本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:シモツケ

シモツケ
[バラ科]
落葉低木で日当たりのよい歩道沿いで見られる。枝先に小さな花が多数集まって咲く。生け花の材料に使われる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:シキミ

シキミ
[モクレン科]
暖地の山地に自生する常緑小高木または常緑高木。猛毒植物。葉を切ると芳香がある。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:キクザキイチゲ

キクザキイチゲ
[キンポウゲ科]
丘陵地の明るい林の下で見られる。花は白または淡紫色であるが、花弁はなく10枚前後のがく片が花弁のように見える。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ゲンノショウコ

ゲンノショウコ
[フウロソウ科]
日当たりのよい歩道沿いなどに群生する。煎じて飲むと腹痛に効くといわれ「現の証拠」という名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:クリンソウ

クリンソウ
[サクラソウ科]
川沿いの林下に多く生え、観賞用にも栽培されている。赤い花が九段につくことから、この名がある。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ハマエンドウ

ハマエンドウ
[マメ科]
海岸の砂地に生える多年草。海岸に生えエンドウに似ていることからこの名が付いた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:オオタカネバラ

オオタカネバラ
[バラ科]
落葉低木。花はその年に伸びた枝先に1花つけ、華やかな紅紫色で美しい。花後、紡錘形の実は赤く熟す。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ネジバナ

ネジバナ
[ラン科]
別名モジズリ。日当たりの良い野原の芝地や河原、公園の芝生などに生える。花は茎の上部にらせん状に多数つける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:エゾエンゴサク

エゾエンゴサク
[ケシ科]
丘陵の明るい林下に生える。花は白色、淡青、紫と変化が多く、美しい。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ
[ユリ科]
夏の湿原を彩る花の代表格。開花の数量は、年によって異なる。花は朝開いて、夕方にしぼむ1日花。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:イヌタデ

イヌタデ
[タデ科]
路傍や荒地などに群生する。別名「アカノマンマ」は、小さな粒状の赤花をままごと遊びの赤飯にたとえたもの。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ウゴアザミ

ウゴアザミ
[キク科]
山頂付近で見られる多年草。葉は全縁から深裂するものまで変異が多く、縁に刺が多くつく。葉のつけ根が茎に沿って下に流れる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ミヤマシャジン

ミヤマシャジン
[キキョウ科]
亜高山帯~高山帯の岩礫地に生える多年草。がく片は全縁。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ハンカイソウ

ハンカイソウ
[キク科]
多年草。やや湿った草原に生育する。高さ1m以上になる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ソバナ

ソバナ
[キキョウ科]
明るい林内に生える多年草で、高さ1mほど。青紫色の釣鐘状の花をつける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:カツラ

カツラ
[カツラ科]
落葉高木。花は葉に先がけて開き、樹冠をほのかに紅く染める。夏から秋に甘い香りを漂わせ秋の黄葉が美しい。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:イワヒゲ

イワヒゲ
[ツツジ科]
高さ5cmの常緑低木。高山の岩礫地などに生育する。うろこのような小さな葉が茎を取り巻く。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:クガイソウ

クガイソウ
[ゴマノハグサ科]
先のとがった一本立ちの濃い青紫の花。葉は数枚の輪生で、段状につくことからこの名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索