本文へジャンプ

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:キヌガサソウ

キヌガサソウ
[ユリ科]
山頂部の湿潤な斜面に生える多年草。大きい葉が8~10枚輪生し、その中心に白花を1個咲かせる。実は黒紫色に熟す。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:キハダ

キハダ
[ミカン科]
樹皮はコルク質で厚い。内皮は黄色で苦みがあり、健胃剤の漢方薬として利用される。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:キバナアキギリ

キバナアキギリ
[シソ科]
多年草。この季節に黄色い花は少ないので、樹林内などで目立つ。葉の形がキリの木の葉に似ることから、この名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:キブシ

キブシ
[キブシ科]
落葉低木。淡黄色のかんざしのように枝に垂れて咲く姿が印象的。種子は五倍子(フシ)の代用とし、黒の染料にされる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:キリシマミズキ

キリシマミズキ
[マンサク科]
落葉低木。早春、葉の展開前に淡黄色の穂状花序を垂らす。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:キリシマミツバツツジ

キリシマミツバツツジ
[ツツジ科]
落葉低木。霧島山や大隈山などに分布する。花柄や葉柄に毛が多い。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:キンコウカ

キンコウカ
[ユリ科]
湿原で見られる花。葉は剣状の線形。黄色い花を穂状に多数つけ、黄金色に輝いて見えるので、「金光花」と名づけられた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:キンミズヒキ

キンミズヒキ
[バラ科]
ミズヒキとは別種の多年草。黄色の細長い花穂を、金色の水引に見立てた名前。実には、かぎ状の刺があり、人にくっつく。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ギンリョウソウ

ギンリョウソウ
[イチヤクソウ科]
高さ8~20cmの腐生植物で暗い林中に生育。葉緑素をもたず、半透明な白色の花をつける。葉の退化したうろこ状の突起が多数つく。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:クガイソウ

クガイソウ
[ゴマノハグサ科]
先のとがった一本立ちの濃い青紫の花。葉は数枚の輪生で、段状につくことからこの名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:クサギ

クサギ
[クマツヅラ科]
葉や枝は、傷をつけると特有の臭いがするが、花は芳香がある。秋に熟す。赤い星形のがくと紫青色の実は羽子板の羽根のよう。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:クサノオウ

クサノオウ
[ケシ科]
林縁の明るい草地や荒地などに生える。茎や葉を切ると黄色い液が出ることから「草の黄(クサノオウ)」と名づけられた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:クサフジ

クサフジ
[マメ科]
原野や林縁、道端などに生える。つる状に伸びる茎や羽状の葉、赤紫色の花の色がフジの姿形に似ていることから名づけられた。
花の咲く季節:春・夏・秋

→詳細

写真:クサボケ

クサボケ
[バラ科]
落葉低木。花は朱赤色でよく目立つ。果実は黄熟すると酸味のきいた香りを出す。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:クサレダマ

クサレダマ
[サクラソウ科]
原野や湿地に見られる多年草。夏に黄色い花をつける。レダマという黄色い花の咲く木に似ていることから「草レダマ」の名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:クリンソウ

クリンソウ
[サクラソウ科]
川沿いの林下に多く生え、観賞用にも栽培されている。赤い花が九段につくことから、この名がある。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:クルマバソウ

クルマバソウ
[アカネ科]
草丈約20cmの多年草で、比較的明るい林内に群生する。ろうと状の白く小さな花をつけ、茎は四角。葉は6~10枚輪生する。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:クルマユリ

クルマユリ
[ユリ科]
林縁や草地に生える。茎の中ほどにつく葉が車輪のように見える。花は橙赤色、花被片の内側に紫褐色の斑点があり、先は強く反り返る。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索