本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

知床周辺でよく見られる花

写真:イソツツジ

イソツツジ
[ツツジ科]
名前に「イソ」とつくが、海とは関係がない高山植物。「エゾ」がなまって「イソ」になったともいわれている。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:イワウメ

イワウメ
[イワウメ科]
高さ3cmの常緑低木。高山の岩礫地に生育する。花はウメの花に似て1.5cmほど。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ウラジロナナカマド

ウラジロナナカマド
[バラ科]
高山に生える。ほかのナナカマドとの違いは、丸みを帯びた葉の周囲の鋸歯が、根元の3分の1にはないことである。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:エゾエンゴサク

エゾエンゴサク
[ケシ科]
丘陵の明るい林下に生える。花は白色、淡青、紫と変化が多く、美しい。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:エゾミソハギ

エゾミソハギ
[ミソハギ科]
日当たりの良い湿地や小川の縁などに群生する。1mを超える背丈に生長し、紅紫色のたくさんの花が穂状に咲く。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:キタコブシ

キタコブシ
[モクレン科]
色のない早春の森に、白く大きな花を咲かせる。母種のコブシより、葉や花がやや大きい。名は集合果が握りこぶしに似ていることにちなむ。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ
[ミズキ科]
針葉樹林の林床などに群落をつくってはえる常緑の多年草。茎頂の4枚の苞葉が1個の花のようにみえる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:チシマフウロ

チシマフウロ
[フウロソウ科]
花は淡い色で花びらは5枚。茎や葉柄に荒い毛がある。登山道沿いで見られる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ナミキソウ

ナミキソウ
[シソ科]
漢字で「波来草」。波が打ち寄せるような海岸に生えることから、この名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:ネムロコウホネ

ネムロコウホネ
[スイレン科]
水中から長い茎を伸ばし、大きな葉と黄色い可憐な花を水面に浮かべる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ミズバショウ

ミズバショウ
[サトイモ科]
早春の花で湿地に群生する。花序は棒状で白い苞に包まれる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:モウセンゴケ

モウセンゴケ
[モウセンゴケ科]
湿潤な環境に生える食虫植物。触手の先にねばり気のある液を出し、小さな昆虫を捕らえる。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索