本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:コマクサ

コマクサ
[ケマンソウ科]
高山帯の砂礫地に生える多年草。花の形が馬の顔に似ていることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:オトコヨウゾメ

オトコヨウゾメ
[スイカズラ科]
落葉低木。花は垂れ下がって白く淡紅色がかる。秋に赤い実がやはり垂れ下がってつく。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ミソガワソウ

ミソガワソウ
[シソ科]
多年草。茎は四角で直立し、上部の花穂に紫色の唇形の花をたくさんつける。特有の臭気がある。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:クルマバソウ

クルマバソウ
[アカネ科]
草丈約20cmの多年草で、比較的明るい林内に群生する。ろうと状の白く小さな花をつけ、茎は四角。葉は6~10枚輪生する。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ヤマシグレ

ヤマシグレ
[スイカズラ科]
落葉低木。初夏に紅色に帯びた小さな花を多数咲かせて、赤い実をつける。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:キタゴヨウ

キタゴヨウ
[マツ科]
常緑高木。葉は5葉性で長さ6~10cm、ヒメコマツよりやや長い。球果は卵形。雌雄同株。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ウンゼンツツジ

ウンゼンツツジ
[ツツジ科]
常緑小低木で、枝先に1個の小さな淡紅紫色の花をつける。雲仙の名が付くが、雲仙には自生しない。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:シロバナエンレイソウ

シロバナエンレイソウ
[ユリ科]
比較的明るい林の中などに生える。高さ20~30cmの茎の先に3枚の大きな葉が輪生し、茎頂に3弁の白い花を1個咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:メギ

メギ
[メギ科]
落葉低木。初夏に直径5~6mmの小さな淡黄色の花をつける。秋に小さな赤い実が見られる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:カリガネソウ

カリガネソウ
[クマツヅラ科]
紫色の細く反りかえった姿が印象的な花。もし、誤って触ってしまったらその香りもまた忘れがたいものになるに違いない。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:クロヅル

クロヅル
[ニシキギ科]
両性花と雄花があり、花は5数性。3個の翼をもつ翼果をつけるのが特徴。枝に不明瞭な稜がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ホオノキ

ホオノキ
[モクレン科]
5~6月頃に大きな白い花をつけ、9~11月頃に大きな赤い実をつける。葉と花は日本の樹木の中で最も大きい。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ウツボグサ

ウツボグサ
[シソ科]
道端や乾いたところに多く見られる。花は紫色で、茎の先につく。花穂が矢を入れるうつぼに似ていることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:サルメンエビネ

サルメンエビネ
[ラン科]
高さ30~50cmの多年草。林内のうす暗い場所に生育。名は赤茶色を帯びた花、その中央の隆起をサルの顔(猿面)に見立てた。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ツチアケビ

ツチアケビ
[ラン科]
山野の落葉樹林内などに生える腐生植物。葉緑素を持たない。秋にウィンナーソーセージのような実をつける。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ホンシャクナゲ

ホンシャクナゲ
[ツツジ科]
薄暗い針葉樹の斜面に群生する常緑低木で、高さ3m前後。ピンク色の綺麗な花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ハクサンフウロ

ハクサンフウロ
[フウロソウ科]
亜高山から高山の日当たりの良い草地に生える多年草。葉は掌状に5~7裂し、裏面に毛がある。がく片の開出毛は少ない。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハマヒルガオ

ハマヒルガオ
[ヒルガオ科]
海岸の砂地に生えるつる性の多年草。茎は砂の上を這い、なにかあれば巻きついて広がる。淡紅色のアサガオに似た花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索