本文へジャンプ

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:コマツナギ

コマツナギ
[マメ科]
落葉小低木。地面を這うように斜めに立ち生育する。秋が深まると円柱形の豆果を熟し、種を弾き飛ばす。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:コミヤマカタバミ

コミヤマカタバミ
[カタバミ科]
針葉樹林内で見られる多年草。葉はハート形で睡眠運動をする。花は白色で紅紫色の筋が入るが、筋がごく淡いものもある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:コメツツジ

コメツツジ
[ツツジ科]
明るい岩礫地に生える落葉低木。葉は広楕円形で枝先に集まってつく。花序は散房状で白い花を2~4個つける。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:コメバツガザクラ

コメバツガザクラ
[ツツジ科]
高さ5~15cmの常緑低木。高山の岩礫地などに生育。葉は米粒のように小さく、3枚セットで輪生する。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:コヨウラクツツジ

コヨウラクツツジ
[ツツジ科]
登山道沿いの明るい林内でよく見られる落葉低木。葉は枝先にまとまってつく。花は赤褐色の壷形で開葉と同時に枝先に数個つける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ
[ミズキ科]
針葉樹林の林床などに群落をつくってはえる常緑の多年草。茎頂の4枚の苞葉が1個の花のようにみえる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ゴマナ

ゴマナ
[キク科]
高さ1m以上にもなる。葉がゴマの葉に似ることからこの名がついた。茎・葉ともに毛があり、ざらつく。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ゴンズイ

ゴンズイ
[ミツバウツギ科]
落葉小高木。夏に淡黄色の多数の花を咲かせる。秋には派手な赤い袋果をつけ、裂けると黒い種子が現れる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索