本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

雲仙周辺でよく見られる花

写真:アケボノソウ

アケボノソウ
[リンドウ科]
日当たりのよい草原や湿地に見られる。白い花弁の先端部に濃い緑褐色の斑点があり、それを夜明けの空に見立てこの名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ウメバチソウ

ウメバチソウ
[ユキノシタ科]
日当たりの良い湿地に生える多年草。花茎は直立し、茎を抱く1枚の葉と1個の白い花が梅鉢の紋に似ることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:カキツバタ

カキツバタ
[アヤメ科]
多年草。川辺や湖沼など日当たりの良い水湿地に群生する。外花被片の中央基部に白い斑紋がある。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:シロドウダン

シロドウダン
[ツツジ科]
落葉低木のツツジの仲間。花はクリーム色で釣鐘状。紅色の花も少ないが見られる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツクシショウジョウバカマ

ツクシショウジョウバカマ
[ユリ科]
多年草。草丈15cmほどで茎の先端に数個集まって白色または薄赤紫色の花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツリフネソウ

ツリフネソウ
[ツリフネソウ科]
一年草。山地の湿ったところや川岸などに数多く見られる。花は帆かけ舟を吊り下げたように見える。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:ハナイカダ

ハナイカダ
[ミズキ科]
落葉低木。葉の中央に緑白色の小さな花をつける。実は夏になると黒く熟す。雌雄異株。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ヒトリシズカ

ヒトリシズカ
[センリョウ科]
光沢のある葉の間に白い花が立つ姿から、静御前の舞い姿にたとえて、この名がある。多年草で林の中や草地に群落で見られる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ミヤマキリシマ

ミヤマキリシマ
[ツツジ科]
九州山地の特産植物。ふつう標高1000m以上のところに生える。開花時期には一帯を紫紅色に染め上げる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ヤマボウシ

ヤマボウシ
[ミズキ科]
落葉高木。花は小さな花が多数集まった球形。基部の総苞片が白また赤色を帯び、花びらのように見える。実は食用。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:レンゲツツジ

レンゲツツジ
[ツツジ科]
高さ1mほどの低木。湿地に生える。春、葉が開く前にオレンジ色や黄色の花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ワチガイソウ

ワチガイソウ
[ナデシコ科]
山地の木陰に生える多年草。茎に1~2列の毛がある。白い5花弁の花を咲かす。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索