本文へジャンプ

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ツタウルシ

ツタウルシ
[ウルシ科]
気根で他木に這い登る落葉つる性植物。3枚の葉が特徴的。日本に自生するウルシ属の中でもっともかぶれる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツチアケビ

ツチアケビ
[ラン科]
山野の落葉樹林内などに生える腐生植物。葉緑素を持たない。秋にウィンナーソーセージのような実をつける。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ツバメオモト

ツバメオモト
[ユリ科]
薄暗い林内に生える多年草。楕円形の大葉が根元に数枚つく。数個の小花をつけ、花後に茎がさらに伸び、藍色の実をつける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ツブラジイ

ツブラジイ
[ブナ科]
暖地に自生する常緑高木で、香りの強い淡黄色の花をつける。実は翌年の秋に熟し、澱粉質を多く含んだ丸い堅果は食用になる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツボスミレ

ツボスミレ
[スミレ科]
林内の湿ったところに咲くスミレ。白い小さな花には紫色の模様があり、ほかのスミレと見分けやすい。ツボは庭の意味。別名ニョイスミレ。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ツマトリソウ

ツマトリソウ
[サクラソウ科]
山道の林下に見られる多年草。葉は茎の上部に互生し、輪生状に見える。花びらに赤い縁取りが入ることから「褄取草」という。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ツユクサ

ツユクサ
[ツユクサ科]
路傍や荒地にかたまって生える。朝露を帯びたような水色の花が美しいことから「露草」と名づけられた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ツリガネニンジン

ツリガネニンジン
[キキョウ科]
日当たりのよいやや湿った草原などに生える。長く伸びた花茎に、淡紫色の釣鐘状の花を数段に輪生して咲かせる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ツリバナ

ツリバナ
[ニシキギ科]
長い花糸を垂らし、淡い緑色の花をつける小高木。秋、丸い実は五裂し、赤い仮種皮に包まれた種子が目立つ。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ツリフネソウ

ツリフネソウ
[ツリフネソウ科]
一年草。山地の湿ったところや川岸などに数多く見られる。花は帆かけ舟を吊り下げたように見える。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ツルアジサイ

ツルアジサイ
[ユキノシタ科]
つる性の木で、ほかの木の幹に巻きつくように育つ。白い飾り花があり、アジサイの花に似る。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ツルウメモドキ

ツルウメモドキ
[ニシキギ科]
つる性の落葉する木本。雌雄異株。秋に熟す実は、赤と黄色のコントラストが美しく、生花の材料などに使われる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ツルキジムシロ

ツルキジムシロ
[バラ科]
日当たりのよい草原に生える。和名はキジが座る「むしろ」に見立てたもの。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ツルシキミ

ツルシキミ
[ミカン科]
ミヤマシキミに似るが、茎の下部が地を這い、頭部が直立する。晩秋にかけて熟す実は見事。有毒植物。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ツルリンドウ

ツルリンドウ
[リンドウ科]
林内の木陰などに生える。細長い茎が地上を這ったり、ほかの植物にからみついて伸びる。楕円形の赤紫色の実がみのる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:トウゲブキ

トウゲブキ
[キク科]
日当たりの良い草地で見られる多年草。葉は腎形で先が丸く、フキの葉を思わせる。長い花茎の先に黄色い花が数個つく。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:トキソウ

トキソウ
[ラン科]
湿原に散生する多年草。高さ10~20cmになり、茎の先端にトキの羽に似た薄紅色の花をつける。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:トチノキ

トチノキ
[トチノキ科]
沢沿いなどに生える。赤褐色の樹皮は円形にはがれる。花は蜜源に、実は昔から栃餅など食品として利用。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索