本文へジャンプ

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ヤマボウシ

ヤマボウシ
[ミズキ科]
落葉高木。花は小さな花が多数集まった球形。基部の総苞片が白また赤色を帯び、花びらのように見える。実は食用。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:ヤマラッキョウ

ヤマラッキョウ
[ユリ科]
野山に生える多年草。秋深まる頃、茎を高く伸ばし、多数の花を球状に咲かせる。同じ仲間のノビルやラッキョウより匂いはうすい。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細

写真:ユキザサ

ユキザサ
[ユリ科]
林の中などに生える。総状に咲く雪の結晶を思わせる白い花と、ササのような葉の形から「雪笹」と名づけられた。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


写真:ヨツバヒヨドリ

ヨツバヒヨドリ
[キク科]
ヒヨドリバナの変種で茎から3~4枚の葉が輪生するのが特徴。薄紫色の目立たない色の花をつける。
花の咲く季節:夏・秋

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索