本文へジャンプ

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:フッキソウ

フッキソウ
[ツゲ科]
高さ20cmくらいの常緑低木だが、草のように見える。群生することあり、一面を覆う。果実は白い球形。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ベニサラサドウダン

ベニサラサドウダン
[ツツジ科]
林内に生える落葉低木。葉は楕円形から倒卵形で、枝先に輪生状に集まってつく。花は鐘形で総状に多数つく。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ベニドウダン

ベニドウダン
[ツツジ科]
葉は枝先に輪状につき、葉が開いたあと鐘形の赤色またはピンクの花が房状に垂れ下がって咲く。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ベニバナイチゴ

ベニバナイチゴ
[バラ科]
林縁で見られる落葉低木。幹に刺はない。濃紅色の花を下向きにつける。花弁は完全には開かない。実は赤く熟す。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ベニバナイチヤクソウ

ベニバナイチヤクソウ
[イチヤクソウ科]
高さ10~20cmの常緑の多年草。強心抗菌に一番よく効く薬草として「一薬草」の名がある。葉から出た汁などに効用があるという。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ホウチャクソウ

ホウチャクソウ
[ユリ科]
林の中に生える。50cmほどの斜上する茎にササの葉状の葉をつけ、茎の上部に1~3個の淡緑色を帯びた白花を下向きに咲かせる。
花の咲く季節:春

→詳細


写真:ホオノキ

ホオノキ
[モクレン科]
5~6月頃に大きな白い花をつけ、9~11月頃に大きな赤い実をつける。葉と花は日本の樹木の中で最も大きい。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ホザキシモツケ

ホザキシモツケ
[バラ科]
やや湿った草原や林縁などに生える高さ1~2mの小低木。花茎の先にたくさんの淡紅色の小花を円錐状に咲かせる。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:ホタルブクロ

ホタルブクロ
[キキョウ科]
多年草。昔、子どもが花の中にホタルを入れて遊んだことから、この名がついた。
花の咲く季節:夏

→詳細


写真:ホツツジ

ホツツジ
[ツツジ科]
花が穂状につくことからこの名がついた。雄しべは6個で雌しべは花の外へまっすぐに長くつきでる。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ホンシャクナゲ

ホンシャクナゲ
[ツツジ科]
薄暗い針葉樹の斜面に群生する常緑低木で、高さ3m前後。ピンク色の綺麗な花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索