本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

霧島・高千穂河原周辺でよく見られる花

写真:アキノキリンソウ

アキノキリンソウ
[キク科]
黄金色の花を総状に多数つける。秋風が吹く頃が花の咲く時期である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:オカトラノオ

オカトラノオ
[サクラソウ科]
多年草。日当たりの良い草地に、一方にかたよって白色の花を多数つける。花穂がトラの尾のように見えることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:キリシマミツバツツジ

キリシマミツバツツジ
[ツツジ科]
落葉低木。霧島山や大隈山などに分布する。花柄や葉柄に毛が多い。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ギンリョウソウ

ギンリョウソウ
[イチヤクソウ科]
高さ8~20cmの腐生植物で暗い林中に生育。葉緑素をもたず、半透明な白色の花をつける。葉の退化したうろこ状の突起が多数つく。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:クサボケ

クサボケ
[バラ科]
落葉低木。花は朱赤色でよく目立つ。果実は黄熟すると酸味のきいた香りを出す。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:シロモジ

シロモジ
[クスノキ科]
落葉小高木。早春に小さな黄色の花を咲かせる。葉が黄色に変わる秋の頃も美しい。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ツチアケビ

ツチアケビ
[ラン科]
山野の落葉樹林内などに生える腐生植物。葉緑素を持たない。秋にウィンナーソーセージのような実をつける。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ナツツバキ

ナツツバキ
[ツバキ科]
落葉高木。樹皮は赤褐色で薄くはがれる。初夏、5枚の花弁の繊細な白い花を咲かせる。 
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ノリウツギ

ノリウツギ
[ユキノシタ科]
落葉低木で日当たりのよい斜面や湿地を好んで生える。内皮から和紙を作る際の糊を採ったので、この名前がある。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:マンサク

マンサク
[マンサク科]
早春、まず咲くから「マンサク」と名前がつけられた。線形の4つの黄色い花弁をつける。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ミヤマキリシマ

ミヤマキリシマ
[ツツジ科]
九州山地の特産植物。ふつう標高1000m以上のところに生える。開花時期には一帯を紫紅色に染め上げる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ヤマボウシ

ヤマボウシ
[ミズキ科]
落葉高木。花は小さな花が多数集まった球形。基部の総苞片が白また赤色を帯び、花びらのように見える。実は食用。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索