本文へジャンプ

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:アオノツガザクラ

アオノツガザクラ
[ツツジ科]
常緑小低木。針葉樹に見えるが、ツツジの仲間。花は壷形で下向きにつく。身は熟すと上向きになる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:アオモジ

アオモジ
[クスノキ科]
落葉小高木。南方系の植物で九州の西側に多く分布。雌雄異株でオスの花のほうが多い。咲く時節から「卒業花」とも呼ばれる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:アカイタヤ

アカイタヤ
[カエデ科]
「春もみじ」の代表樹。葉の芽吹き(赤褐色)に先立ち、薄黄緑色の花を多数つけ、ひときわ目立つ。秋の紅葉も美しい。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:アカミノイヌツゲ

アカミノイヌツゲ
[モチノキ科]
林縁や湿原周辺に生える常緑低木。葉は卵形で革質、表面に光沢がある。花は白色。名のとおり、赤い実が印象的。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:アカモノ

アカモノ
[ツツジ科]
日当たりの良い草地、岩礫地に生育する常緑小低木。赤い実が美しい。別名イワハゼ。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:アカヤシオ

アカヤシオ
[ツツジ科]
日当たりの良い南斜面や尾根筋に多い。葉は枝先に5個輪生する。葉の縁や葉柄に長い毛が生える。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:アキグミ

アキグミ
[グミ科]
落葉低木。春に淡黄色の花を咲かせ、秋に渋く酸味の強い赤い実をつける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:アキノキリンソウ

アキノキリンソウ
[キク科]
黄金色の花を総状に多数つける。秋風が吹く頃が花の咲く時期である。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:アキノタムラソウ

アキノタムラソウ
[シソ科]
多年草。茎は四角い。‘アキノ’と名につくが、花は夏から秋にかけて長い期間咲き続ける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:アケボノソウ

アケボノソウ
[リンドウ科]
日当たりのよい草原や湿地に見られる。白い花弁の先端部に濃い緑褐色の斑点があり、それを夜明けの空に見立てこの名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:アサヒラン

アサヒラン
[ラン科]
湿地に生える多年草。葉は長披針形で基部は茎を抱く。7月頃、茎の先に鮮やかな紅紫色の花を1個つける。別名サワラン。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:アズキナシ

アズキナシ
[バラ科]
多数の白花は遠くからでもよく目立つ。若い枝や実は皮目が立ち、別名ハカリノメという。実はアズキのように赤い。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:アズマシャクナゲ

アズマシャクナゲ
[ツツジ科]
オオシラビソの林縁や低木林に生育する常緑低木。花は濃い紅紫色で美しい。葉裏には淡褐色の毛が密生する。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:アセビ

アセビ
[ツツジ科]
常緑低木または常緑小高木。やや乾燥した山地に多く生える。花は壷形で、先は浅く5裂する。有毒植物。
花の咲く季節:春・冬

→詳細

写真:アブラチャン

アブラチャン
[クスノキ科]
落葉低木。春、葉に先立って小さな花をつける。夏になると小さな丸い果実がよく目立つ。樹皮や果実には多くの油を含む。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:アマドコロ

アマドコロ
[ユリ科]
明るい草地や林内で咲く、高さ50cmくらいの多年草。花は緑白色で筒状。若芽は食べると、甘くておいしい。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:アヤメ

アヤメ
[アヤメ科]
草原に生える多年草で、花は紫色でトラフ模様がある。葉の中脈はあるが、目立たない。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:イソツツジ

イソツツジ
[ツツジ科]
名前に「イソ」とつくが、海とは関係がない高山植物。「エゾ」がなまって「イソ」になったともいわれている。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索