本文へジャンプ

身近な花図鑑

自然公園等で見られる身近な花を集めてみました。
写真をクリックすると解説が表示されます。

このページを印刷する

写真:ラショウモンカズラ

ラショウモンカズラ
[シソ科]
高さ約30cmの多年草。名前は京都の羅生門で渡辺綱が切り落とした鬼の腕に見立てたという。
花の咲く季節:春

→詳細

写真:リュウキンカ

リュウキンカ
[キンポウゲ科]
湿地に生える多年草。根生葉はまるい心臓形、茎葉は小さい。黄色い花びらのように見えるのはがく片で花弁ではない。
花の咲く季節:春・夏

→詳細

写真:リュウノウギク

リュウノウギク
[キク科]
多年草。花は初めは白色だが、紅色に変化する。秋の野菊6種に数えられているが、このキクだけがキク属で、ほかの種はシオン属である。
花の咲く季節:秋

→詳細


写真:リョウブ

リョウブ
[リョウブ科]
落葉高木。樹皮がなめらかで、黄褐色と灰褐色のまだら模様よく目立つ。最近は公園などに植えられることが多い。
花の咲く季節:夏

→詳細

写真:リンドウ

リンドウ
[リンドウ科]
秋の代表的な花。茎は意外と細く、しばしば花の重みに耐えかねて横になっている姿を見かける。
花の咲く季節:秋

→詳細

写真:レンゲツツジ

レンゲツツジ
[ツツジ科]
高さ1mほどの低木。湿地に生える。春、葉が開く前にオレンジ色や黄色の花を咲かせる。
花の咲く季節:春・夏

→詳細


※写真の無断転載を禁じます。

Copyright (財)自然公園財団 All rights reserved.

身近な花図鑑

索引

図鑑検索