本文へジャンプ

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ハイノキ

ハイノキ
[ハイノキ科]
常緑高木。若葉を焼いて灰をつくったことからこの名がある。白い小さな花を多数つける。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ハイマツ

ハイマツ
[マツ科]
高山の短い夏と厳しい環境のため、種子が成熟するまでに2年も費やす。雪の重みにも耐えられるように幹はしなやかで弾力がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハクウンボク

ハクウンボク
[エゴノキ科]
落葉小高木。白い花が樹上一面に咲く様子を白雲に見立てたことから命名。葉は大きく円形。実は丸く穂をなして垂れ下がる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ハクサンシャクナゲ

ハクサンシャクナゲ
[ツツジ科]
高さ2~3mの常緑低木で革質の葉をつける。白色または淡紅色の花を枝先につける。アズマシャクナゲと違い、葉の裏面は無毛。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハクサンシャジン

ハクサンシャジン
[キキョウ科]
別名タカネツリガネニンジン。葉は節ごとに数枚輪生する。紫色で鐘形の花は、茎の上部に輪状につく。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハクサンチドリ

ハクサンチドリ
[ラン科]
多年草。茎に細くとがった葉が数枚互生する。紫紅色の花が穂状に密集してつく。唇弁や側弁が鋭くとがる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ハクサンフウロ

ハクサンフウロ
[フウロソウ科]
亜高山から高山の日当たりの良い草地に生える多年草。葉は掌状に5~7裂し、裏面に毛がある。がく片の開出毛は少ない。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハコネギク

ハコネギク
[キク科]
多年草。ブナ帯上部の風の強い日当たりのよい岩場や草原に生える。総苞片を触るとねばる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ハコネコメツツジ

ハコネコメツツジ
[ツツジ科]
落葉低木で、富士火山帯の特産種。火山裸地に適応し分化したツツジで、箱根が分布の中心。箱根町の天然記念物に指定されている。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ハシドイ

ハシドイ
[モクセイ科]
白色の花が円錐状に多数つく。葉は対生で広卵形。裏面脈状に短毛がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハナイカダ

ハナイカダ
[ミズキ科]
落葉低木。葉の中央に緑白色の小さな花をつける。実は夏になると黒く熟す。雌雄異株。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ハナシノブ

ハナシノブ
[ハナシノブ科]
山地の草原に生える多年草。葉をシダ植物のシノブに例え、この名がついた。青紫色のかわいらしい花を咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ハナヒリノキ

ハナヒリノキ
[ツツジ科]
高さ40~150cmの落葉樹。小さな壷形の花が下向きに並んで咲き、実は上向きに結実。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハマエンドウ

ハマエンドウ
[マメ科]
海岸の砂地に生える多年草。海岸に生えエンドウに似ていることからこの名が付いた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ハマカンゾウ

ハマカンゾウ
[ユリ科]
暖地の海岸沿いの岩場や草地に生える多年草。葉は厚く、冬でも枯れずに残る。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:ハマナデシコ

ハマナデシコ
[ナデシコ科]
海岸に生える紅色の花。花弁のふちが鋸歯状に浅く切れ込む。葉は厚くて光沢がある。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハマニガナ

ハマニガナ
[キク科]
海岸の砂地に生える多年草。葉は厚く、長い柄があり、砂をかぶってもすぐに茎を伸ばし砂の上にだす。
花の咲く季節:春・夏・秋

→詳細

写真:ハマヒルガオ

ハマヒルガオ
[ヒルガオ科]
海岸の砂地に生えるつる性の多年草。茎は砂の上を這い、なにかあれば巻きついて広がる。淡紅色のアサガオに似た花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索