉の形がカメの甲羅に似ることからこの名がついた。密集する小さな花の周りを5つの装飾花が囲む。実は赤から黒く熟す。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ガンコウラン

ガンコウラン
[ガンコウラン科]
高山植物で雪解けとともオレンジ色の花を咲かせる。秋の実は紫色で葉に似合わず大きい。食べると甘酸っぱい。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:クサレダマ

クサレダマ
[サクラソウ科]
原野や湿地に見られる多年草。夏に黄色い花をつける。レダマという黄色い花の咲く木に似ていることから「草レダマ」の名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:シラタマノキ

シラタマノキ
[ツツジ科]
花は白色で壷形。夏から秋にかけて熟す白色の果実がこの名の由来。サロメチールの匂いがする。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:タチギボウシ

タチギボウシ
[ユリ科]
日当たりの良い湿地に生える多年草。葉は表面の葉脈がへこみ、基部が細くなって茎に沿う。ラッパ状の花が多数つき、下から咲き進む。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ナナカマド

ナナカマド
[バラ科]
落葉高木。白い小さな5弁花を多数つける。秋の赤い実と紅葉が美しい。燃えにくく、7回かまどに入れても燃え残ることからついた名。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ノリウツギ

ノリウツギ
[ユキノシタ科]
落葉低木で日当たりのよい斜面や湿地を好んで生える。内皮から和紙を作る際の糊を採ったので、この名前がある。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ヤナギラン

ヤナギラン
[アカバナ科]
明るい草原や荒地に生える。背丈は1~1.5mになり、美しい花と葉の形から「柳蘭」の名がついているが、ランの仲間ではない。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ヨツバヒヨドリ

ヨツバヒヨドリ
[キク科]
ヒヨドリバナの変種で茎から3~4枚の葉が輪生するのが特徴。薄紫色の目立たない色の花をつける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索