本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

昭和新山・洞爺湖周辺でよく見られる花

写真:アキノキリンソウ

アキノキリンソウ
[キク科]
黄金色の花を総状に多数つける。秋風が吹く頃が花の咲く時期である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:エゾトリカブト

エゾトリカブト
[キンポウゲ科]
高さ70~120cmの多年草。山地の広葉樹林や沢沿いを好む。烏帽子形の花をつけ、根だけでなく、蜜など全体が有毒である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:エゾノコンギク

エゾノコンギク
[キク科]
山野の草むらや路傍に生える。青紫色(紺色)の菊形の花の色にもとづく名で、「蝦夷(北海道)野紺菊」の意味である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:エゾノリュウキンカ

エゾノリュウキンカ
[キンポウゲ科]
低地から高山の湿った草原、水際などに生える。株状に出る茎は太いがやわらかい。大きな葉は腎形で、縁に粗い鋸歯がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:エゾミソハギ

エゾミソハギ
[ミソハギ科]
日当たりの良い湿地や小川の縁などに群生する。1mを超える背丈に生長し、紅紫色のたくさんの花が穂状に咲く。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:オオウバユリ

オオウバユリ
[ユリ科]
高さ1.5mの多年草。ラッパ形の花を10~20個横向きにつける。湿った木陰に生え、ときに群生する。1つの花に種は約500枚。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:クルマユリ

クルマユリ
[ユリ科]
林縁や草地に生える。茎の中ほどにつく葉が車輪のように見える。花は橙赤色、花被片の内側に紫褐色の斑点があり、先は強く反り返る。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:サイハイラン

サイハイラン
[ラン科]
山地の林の中に生える草丈30~50cmほどの多年草。直立した茎の上部に紅紫色の下向きの花を総状に咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:サンカヨウ

サンカヨウ
[メギ科]
湿潤な林下や沢沿いに生える多年草。葉は大きな腎円形、その上に白い清楚な花を3~10個咲かせる。実は白粉を帯びた藍色。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ヒトリシズカ

ヒトリシズカ
[センリョウ科]
光沢のある葉の間に白い花が立つ姿から、静御前の舞い姿にたとえて、この名がある。多年草で林の中や草地に群落で見られる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:フクジュソウ

フクジュソウ
[キンポウゲ科]
真っ先に春を告げる花。雪解けが始まると一番に黄色い花を咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウ
[イチヤクソウ科]
高さ10~20cmの常緑の多年草。強心抗菌に一番よく効く薬草として「一薬草」の名がある。葉から出た汁などに効用があるという。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索