本文へジャンプ
  • TOP
  • 花図鑑TOP

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:シロモジ

シロモジ
[クスノキ科]
落葉小高木。早春に小さな黄色の花を咲かせる。葉が黄色に変わる秋の頃も美しい。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:カニコウモリ

カニコウモリ
[キク科]
亜高山帯の針葉樹林内などに群生する多年草。葉がカニの甲羅のように見えることから、この名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ホザキシモツケ

ホザキシモツケ
[バラ科]
やや湿った草原や林縁などに生える高さ1~2mの小低木。花茎の先にたくさんの淡紅色の小花を円錐状に咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ミゾソバ

ミゾソバ
[タデ科]
原野や路傍の溝などの水湿地に群生する。別名「ウシノヒタイ」といい、葉の形が牛の額に似ていることに由来する。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ミツバアケビ

ミツバアケビ
[アケビ科]
落葉つる性植物。赤紫の小さな花で、果実は10cm足らずの長楕円形で縦に裂ける。食用になる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:イソツツジ

イソツツジ
[ツツジ科]
名前に「イソ」とつくが、海とは関係がない高山植物。「エゾ」がなまって「イソ」になったともいわれている。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:タマガワホトトギス

タマガワホトトギス
[ユリ科]
湿った林内に生える多年草で、高さ50cmくらいになる。黄色い花は、独特の形で褐色の模様がある。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:タチツボスミレ

タチツボスミレ
[スミレ科]
林の中や歩道の傍らなどに生える。株立ちの心円形の葉の根元から花柄を出し、淡紫色の横向きの花を1輪ずつ咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ヤマエンゴサク

ヤマエンゴサク
[ケシ科]
早春の明るい林内に咲く高さ10cm前後の多年草。花の色は青紫や赤紫など変化が多い。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ゲンノショウコ

ゲンノショウコ
[フウロソウ科]
日当たりのよい歩道沿いなどに群生する。煎じて飲むと腹痛に効くといわれ「現の証拠」という名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:キブシ

キブシ
[キブシ科]
落葉低木。淡黄色のかんざしのように枝に垂れて咲く姿が印象的。種子は五倍子(フシ)の代用とし、黒の染料にされる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:キクザキイチゲ

キクザキイチゲ
[キンポウゲ科]
丘陵地の明るい林の下で見られる。花は白または淡紫色であるが、花弁はなく10枚前後のがく片が花弁のように見える。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ハコネギク

ハコネギク
[キク科]
多年草。ブナ帯上部の風の強い日当たりのよい岩場や草原に生える。総苞片を触るとねばる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:キンコウカ

キンコウカ
[ユリ科]
湿原で見られる花。葉は剣状の線形。黄色い花を穂状に多数つけ、黄金色に輝いて見えるので、「金光花」と名づけられた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:オトコヨウゾメ

オトコヨウゾメ
[スイカズラ科]
落葉低木。花は垂れ下がって白く淡紅色がかる。秋に赤い実がやはり垂れ下がってつく。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ヒメシャクナゲ

ヒメシャクナゲ
[ツツジ科]
湿原に生える常緑小低木。丈が低く、幹に細長い革質の葉が互生する。紅色を帯びた白い壷上の花を数個吊り下げる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:アカモノ

アカモノ
[ツツジ科]
日当たりの良い草地、岩礫地に生育する常緑小低木。赤い実が美しい。別名イワハゼ。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ヒメシャラ

ヒメシャラ
[ツツジ科]
落葉高木。花を見ると、ツバキの花だと納得する。秋が深まり、葉を落とした赤褐色の樹皮は、神秘的なものを感じる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索