本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ベニドウダン

ベニドウダン
[ツツジ科]
葉は枝先に輪状につき、葉が開いたあと鐘形の赤色またはピンクの花が房状に垂れ下がって咲く。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ヒメシャラ

ヒメシャラ
[ツツジ科]
落葉高木。花を見ると、ツバキの花だと納得する。秋が深まり、葉を落とした赤褐色の樹皮は、神秘的なものを感じる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:イワウメ

イワウメ
[イワウメ科]
高さ3cmの常緑低木。高山の岩礫地に生育する。花はウメの花に似て1.5cmほど。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:アカヤシオ

アカヤシオ
[ツツジ科]
日当たりの良い南斜面や尾根筋に多い。葉は枝先に5個輪生する。葉の縁や葉柄に長い毛が生える。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ミズバショウ

ミズバショウ
[サトイモ科]
早春の花で湿地に群生する。花序は棒状で白い苞に包まれる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ホンシャクナゲ

ホンシャクナゲ
[ツツジ科]
薄暗い針葉樹の斜面に群生する常緑低木で、高さ3m前後。ピンク色の綺麗な花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:シラネアオイ

シラネアオイ
[シラネアオイ科]
山地の明るい林下などに生える。淡赤紫色の美しい花で、花弁状に見えるのは大きな4枚のがく片である。日本固有種。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:エゾトリカブト

エゾトリカブト
[キンポウゲ科]
高さ70~120cmの多年草。山地の広葉樹林や沢沿いを好む。烏帽子形の花をつけ、根だけでなく、蜜など全体が有毒である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:キタコブシ

キタコブシ
[モクレン科]
色のない早春の森に、白く大きな花を咲かせる。母種のコブシより、葉や花がやや大きい。名は集合果が握りこぶしに似ていることにちなむ。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ヤシャブシ

ヤシャブシ
[カバノキ科]
落葉高木。日当たりのよい道沿いや斜面に見られる。早春、葉に先立って花を咲かせる。雄花は長い房が枝先より垂れ下がる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:センダイハギ

センダイハギ
[マメ科]
中部地方以北の海岸に自生する。名の由来は、歌舞伎の「伽羅先代萩」(めいぼくせんだいはぎ)にちなむ。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:コナラ

コナラ
[ブナ科]
落葉高木。葉の展開と同時に花を咲かせ、秋にはドングリの実をつける。薪炭材やシイタケの原木として利用される。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ゴマナ

ゴマナ
[キク科]
高さ1m以上にもなる。葉がゴマの葉に似ることからこの名がついた。茎・葉ともに毛があり、ざらつく。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ウサギギク

ウサギギク
[キク科]
山頂付近の乾いた草地などで見られる多年草。茎は直立、葉は対生し、形がウサギの耳に似る。全体にちぢれ毛が密生する。花は茎頂に1個つく。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:キバナアキギリ

キバナアキギリ
[シソ科]
多年草。この季節に黄色い花は少ないので、樹林内などで目立つ。葉の形がキリの木の葉に似ることから、この名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:オオウバユリ

オオウバユリ
[ユリ科]
高さ1.5mの多年草。ラッパ形の花を10~20個横向きにつける。湿った木陰に生え、ときに群生する。1つの花に種は約500枚。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:モミジガサ

モミジガサ
[キク科]
多年草。山地の林下に群落で生育する。白色の小さな花を円錐形に多数つける。葉は傘のようで、モミジ状に裂ける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:コマツナギ

コマツナギ
[マメ科]
落葉小低木。地面を這うように斜めに立ち生育する。秋が深まると円柱形の豆果を熟し、種を弾き飛ばす。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索