本文へジャンプ

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ハマボウフウ

ハマボウフウ
[セリ科]
根が中国のかぜ薬と効用が似ていることから「防風」の名がついた。白い小さな花が集まって咲く。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ハリギリ

ハリギリ
[ウコギ科]
別名センノキ。落葉高木。和名は「針桐」の意で葉を桐に、枝の刺を針に見立てたもの。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ハリブキ

ハリブキ
[ウコギ科]
刺だらけの植物の代表格。夏に枝先白花を多数つける。秋に実が赤熟し、葉の間から抜け出る。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ハルトラノオ

ハルトラノオ
[タデ科]
多年草。山地の林縁などに生育。花は淡紅色。長い花穂がトラの尾のようであることからこの名がついた。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ハルリンドウ

ハルリンドウ
[リンドウ科]
2年草。日当たりの良い、やや湿り気のあるところに生育する草原性の植物。青紫色の可憐な花を咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ハンカイソウ

ハンカイソウ
[キク科]
多年草。やや湿った草原に生育する。高さ1m以上になる。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ハンゴンソウ

ハンゴンソウ
[キク科]
湿地や明るい林内に生える大型の多年草で、高さ1m以上、ときに2mにもなる。葉は3~7深裂し、特徴的。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:バイカモ

バイカモ
[キンポウゲ科]
水中に生育する多年草。冷水の浅くきれいな流れに生育し、ウメの花に似た花を咲かせることから「梅花藻(バイカモ)」の名がついた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:バイケイソウ

バイケイソウ
[ユリ科]
高さ60~150cmの多年草。春に緑白色の花を多数つける。根は殺虫剤に使用するほど強い毒性。早春に落ち葉の下から力強く芽を出す。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ヒカゲツツジ

ヒカゲツツジ
[ツツジ科]
常緑低木。葉の展開後に淡い黄色の花をつける。葉はシャクナゲに似ている。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ヒトリシズカ

ヒトリシズカ
[センリョウ科]
光沢のある葉の間に白い花が立つ姿から、静御前の舞い姿にたとえて、この名がある。多年草で林の中や草地に群落で見られる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:ヒメイチゲ

ヒメイチゲ
[キンポウゲ科]
雪が解け、森の土がゆるむと去年の落ち葉の間から細い茎の先端に白い花を一輪つける。亜高山から高山に生える多年草。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ヒメシャクナゲ

ヒメシャクナゲ
[ツツジ科]
湿原に生える常緑小低木。丈が低く、幹に細長い革質の葉が互生する。紅色を帯びた白い壷上の花を数個吊り下げる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ヒメシャラ

ヒメシャラ
[ツツジ科]
落葉高木。花を見ると、ツバキの花だと納得する。秋が深まり、葉を落とした赤褐色の樹皮は、神秘的なものを感じる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ヒヨドリバナ

ヒヨドリバナ
[キク科]
日当たりのよい草地や路傍などに生える。ヒヨドリが鳴く頃に花が咲き出すことから名づけられた。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


写真:フクジュソウ

フクジュソウ
[キンポウゲ科]
真っ先に春を告げる花。雪解けが始まると一番に黄色い花を咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:フサザクラ

フサザクラ
[フサザクラ科]
落葉高木。大きい冬芽が特徴。早春、葉の出る前に一芽に多数の花をつける。名はフサザクラだが、サクラの仲間ではない。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:フシグロセンノウ

フシグロセンノウ
[ナデシコ科]
円筒状のがく片に包まれ、花びらの朱赤色が草原に映える。茎の節は太く、紫黒色を帯びる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索