本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ネジキ

ネジキ
[ツツジ科]
落葉小高木。ねじれた幹が特徴で、この名がある。釣鐘状の白い花は小さく可憐。有毒植物。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ネジバナ

ネジバナ
[ラン科]
別名モジズリ。日当たりの良い野原の芝地や河原、公園の芝生などに生える。花は茎の上部にらせん状に多数つける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ニシキウツギ

ニシキウツギ
[スイカズラ科]
落葉低木。和名は白色から薄紅色の二色(ニシキ)に変わって咲くことからこの名がついた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ハルトラノオ

ハルトラノオ
[タデ科]
多年草。山地の林縁などに生育。花は淡紅色。長い花穂がトラの尾のようであることからこの名がついた。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ヒカゲツツジ

ヒカゲツツジ
[ツツジ科]
常緑低木。葉の展開後に淡い黄色の花をつける。葉はシャクナゲに似ている。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ノカイドウ

ノカイドウ
[バラ科]
世界中でえびの高原の一部のみ自生。国の天然記念物。開花の瞬間に変化する鮮やかな淡紅色が美しい。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:メタカラコウ

メタカラコウ
[キク科]
湿った林内に生える多年草で、高さ1mほど。黄色い小花を穂状につける。舌状花は1~3個。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:イワギキョウ

イワギキョウ
[キキョウ科]
高さ5~10cmの多年草。高山の岩礫地などに生育する。花冠は無毛だが萼に粗い毛が多い。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:レンゲツツジ

レンゲツツジ
[ツツジ科]
高さ1mほどの低木。湿地に生える。春、葉が開く前にオレンジ色や黄色の花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ウンゼンツツジ

ウンゼンツツジ
[ツツジ科]
常緑小低木で、枝先に1個の小さな淡紅紫色の花をつける。雲仙の名が付くが、雲仙には自生しない。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:コメバツガザクラ

コメバツガザクラ
[ツツジ科]
高さ5~15cmの常緑低木。高山の岩礫地などに生育。葉は米粒のように小さく、3枚セットで輪生する。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ツボスミレ

ツボスミレ
[スミレ科]
林内の湿ったところに咲くスミレ。白い小さな花には紫色の模様があり、ほかのスミレと見分けやすい。ツボは庭の意味。別名ニョイスミレ。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ワタスゲ

ワタスゲ
[カヤツリグサ科]
目立たない花が終わると、綿毛状の実をつける。群生することが多く、湿原を白く覆う。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ツルリンドウ

ツルリンドウ
[リンドウ科]
林内の木陰などに生える。細長い茎が地上を這ったり、ほかの植物にからみついて伸びる。楕円形の赤紫色の実がみのる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ネムロコウホネ

ネムロコウホネ
[スイレン科]
水中から長い茎を伸ばし、大きな葉と黄色い可憐な花を水面に浮かべる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:コマツナギ

コマツナギ
[マメ科]
落葉小低木。地面を這うように斜めに立ち生育する。秋が深まると円柱形の豆果を熟し、種を弾き飛ばす。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ミネヤナギ

ミネヤナギ
[ヤナギ科]
明るい岩礫地に生える落葉低木。樹形は環境で大きく変わり、高山では地を這い、低地では直立する。別名ミヤマヤナギ。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ムラサキシキブ

ムラサキシキブ
[クマツヅラ科]
落葉低木。秋に紫色をした小粒の実をたくさんつける。初夏の頃に咲く淡紫色の花も美しい。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索