本文へジャンプ

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:イソノキ

イソノキ
[クロウメモドキ科]
落葉小高木。初夏に黄緑色の小さな花が咲く。実は夏から秋にかけて緑、黒と変化し、秋には赤くなる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:イタヤカエデ

イタヤカエデ
[カエデ科]
葉がよく繁り、板屋根のように雨がもらないことからついた名。9~10月頃プロペラ状の実がなる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:イヌタデ

イヌタデ
[タデ科]
路傍や荒地などに群生する。別名「アカノマンマ」は、小さな粒状の赤花をままごと遊びの赤飯にたとえたもの。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:イブキトラノオ

イブキトラノオ
[タデ科]
一本立ちの花は、小さなブラシのような円筒状。滋賀県の伊吹山に多いことから‘イブキ’の名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:イワイチョウ

イワイチョウ
[リンドウ科]
湿原で見られる多年草。葉は厚く、光沢のある腎円形。花茎の先に白色で花冠が深く5裂したろうと形の花を数個つける。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:イワウメ

イワウメ
[イワウメ科]
高さ3cmの常緑低木。高山の岩礫地に生育する。花はウメの花に似て1.5cmほど。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:イワオトギリ

イワオトギリ
[オトギリソウ科]
山頂付近の岩や草地に生える多年草。花は鮮黄色。葉を透かして見ると、全体に黒点が散らばり、明点も少し交じる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:イワカガミ

イワカガミ
[イワウメ科]
登山道脇の草地などで見られる常緑多年草。葉は円形で光沢がある。花茎の先に淡紅色のラッパ形の花を数個つける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:イワガラミ

イワガラミ
[ユキノシタ科]
樹木や岩に気根でからみ付いて生長する、つる性の木本。多くの小さな花の周りに、がく片1枚だけの白い飾り花が目立つ。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:イワギキョウ

イワギキョウ
[キキョウ科]
高さ5~10cmの多年草。高山の岩礫地などに生育する。花冠は無毛だが萼に粗い毛が多い。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:イワショウブ

イワショウブ
[ユリ科]
湿原で見られる多年草。白色の小花が1節に2~3個ずつつく。花茎の上部と花が粘るので、小さな虫が貼りつくことがある。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:イワタバコ

イワタバコ
[イワタバコ科]
多年草。葉の表面は光沢があって、しわが寄っている。湿った渓流の岸や岩場に生える。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:イワナシ

イワナシ
[ツツジ科]
林縁や草地に生える常緑小低木。枝先に淡紅色の花をつけ、小さなナシのような実がなる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:イワヒゲ

イワヒゲ
[ツツジ科]
高さ5cmの常緑低木。高山の岩礫地などに生育する。うろこのような小さな葉が茎を取り巻く。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:イワブクロ

イワブクロ
[ゴマノハグサ科]
高さ10~20cmの多年草。高山帯の岩礫地にいち早く芽吹く。樽前山に多く自生することから、別名タルマイソウとも呼ばれる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ウゴアザミ

ウゴアザミ
[キク科]
山頂付近で見られる多年草。葉は全縁から深裂するものまで変異が多く、縁に刺が多くつく。葉のつけ根が茎に沿って下に流れる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ウサギギク

ウサギギク
[キク科]
山頂付近の乾いた草地などで見られる多年草。茎は直立、葉は対生し、形がウサギの耳に似る。全体にちぢれ毛が密生する。花は茎頂に1個つく。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ウツボグサ

ウツボグサ
[シソ科]
道端や乾いたところに多く見られる。花は紫色で、茎の先につく。花穂が矢を入れるうつぼに似ていることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索