本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

支笏湖周辺でよく見られる花

写真:アキノキリンソウ

アキノキリンソウ
[キク科]
黄金色の花を総状に多数つける。秋風が吹く頃が花の咲く時期である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:イソツツジ

イソツツジ
[ツツジ科]
名前に「イソ」とつくが、海とは関係がない高山植物。「エゾ」がなまって「イソ」になったともいわれている。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:イワギキョウ

イワギキョウ
[キキョウ科]
高さ5~10cmの多年草。高山の岩礫地などに生育する。花冠は無毛だが萼に粗い毛が多い。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:イワブクロ

イワブクロ
[ゴマノハグサ科]
高さ10~20cmの多年草。高山帯の岩礫地にいち早く芽吹く。樽前山に多く自生することから、別名タルマイソウとも呼ばれる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:エゾアジサイ

エゾアジサイ
[ユキノシタ科]
高さ1~1.5mの落葉低木。鮮やかな青色の飾り花をつける。土に含まれるアルミニウムの量によってその色が変化する。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:エンレイソウ

エンレイソウ
[ユリ科]
高さ30cmほどの茎の先に3枚の葉を広げ、紫褐色の花を1個咲かせる。種から花が咲くまで10数年かかるといわれる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:キタコブシ

キタコブシ
[モクレン科]
色のない早春の森に、白く大きな花を咲かせる。母種のコブシより、葉や花がやや大きい。名は集合果が握りこぶしに似ていることにちなむ。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:コメバツガザクラ

コメバツガザクラ
[ツツジ科]
高さ5~15cmの常緑低木。高山の岩礫地などに生育。葉は米粒のように小さく、3枚セットで輪生する。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:シラタマノキ

シラタマノキ
[ツツジ科]
花は白色で壷形。夏から秋にかけて熟す白色の果実がこの名の由来。サロメチールの匂いがする。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:シラネアオイ

シラネアオイ
[シラネアオイ科]
山地の明るい林下などに生える。淡赤紫色の美しい花で、花弁状に見えるのは大きな4枚のがく片である。日本固有種。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ハクサンチドリ

ハクサンチドリ
[ラン科]
多年草。茎に細くとがった葉が数枚互生する。紫紅色の花が穂状に密集してつく。唇弁や側弁が鋭くとがる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ヤマジノホトトギス

ヤマジノホトトギス
[ユリ科]
高さ30~60cmの多年草。名は、花や茎の根元の葉にある斑点が鳥のホトトギスの腹の斑紋に似ていることから。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索