本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

大沼・駒ヶ岳周辺でよく見られる花

写真:オオバナノエンレイソウ

オオバナノエンレイソウ
[ユリ科]
高木が葉をつける前に、林床に大きな白い花を咲かせる。輪生する大きな3つの葉っぱも特徴的だ。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:キクザキイチゲ

キクザキイチゲ
[キンポウゲ科]
丘陵地の明るい林の下で見られる。花は白または淡紫色であるが、花弁はなく10枚前後のがく片が花弁のように見える。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:キタコブシ

キタコブシ
[モクレン科]
色のない早春の森に、白く大きな花を咲かせる。母種のコブシより、葉や花がやや大きい。名は集合果が握りこぶしに似ていることにちなむ。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:サワギキョウ

サワギキョウ
[キキョウ科]
8~9月頃に水辺に咲く紫の鮮やかな花。しばしば大きな群落をつくる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:シラネアオイ

シラネアオイ
[シラネアオイ科]
山地の明るい林下などに生える。淡赤紫色の美しい花で、花弁状に見えるのは大きな4枚のがく片である。日本固有種。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツルアジサイ

ツルアジサイ
[ユキノシタ科]
つる性の木で、ほかの木の幹に巻きつくように育つ。白い飾り花があり、アジサイの花に似る。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ネムロコウホネ

ネムロコウホネ
[スイレン科]
水中から長い茎を伸ばし、大きな葉と黄色い可憐な花を水面に浮かべる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ノリウツギ

ノリウツギ
[ユキノシタ科]
落葉低木で日当たりのよい斜面や湿地を好んで生える。内皮から和紙を作る際の糊を採ったので、この名前がある。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ハクサンチドリ

ハクサンチドリ
[ラン科]
多年草。茎に細くとがった葉が数枚互生する。紫紅色の花が穂状に密集してつく。唇弁や側弁が鋭くとがる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウ
[イチヤクソウ科]
高さ10~20cmの常緑の多年草。強心抗菌に一番よく効く薬草として「一薬草」の名がある。葉から出た汁などに効用があるという。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:マイヅルソウ

マイヅルソウ
[ユリ科]
針葉樹林内に生える高さ10cmくらいの多年草。ハート形の葉の形から、ツルが舞う姿に見立ててこの名がついた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ミズバショウ

ミズバショウ
[サトイモ科]
早春の花で湿地に群生する。花序は棒状で白い苞に包まれる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索