本文へジャンプ

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:タイアザミ

タイアザミ
[キク科]
別名トネアザミ。関東地方の山野の至るところでふつうに見られる。関東地方の海岸に生えるイガアザミなどの変種も多い。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:タチギボウシ

タチギボウシ
[ユリ科]
日当たりの良い湿地に生える多年草。葉は表面の葉脈がへこみ、基部が細くなって茎に沿う。ラッパ状の花が多数つき、下から咲き進む。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:タチツボスミレ

タチツボスミレ
[スミレ科]
林の中や歩道の傍らなどに生える。株立ちの心円形の葉の根元から花柄を出し、淡紫色の横向きの花を1輪ずつ咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:タチフウロ

タチフウロ
[フウロソウ科]
多年草。広く分布するが、数は少ない。茎はほかの植物に寄りかかって立ち上がる。大型の花をつける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:タテヤマリンドウ

タテヤマリンドウ
[リンドウ科]
根生葉は卵形。茎はふつう分枝しない。青紫色の花が茎頂に1個つき、晴天に開き、曇ってくると閉じる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:タニウツギ

タニウツギ
[スイカズラ科]
高さ2~3mの落葉低木で日本固有種。ラッパ状の花が密集する。未熟な実は小さなバナナのよう。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:タマガワホトトギス

タマガワホトトギス
[ユリ科]
湿った林内に生える多年草で、高さ50cmくらいになる。黄色い花は、独特の形で褐色の模様がある。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:タラノキ

タラノキ
[ウコギ科]
木の花が少なくなった頃、このタラノキの花が見頃となる。日の当るところを好み、道路脇にもよく見られる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:タンナサワフタギ

タンナサワフタギ
[ハイノキ科]
落葉低木。枝の先に白色の花を多数つける。樹皮はうろこ状にはがれ、幹が白いのでよく見分けられる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ダイコンソウ

ダイコンソウ
[バラ科]
山野の緑陰地などに生える。根元から出る葉の形が野菜の大根の葉に似ていることから名づけられた。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ダイモンジソウ

ダイモンジソウ
[ユキノシタ科]
多年草。湿気のある岩上を好んで生育する。花弁、特に下の2枚が大きく、白色の花が大の字形に咲くところから名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ダケカンバ

ダケカンバ
[カバノキ科]
標高の高いところに生えることからこの名がついた。日当たりのよいところに生育する。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:チゴユリ

チゴユリ
[ユリ科]
高さ20~35cmの多年草。下向きの花をつける。小型でかわいらしいという意味から「稚児百合」と書く。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:チシマフウロ

チシマフウロ
[フウロソウ科]
花は淡い色で花びらは5枚。茎や葉柄に荒い毛がある。登山道沿いで見られる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:チングルマ

チングルマ
[バラ科]
花が終わると長い毛をつけた実ができる。この実が風車のように見えることから「稚児車」の名がある。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ツクシショウジョウバカマ

ツクシショウジョウバカマ
[ユリ科]
多年草。草丈15cmほどで茎の先端に数個集まって白色または薄赤紫色の花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツクシヒトツバテンナンショウ

ツクシヒトツバテンナンショウ
[サトイモ科]
多年草。初夏に緑色の筋が入った仏炎苞の花が咲く。秋に真っ赤な実がつく。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツクバネソウ

ツクバネソウ
[ユリ科]
山地の林の中に生える。1本の茎の上端に4枚の葉を輪生させる。葉の形が正月の羽根つきの羽根に似ていることから名づけられた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索