本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

十和田湖・八甲田周辺でよく見られる花

写真:エゾアジサイ

エゾアジサイ
[ユキノシタ科]
高さ1~1.5mの落葉低木。鮮やかな青色の飾り花をつける。土に含まれるアルミニウムの量によってその色が変化する。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:オオウバユリ

オオウバユリ
[ユリ科]
高さ1.5mの多年草。ラッパ形の花を10~20個横向きにつける。湿った木陰に生え、ときに群生する。1つの花に種は約500枚。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:オオカメノキ

オオカメノキ
[スイカズラ科]
落葉低木。葉の形がカメの甲羅に似ることからこの名がついた。密集する小さな花の周りを5つの装飾花が囲む。実は赤から黒く熟す。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:オオヤマザクラ

オオヤマザクラ
[バラ科]
別名ベニヤマザクラといわ紅色の花が美しい。また秋の紅葉も美しい。花は葉の展開と同時に咲く。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:オニシモツケ

オニシモツケ
[バラ科]
湿地や沢沿いに生育する。花は白の中に薄いピンクが混じり、淡い色合いが美しい。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:キクザキイチゲ

キクザキイチゲ
[キンポウゲ科]
丘陵地の明るい林の下で見られる。花は白または淡紫色であるが、花弁はなく10枚前後のがく片が花弁のように見える。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:トチノキ

トチノキ
[トチノキ科]
沢沿いなどに生える。赤褐色の樹皮は円形にはがれる。花は蜜源に、実は昔から栃餅など食品として利用。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ニリンソウ

ニリンソウ
[キンポウゲ科]
明るい林縁などに群落をつくる。名前のように2輪の白い花を咲かせるが、1花や3花のものも見られる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ノコンギク

ノコンギク
[キク科]
明るい林内や道端に多く見られる多年草。花の色は白っぽいものから紫色まで様々である。ヨメナに似るが、葉に毛が密生していて堅い。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:ホオノキ

ホオノキ
[モクレン科]
5~6月頃に大きな白い花をつけ、9~11月頃に大きな赤い実をつける。葉と花は日本の樹木の中で最も大きい。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:マルバマンサク

マルバマンサク
[マンサク科]
「まず咲く」または「豊年満作」の意味。黄色い線のような花弁をつける。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ムラサキヤシオ

ムラサキヤシオ
[ツツジ科]
落葉低木。若枝や花柄に腺毛が生え、葉は枝先に輪生状につく。花は鮮やかな紅紫色で開葉と同時に咲く。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索