本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ヤマシグレ

ヤマシグレ
[スイカズラ科]
落葉低木。初夏に紅色に帯びた小さな花を多数咲かせて、赤い実をつける。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:オオヤマザクラ

オオヤマザクラ
[バラ科]
別名ベニヤマザクラといわ紅色の花が美しい。また秋の紅葉も美しい。花は葉の展開と同時に咲く。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:オノエラン

オノエラン
[ラン科]
日当たりの良い草地に生える多年草。葉は長楕円形で根元に2枚つく。花は白色で2~5個が総状につく。日本固有種。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:アカモノ

アカモノ
[ツツジ科]
日当たりの良い草地、岩礫地に生育する常緑小低木。赤い実が美しい。別名イワハゼ。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハクサンシャクナゲ

ハクサンシャクナゲ
[ツツジ科]
高さ2~3mの常緑低木で革質の葉をつける。白色または淡紅色の花を枝先につける。アズマシャクナゲと違い、葉の裏面は無毛。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:シロドウダン

シロドウダン
[ツツジ科]
落葉低木のツツジの仲間。花はクリーム色で釣鐘状。紅色の花も少ないが見られる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ホツツジ

ホツツジ
[ツツジ科]
花が穂状につくことからこの名がついた。雄しべは6個で雌しべは花の外へまっすぐに長くつきでる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:マルバハギ

マルバハギ
[マメ科]
落葉低木。葉はらせん状につき、小葉は楕円形である。ススキの草原などで出合うと秋の深まりを感じさせる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:マルバシモツケ

マルバシモツケ
[バラ科]
枝先に白い小さな花を密集させる。小さな花びらのわりに非常に長い雄しべが目立つ。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:マルバマンサク

マルバマンサク
[マンサク科]
「まず咲く」または「豊年満作」の意味。黄色い線のような花弁をつける。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:オニシモツケ

オニシモツケ
[バラ科]
湿地や沢沿いに生育する。花は白の中に薄いピンクが混じり、淡い色合いが美しい。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハマエンドウ

ハマエンドウ
[マメ科]
海岸の砂地に生える多年草。海岸に生えエンドウに似ていることからこの名が付いた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ミヤマシャジン

ミヤマシャジン
[キキョウ科]
亜高山帯~高山帯の岩礫地に生える多年草。がく片は全縁。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:マユミ

マユミ
[ニシキギ科]
落葉低木。長く垂れ下がった数個の淡緑色の花をつける。淡紅色の果実は4つに裂け、中の赤い実が現れる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ホンシャクナゲ

ホンシャクナゲ
[ツツジ科]
薄暗い針葉樹の斜面に群生する常緑低木で、高さ3m前後。ピンク色の綺麗な花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ミゾソバ

ミゾソバ
[タデ科]
原野や路傍の溝などの水湿地に群生する。別名「ウシノヒタイ」といい、葉の形が牛の額に似ていることに由来する。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:シラネアオイ

シラネアオイ
[シラネアオイ科]
山地の明るい林下などに生える。淡赤紫色の美しい花で、花弁状に見えるのは大きな4枚のがく片である。日本固有種。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ヒメシャラ

ヒメシャラ
[ツツジ科]
落葉高木。花を見ると、ツバキの花だと納得する。秋が深まり、葉を落とした赤褐色の樹皮は、神秘的なものを感じる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索