本文へジャンプ

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:クロウスゴ

クロウスゴ
[ツツジ科]
林縁などに生育する落葉低木。花は葉のわきにつき赤褐色を帯び、壷形。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:クロヅル

クロヅル
[ニシキギ科]
両性花と雄花があり、花は5数性。3個の翼をもつ翼果をつけるのが特徴。枝に不明瞭な稜がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:クロマメノキ

クロマメノキ
[ツツジ科]
亜高山帯から高山帯の林縁などに生える、日本固有の落葉低木。実は粉白色を帯びた藍黒色に熟する。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:クロモジ

クロモジ
[クスノキ科]
落葉低木。この名は、樹皮に地衣類が付着し、文字を書いたように見えることによる。樹皮には芳香があり、つまようじに利用される。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ゲンノショウコ

ゲンノショウコ
[フウロソウ科]
日当たりのよい歩道沿いなどに群生する。煎じて飲むと腹痛に効くといわれ「現の証拠」という名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:コアジサイ

コアジサイ
[ユキノシタ科]
落葉低木。派手な装飾花のないアジサイで、樹林内でひっそり生える姿は奥ゆかしい。芳香を放つ。葉の大きな三角状の鋸歯が特徴的。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:コウゾリナ

コウゾリナ
[キク科]
明るい荒地などに多く、花は黄色。この地方では春芽を山菜として食用にされている。茎や葉に剛毛があり、非常にざらつく。
花の咲く季節:春・夏・秋

→詳細

写真:コウボウムギ

コウボウムギ
[カヤツリグサ科]
海岸の砂地に生える多年草。古い葉鞘の繊維を筆に使ったといわれ、書道の達人である弘法大師にちなんだもの。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:コオニユリ

コオニユリ
[ユリ科]
多年草。オニユリより小型で、花は下向きに咲く。オニユリは葉のつけ根にむかごをつけるが、コオニユリはつけない。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:コガクウツギ

コガクウツギ
[ユキノシタ科]
落葉低木。アジサイの仲間らしく、装飾花をもつ白い花を咲かせる。明るい丘陵や低山の斜面に生える。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:コケモモ

コケモモ
[ツツジ科]
光沢のある葉が特徴である。赤い実は熟すと酸味もあり、ジャムにすると非常においしい。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:コツクバネウツギ

コツクバネウツギ
[スイカズラ科]
落葉低木。薄黄色でラッパ形の花をつける。新枝は赤味を帯びている。ツクバネウツギの萼片は5個あるのに対し、コツクバネウツギは2~3個。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:コナラ

コナラ
[ブナ科]
落葉高木。葉の展開と同時に花を咲かせ、秋にはドングリの実をつける。薪炭材やシイタケの原木として利用される。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:コバイケイソウ

コバイケイソウ
[ユリ科]
湿地に生える大型の多年草。葉は大きく広楕円形で、重なりあうようにつく。花は白色で、円錐状に多数咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:コバギボウシ

コバギボウシ
[ユリ科]
楕円形の根生葉の部分から花茎が直立し、淡紫色で、紫の筋のある筒状鐘形の花を横向きに咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:コバノガマズミ

コバノガマズミ
[スイカズラ科]
落葉低木。日当たりの良いところに多く見られる。やや垂れ下がった果実は紅熟する。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:コブシ

コブシ
[モクレン科]
山野の落葉樹林に生育する落葉高木。花は葉が開く前に開花する。花の下に若い葉が1枚つくのが特徴。集合果が握りこぶしに似ていることが名の由来。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:コマクサ

コマクサ
[ケマンソウ科]
高山帯の砂礫地に生える多年草。花の形が馬の顔に似ていることからこの名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索